七夕賞 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
クレッシェンドラヴ牡6内田博幸 57 3 11-09-053
ミッキースワロー牡5菊沢一樹57.512 10-09-043
メドウラーク牡7丸田恭介 54 4 10-08-0611
ゼーヴィント牡4戸崎圭太 57 8 07-05-031
アルバートドック牡4戸崎圭太 57 8 08-07-043
グランデッツァ牡6川田将雅 57 11 04-02-022
メイショウナルトセ6田辺裕信 56 2 01-01-015
マイネルラクリマ牡5柴田大知 57 4 03-03-011
アスカクリチャン牡5内田博幸 55 6 05-05-0514
イタリアンレッド牝5中舘英二 52 15 13-08-067
集計期間:2011. 7.10 ~ 2020. 7.12

2011年は東日本大震災の影響で中山競馬場で開催された。G1を狙うような一流馬は休養するか札幌記念に向かうため例年手薄なメンバーになる。その後にG1を勝った馬は98年のオフサイドトラップ、2002年のイーグルカフェしかいない。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 2- 1- 1- 6/ 1020.0%30.0%40.0%7469
2番人気 1- 2- 0- 7/ 1010.0%30.0%30.0%4568
3番人気 3- 0- 0- 7/ 1030.0%30.0%30.0%21580
4番人気 0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%058
5番人気 1- 2- 0- 7/ 1010.0%30.0%30.0%12086
6番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%037
7番人気 1- 2- 2- 5/ 1010.0%30.0%50.0%177250
8番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%046
9番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
10~人気 2- 1- 5- 55/ 633.2%4.8%12.7%246189

2018年には11番人気のメドウラークが勝ち、3連単の配当が256万円となったように荒れる重賞として有名。過去10年の集計でも1番人気が2勝のみの一方、10番人気以下が2勝で単勝回収値が246円と高い。1~3人気を合わせても6勝・2着3回。穴を狙うなら二桁人気馬を狙うぐらいの大胆さが必要になる。

レース検索

斤量別集計

斤量 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
~49kg 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
49.5~51kg 0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%0332
51.5~53kg 1- 0- 3- 20/ 244.2%4.2%16.7%73232
53.5~55kg 2- 5- 5- 44/ 563.6%12.5%21.4%277125
55.5~57kg 6- 3- 0- 42/ 5111.8%17.6%17.6%7245
57.5~59kg 1- 2- 1- 9/ 137.7%23.1%30.8%63101

斤量の狙い目は6勝をあげている55.5~57キロになる。ただし、複勝率では53.5~55の斤量が21%と上回っている。2018年のメドウラーク(11人気)は54キロの斤量だった。穴を狙うなら55キロ以下になっている。

55.5~57キロ・・・マウントゴールド、トーラスジェミニ、アールスター、クラージュゲリエ、ヴァンケドミンゴ

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
4歳 2- 2- 2- 10/ 1612.5%25.0%37.5%58104
5歳 4- 3- 2- 32/ 419.8%17.1%22.0%20598
6歳 3- 4- 5- 41/ 535.7%13.2%22.6%45201
7歳 1- 0- 0- 23/ 244.2%4.2%4.2%42053
8歳 0- 1- 1- 10/ 120.0%8.3%16.7%0103

複勝率では4歳が37%と優秀だが、5・6歳で7勝をあげている。6歳は2・3着に入って穴を開けるケースが多く、複勝回収値は201円と高い。7・8歳になるとまったくダメというわけではないがガクンと数字が落ちる。

牝馬は全体で【1-0-1-10】と平均的だが、福島競馬場に限定すると【0-0-0ー10】となっている。

4歳・・・ブラックマジック、ワーケア

牝馬・・・ロザムール

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
2勝 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0380
3勝 0- 0- 2- 8/ 100.0%0.0%20.0%0303
OPEN非L 2- 2- 4- 21/ 296.9%13.8%27.6%361300
OPEN(L) 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%036
G3 7- 5- 2- 58/ 729.7%16.7%19.4%15264
G2 1- 1- 0- 24/ 263.8%7.7%7.7%1323
G1 0- 0- 1- 6/ 70.0%0.0%14.3%097

前走・G3組が7勝2着5回と主力を形成。次いで前走でOP特別を使われていた組。

問題なのは前走でG1やG2を使われていた馬たちで、実績を買われて人気になって裏切るケースが多い。2015年のレコンダイトやキャプテントゥーレなどは、1番人気に推されて馬群に沈んだ。もし前走がG1・G2で人気になっている馬がいたら疑った方がいいかもしれない。

前走G3・・・ワンダープチュック、ロザムール、ブラックマジック、ショウナンバルディ、クラージュゲリエ、プレシャスブルー、

前走G1・G2・・・トーラスジェミニ、カウディーリョ、アールスター、クレッシェンドラヴ、ワーケア、トラストケンシン

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 1- 0- 1- 8/ 1010.0%10.0%20.0%120100
平地・先行 5- 3- 4- 24/ 3613.9%22.2%33.3%72273
平地・中団 4- 6- 4- 45/ 596.8%16.9%23.7%305115
平地・後方 0- 1- 1- 45/ 470.0%2.1%4.3%025
平地・マクリ 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

馬券の軸としては先行が勝率・連対率ともに安定している。小回りの福島コースということで逃げ残りに期待が集まるが、10年で1勝と微妙。差して勝った3頭は11人気・14人気・7人気と、穴を狙うなら差し馬になっている。

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
2番 1- 0- 2- 7/1010.0%10.0%30.0%120172
3番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%7426
4番 2- 2- 0- 6/1020.0%40.0%40.0%1048234
5番 0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%046
6番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%54497
7番 0- 0- 3- 7/100.0%0.0%30.0%0476
8番 2- 0- 1- 7/1020.0%20.0%30.0%93305
9番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%068
10番 0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%089
11番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%4545
12番 1- 1- 3- 5/1010.0%20.0%50.0%82223
13番 0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%048
14番 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
15番 1- 1- 0- 6/ 812.5%25.0%25.0%22187
16番 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
17番 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

2011年は中山競馬場で開催されたため17頭立てだった。ボリュームゾーンは4~12番の中程の枠で、内過ぎても外過ぎても良くない。面白いのは偶数が7勝に対して奇数が3勝と偏っていることで、もし2択で悩んだら偶数の馬番を選ぶと良いだろう。

レース検索

調教師分類別集計

調教師分類 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
美浦 4- 5- 5- 62/ 765.3%11.8%18.4%3086
栗東 6- 5- 5- 61/ 777.8%14.3%20.8%253160

美浦所属の馬で勝った3頭は、3・1・1、人気だった。穴を狙うなら栗東所属馬が鉄則。

逆に騎手では圧倒的に関東のジョッキーが優勢となっている。厩舎は栗東でも騎手は関東という組み合わせが【5-2-3-42】と、馬券になっている。

栗東馬+関東騎手・・・ワンダープチュック、クラージュゲリエ、スカーフェイス、ツーエムアロンソ

レース検索

前走平地距離別集計

前走平地距離 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
~1300m 0- 0- 0- 0/ 0     
1301m~1600m 2- 0- 3- 9/ 1414.3%14.3%35.7%1108475
1601m~2000m 7- 8- 5- 86/1066.6%14.2%18.9%5693
2001m~2400m 1- 0- 1- 7/ 911.1%11.1%22.2%3758
2401m~ 0- 2- 1- 21/ 240.0%8.3%12.5%074

前走・1600を使われていた馬が単勝回収値が1108円と飛び抜けている。前走が2100メートル以上だと、勝ち馬は1頭しか出ていない。この中には天皇賞・春や目黒記念を使われてきた馬が含まれている。人気になっていても疑った方がいいだろう。

前走1600・・・トーラスジェミニ、スカーフェイス、ワーケア

前走2100以上・・・ブラックマジック、アールスター、トラストケンシン

まとめ

前年の勝ち馬のクレッシェンドラヴは、年齢・斤量・前走G1など苦戦の傾向があり強くは推せない。トーラスジェミニにしても、前走1600はいいが、人気を裏切りがちなG1組というのが気になる。

4~6歳のうち斤量が55.5~57キロの馬はトーラスジェミニ、アールスター、クラージュゲリエ、ヴァンケドミンゴの4頭。このうち前走がG3で、関西厩舎に関東ジョッキーという組み合わせのクラージュゲリエが推奨馬になる。穴は、前日段階で二桁人気で前走2勝クラスのスカーフェイスをあげる。

推奨クラージュゲリエ
減点ありトーラスジェミニ
スカーフェイス

コメント

タイトルとURLをコピーしました