レース回顧

スワンS アルテミスS 反省会

投稿日:

スワンS アルテミスS 反省会

スワンステークス

ダイアトニック・・・スタートを決めてゆったりと後方につける。直線では外に出されると一頭だけ違う勢いで急伸。ゴール前できっちりと差し切った。これで京都1400は5戦5勝。マイルは微妙か。

モズアスコット・・・春とは違い行きっぷりが良かった。中段で折り合いをつけるとマイスタイルを目標に伸びてきた。最後は勝ち馬に交わされたが復調をアピール。斤量を考えると勝ちに等しい内容だった。

マイスタイル・・・逃げて勝った函館記念から一転して中段で折り合いをつけると、直線入り口ではいち早く先頭に立った。最後までバテているわけではないが切れ味勝負だと分が悪い。やはりもう少し距離があった方が良さそう。

タイムトリップ・・・後方集団のインにつける。4コーナーでは内をついて直線では外に切り替えるとジリジリと伸びてきた。展開が早ければ3着はあったかも。

グァンチャーレ・・・欲を言えばマイスタイルのポジションを取りたかったが、スタートで思ったほど出足がつかなかった。直線では前が壁になる不利があり手綱を引っ張る。それでもよく5着まで詰めてきた。本番では枠順次第では3着ぐらいはあるかも。

トゥザクラウン・・・行きっぷりが良すぎるのを手綱を引いて下げていた。この辺が解消されれば重賞でも通用するはず。一旦は先頭に立つも直線半ばで飲み込まれた。

セイウンコウセイ・・・スタートを決めて気分良く行けていたが、直線で早々にパッタリ。この馬にすればもっと雨が降って不良馬場にならないと辛い。

アマルフィコースト・・・馬体は完全に仕上がっていた。レースでは先行集団を見る位置で完璧に折り合っていた。手応えのわりに直線ではまったく見せ場がなかった。やはり軽い高速馬場向きか。

ロードクエスト・・・雨が上がって内が荒れた馬場になったのも影響したかもしれないが、それにしても負けすぎ。衰えが見られた。

イエローマリンバ・・・ハナを叩いてこの馬らしい競馬を見せた。軽い良馬場で警戒が必要。

◎雨が上がって稍重になりインコースが荒れていた。その分、外を通った馬が伸びていた。上位馬で、マイルCSで通用しそうなのはモズアスコットか。ダイアトニックはベストの1400でギリギリだったように1ハロン延長が微妙。マイスタイルは切れ味勝負は辛そう。ましてや京都の田中勝春では……。同じ事がグァンチャーレにも言える。トゥザクラウンは次走要注意。

 アルテミスステークス

リアアメリア・・・+20はやや余裕残し。パドックでは一頭だけ古馬が混じっているような迫力があった。スタート後、ダノンファンタジーを彷彿とさせる様子で馬が首を上げてかなり行きたがっていた。直線では完成度の違いで2着馬らを豪快に差し切ったが、将来にはやや不安が残る内容だった。桜花賞までがピークのタイプかも。

サンクテュエール・・・スタートはやや失敗。2番手につけるとやや力み加減もなんとか折り合っていた。直線では逃げた馬を捕まえるのに手こずる。今日の競馬なら2着は御の字。

ビッククインバイオ・・・スタートでポンと出てそのまま先頭へ。マイペースで逃げて、直線残り100メートルまで踏ん張っていた。

ラインオブダンス・・・逃げた馬の後ろと絶好のポジション。ムチを入れられても思ったほど伸びずに、逃げた馬も捕まえられなかった。

ショウナンハレルヤ・・・スタートで失敗。さらに同じくスタートで失敗していた3番に寄られてレースが終わった。

◎単勝1.3倍の断然人気に推されたリアアメリアがきっちり勝ったものの意外と苦戦した印象。ビッククインバイオとの比較でも新潟2歳Sを勝ったウーマンズハートの方が強いかも。その他の馬では2着のサンクテュエールぐらいか。

-レース回顧

Copyright© ケイバー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.