中央競馬 予想

小倉記念・レパードS 2019

更新日:

小倉記念 回顧
小倉11R 2000(芝)

◎メールドグラース:レースぶりが安定して5連勝に王手
○ノーブルマーズ:宝塚6着。相手弱化で斤量減
▲クリノヤマトノオー:パドックで入れ込まなければ
△タニノフランケル:小回りコースで逃げればしぶとい
×アイスバブル:軽い芝が得意なディープ産駒。追悼レース
×レトロロック:休み明けを苦にしないタイプ。進境いちじるしい松山騎手
×アドマイヤアルバ:京都金杯で4着。ハンデも手頃

 メールドグラースは重賞2勝を含む4連勝。鳴尾記念を勝った後には宝塚に挑戦しても好勝負できたはずだったが、有力馬とのからみで小倉記念に回ってきた。57.5kのハンデも秋にはG1に挑戦するためにもここは負けられないところ。
 ノーブルマーズは宝塚記念で6着。5着はレイデオロで7着はスティッフェリオを考えれば好勝負必至。宝塚の58kから2k減って56kなのも有利。
 クリノヤマトノオーは前走の七夕賞ではパドックでイレ込みが目立っていた。落ち着きがあればあんなことはないはず。逆に前走の大敗で人気が落ちるようなら買い目がある。
 タニノフランケルは2月の小倉大賞典で2着に逃げ粘った。距離が1ハロン伸びて斤量も1k増えるだけに楽ではないが、単騎逃げに持ち込めれば馬券内に残る可能性も。枠もいいところに入った。
 アイスバブルは、今週に安楽死処分となったディープインパクト産駒。死んだ種牡馬の産駒は走るというジンクスもあるので一応警戒。前走はHペースを見こしたジョッキーの好判断の印象が強いが、いまの小倉は軽い芝で軽量馬が活躍しているので同馬も連続で好走する余地がある。
 アドマイヤアルバは京都金杯で4着に入ったようにG3でもやれる能力はある。去年のダービーで最速の上がりを記録したので前が早くなるようなら大穴で面白い。
 馬券はメールドグラースの頭固定で流す馬券が良さそうです。

レパードステークス 回顧
新潟11R 1800(ダート)

◎ハヤヤッコ:2走前にGマイスターを3馬身突き放したレースが圧巻
○ヴァイトブリック:ユニコーンSは前残り馬場。戸崎騎手がこちらを選んだ
▲デルマルーヴル:JDD2着。距離短縮はプラスも乗り代わりが
△トイガー:東スポの虎石さんがトイガー・トイガーと騒ぐので
×ハヤブサナンデクン:前走の上位2頭はかなり強い馬。OPでもやれるはず
×サトノギャロス:ダート4戦3勝。連対率100%。距離延長の対応が鍵
×ビルジキール:前走の勝ち馬はOPでも通用する馬。内田騎手でふたたび前進可能

 ハヤヤッコは芝もダートも走れるキングカメハメハ産駒。2走前では古馬2勝クラスを圧勝したゴルトマイスターに楽勝した。ハヤブサナンデクンにも先着しており、あまり人気をしていない(現在、単勝24倍)今回は絶好の買い目となる。
 ヴァイトブリックはパワーのあるシンボリクリスエス産駒。前走のユニコーンSでは芝の重賞(ニュージーランドT・G2)勝ち馬で逃げたワイドファラオがそのまま残ったように前残りの馬場がマイナスに働いた。今回はそんなことにはならないはずなのでスタートを決めて前目につけることができれば持ち前のパワーで押し切れる可能性が高い。ダートに強い戸崎ジョッキーがこちらを選んだのも不気味。戸崎ジョッキークラスになると馬の選択でミスることは少ない。
 デルマルーヴルは地方交流重賞G1のJDDで2着。勝ち馬のクリソベリルは別格なので、この馬もかなり走っていた。パイロ産駒で距離短縮も確実にプラスになる。ただ、前述したように戸崎ジョッキーがヴァイトブリックを選んだので評価を下げた。
 トイガーは昨日までまったくのノーマーク。ウイニング競馬で東スポの虎石さんがトイガー・トイガーと連呼するので4番手に。たしかにJDDのレースを見るとスタートでつまづいていた。そう考えるとデルマルーヴルとの力差はそれほどないのかもしれない。
 サトノギャロスはダート連対率100%、ビルジキールは前走のショームが強すぎただけで古馬3勝クラスを突破する能力がある。休養開け後は3戦して1・1・2と安定しているのも良い。


 馬券はいちおうハヤヤッコの単勝を買いました。
 土曜日の予想で外しまくっておいたので日曜は当たってほしい。。。

-中央競馬, 予想

Copyright© ケイバー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.