地方競馬

帝王賞2019

更新日:

帝王賞 回顧

6月26日(水) 大井11R 2000(ダート)

◎オメガパフューム:東京大賞典勝ちを高く評価
○チュウワウィザード:気性が素直で連軸に最適
▲アポロケンタッキー:ダート得意の戸崎ジョッキー
△インティ:おそらく番手を追走。父ケイホームで距離対応が鍵
×スーパーステション:東京大賞典が厳しいペースで6着に粘る
×オールブラッシュ:前走はインティとケンカ。馬券的に妙味が大きい
×ミツバ:行きたがる気性で距離短縮はプラス

 逃げるのはスーパーステション。オールブラッシュはスタート次第だが2番手。その後にインティが続きそう。
 1番人気のチュウワウィザードはおそらくインティをマークする形。中団にオメガパフューム・アポロケンタッキー。
 ペースはやや早くなりそう。中団に控えるJRA勢も十分届く流れ。
 本命は同じコースで行われた東京大賞典を勝ったオメガパフューム。前走の平安Sは59kを背負って早めに仕掛けて差された分。
 相手はその平安Sで勝ったチュウワウィザード。1番枠と好枠を引いた。気性が素直なので連軸に最適。
 アポロケンタッキーは戸崎ジョッキーに戻って差す競馬が安定してきた。2016年の東京大賞典を勝っているように、良馬場なら2.06.5ぐらいで走る能力はある。
 武豊騎手が騎乗のインティはケイホーム産駒で初の2000メートルへの対応が鍵となる。かしわ記念でも最後にアポロケンタッキーに迫られていた。
 要注意なのは前に行くと思われる、スーパーステションとオールブラッシュの2頭。
 とくにオールブラッシュの前走は、道中でインティとケンカをしてコーナーでふくらむロスがあった。今回は人気も落ちるので積極的に狙ってみたい。

-地方競馬

Copyright© ケイバー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.