中央競馬・G1レースでの単勝1倍台のオッズ別信頼度

1986年以降、JRAのG1レース(障害を含む)で1番人気に支持された馬の、オッズ別の信頼度を調べてみた。

レース一覧・人気:1番人気

G1レース・1番人気  単勝オッズ別集計

単勝オッズ 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1.0~ 1.4 50- 13- 4- 8/ 7566.7%84.0%89.3%8496
1.5~ 1.9 55- 35- 16- 41/14737.4%61.2%72.1%6381
2.0~ 2.9101- 52- 42- 97/29234.6%52.4%66.8%8385
3.0~ 3.9 47- 35- 27- 80/18924.9%43.4%57.7%8586
4.0~ 4.9 15- 7- 5- 31/ 5825.9%37.9%46.6%11287
5.0~ 6.9 0- 3- 0- 10/ 130.0%23.1%23.1%047
集計期間:1986. 4. 6 ~ 2022. 2.20

単勝1.4倍以下の圧倒的人気だと勝率は66%で3回に2回は勝利している。

トリビア:G1レースでもっとも単勝オッズの高かった馬は、2012年・安田記念のサダムパテックの6.6倍。

レース検索

G1・単勝1倍台のオッズ別成績

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1.0 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%100100
1.1 8- 0- 1- 0/ 988.9%88.9%100.0%97107
1.210- 2- 0- 1/1376.9%92.3%92.3%9298
1.319- 8- 0- 2/2965.5%93.1%93.1%85101
1.412- 3- 3- 5/2352.2%65.2%78.3%7384
1.511-11- 3-12/3729.7%59.5%67.6%4474
1.612- 3- 2- 3/2060.0%75.0%85.0%9696
1.714- 9- 2- 8/3342.4%69.7%75.8%7286
1.8 8- 7- 6- 7/2828.6%53.6%75.0%5184
1.910- 5- 3-11/2934.5%51.7%62.1%6572
集計期間:2005.10.23 ~ 2005.10.23

唯一の単勝1.0倍は2005年の菊花賞@ディープインパクトで、見事1着となった。

現在はプラス10というシステム(払い戻しが100円の場合、一部を除き10円加算される)があり、100円の元返しになることはない。ディープインパクトの菊花賞もいまなら110円になっていた。

単勝1.0倍~1.3倍までは連対率が90%を超える。

単勝1.4倍の連対率は3回に2回で、逆にいえば3回に1回は2着を外す。

単勝1.5倍をさかいにして勝率が50%を下回る。単勝回収値が44円でもっとも低い。

単勝1.8倍の連対率は50%。

ダートのG1レースは年間にフェブラリーSとチャンピオンズCの2レースだけで、単勝1倍台の人気を集めた馬は過去に10頭しかいない。このうち掲示板を外した馬は1頭だけで、12年のフェブラリーS@トランセンドが単勝1.5倍で7着に敗れた。

障害のG1レースは年間に中山大障害と中山グランドジャンプの2レースだけで、単勝1倍台(1.0~1.9)の信頼度は、勝率40%・連対率60%・複勝率68%で、平地のG1レースより信頼度が落ちる。全23頭のうち競走中止した馬は2頭いる。

単勝1倍台で負けた主な馬

オッズ負けた馬とレース
1.0なし
1.198年・スプリンターズS@タイキシャトル 3着
1.298年・天皇賞(秋)@サイレンススズカ 競争中止
90年・宝塚記念@オグリキャップ 2着
87年・エリザベス女王杯@マックスビューティ 2着
1.320年・安田記念@アーモンドアイ 2着
13年・天皇賞(春)@ゴールドシップ 5着
12年・天皇賞(春)@オルフェーヴル 11着
05年・有馬記念@ディープインパクト 2着
1.420年・チャンピオンズC@クリソベリル 4着
17年・宝塚記念@キタサンブラック 9着
04年・オークス@ダンスインザムード 4着
98年・エリザベス女王杯@エアグルーヴ 3着
1.519年・有馬記念@アーモンドアイ 9着
12年・フェブラリーS@トランセンド 7着
94年・天皇賞(秋)@ビワハヤヒデ 5着
92年・天皇賞(春)@トウカイテイオー 5着
1.619年・ダービー@サートゥルナーリア 4着
15年・桜花賞@ルージュバック 9着
07年・ダービー@フサイチホウオー 7着
93年・天皇賞(春)@メジロマックイーン 2着
1.721年・ダービー@エフフォーリア 2着
14年・天皇賞(春)@キズナ 4着
09年・皐月賞@ロジユニヴァース 14着
96年・秋華賞@エアグルーヴ 10着
1.821年・大阪杯@コントレイル 3着
16年・スプリンターズS@ビッグアーサー 12着
01年・有馬記念@テイエムオペラオー 5着
89年・有馬記念@オグリキャップ 5着
1.921年・オークス@ソダシ 8着
17年・ヴィクトリアマイル@ミッキークイーン 7着
00年・菊花賞@アグネスフライト 5着
91年・ジャパンカップ@メジロマックイーン 4着

単勝1.1倍で負けたのは98年のスプリンターズS@タイキシャトルで、同馬の引退レースだった。

1.2倍~1.4倍で負けた馬にはオグリキャップをはじめとして殿堂入りしたスーパーホースの名前が並ぶ。

平地のG1レースで1番人気馬が競争中止したのは、87年・有馬記念@サクラスターオー、91年・スプリンターズS@ケイエスミラクル、98年・天皇賞(秋)サイレンススズカ、02年・菊花賞@ノーリーズンの4例になっている。

単勝1倍台で降着になったのは、19年・NHKマイルC@グランアレグリア、10年・ジャパンカップ@ブエナビスタ、09年・秋華賞@ブエナビスタ、01年・中山グランドJ@ランド、91年・天皇賞(秋)@メジロマックイーン、の5例のみ。

競争中止を除いて、もっとも着順が悪かったのは15年・宝塚記念@ゴールドシップの15着になっている。同馬は中央競馬史上初の同一平地G1レース3連覇を狙って1.9倍に支持されていた。

レース検索

G1・単勝1倍台  騎手別成績(現役のみ)

騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
武豊19-10- 4-10/4344.2%67.4%76.7%6085
ルメール11- 2- 3- 3/1957.9%68.4%84.2%8892
福永祐一 7- 1- 2- 1/1163.6%72.7%90.9%93100
石神深一 6- 0- 0- 0/ 6100.0%100.0%100.0%125106
和田竜二 4- 1- 0- 1/ 666.7%83.3%83.3%11391
岩田康誠 3- 2- 0- 0/ 560.0%100.0%100.0%78110
M.デム 3- 1- 0- 0/ 475.0%100.0%100.0%140115
池添謙一 2- 0- 0- 2/ 450.0%50.0%50.0%7555
森一馬 2- 0- 0- 0/ 2100.0%100.0%100.0%175110
松山弘平 2- 0- 0- 0/ 2100.0%100.0%100.0%150120
横山典弘 1- 2- 1- 2/ 616.7%50.0%66.7%2571
川田将雅 1- 2- 0- 2/ 520.0%60.0%60.0%2468

G1レースで単勝1倍台の馬に乗る機会がもっとも多いのが武豊騎手で、43回と群を抜いている。勝率44%は平均的な数字。これは武豊騎手が騎乗することで実力以上に人気をするため。

ルメール騎手の単勝1倍台の馬は、19年・皐月賞@サートゥルナーリアだけが牡馬で、残りは牝馬になっている。

福永騎手が着外に敗れたのは、16年・スプリンターズS@ビッグアーサーの1頭だけ。

石神騎手の騎乗はすべて障害レース@オジュウチョウサンで、勝率100%。

岩田・デムーロ・松山の3人の騎手は連対率が100%。

意外にも横山典弘騎手が単勝1倍台でG1を勝ったのは1度のみ(09年・ヴィクトリアマイル@ブエナビスタ)。

川田騎手の唯一の勝利は、14年・オークス@ハープスター。

和田騎手の記録はすべてテイエムオペラオーによるもの。

レース検索

G1レース別集計

レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
中山グラJG1 7- 2- 0- 3/1258.3%75.0%75.0%8082
マイルチG1 6- 3- 0- 1/1060.0%90.0%90.0%8896
優駿牝馬G1 6- 2- 1- 3/1250.0%66.7%75.0%8190
天皇賞春G1 6- 2- 0- 5/1346.2%61.5%61.5%6667
菊花賞G1 6- 2- 0- 1/ 966.7%88.9%88.9%9196
安田記念G1 5- 5- 2- 0/1241.7%83.3%100.0%64111
宝塚記念G1 5- 5- 1- 3/1435.7%71.4%78.6%5385
有馬記念G1 5- 3- 0- 3/1145.5%72.7%72.7%6982
秋華賞G1 5- 2- 1- 3/1145.5%63.6%72.7%6178
東京優駿G1 5- 1- 0- 2/ 862.5%75.0%75.0%9086
朝日杯3G1 5- 1- 0- 0/ 683.3%100.0%100.0%125111
皐月賞G1 5- 0- 1- 1/ 771.4%71.4%85.7%10492
エリザベG1 4- 4- 2- 0/1040.0%80.0%100.0%62109
桜花賞G1 4- 2- 1- 4/1136.4%54.5%63.6%4870
JCG1 4- 1- 2- 2/ 944.4%55.6%77.8%6485
ヴィクトG1 4- 1- 0- 1/ 666.7%83.3%83.3%9893
中山大障JG1 3- 3- 2- 5/1323.1%46.2%61.5%3266
阪神3歳G1 3- 1- 0- 1/ 560.0%80.0%80.0%10092
スプリンG1 3- 0- 1- 2/ 650.0%50.0%66.7%8076
NHKマG1 3- 0- 1- 1/ 560.0%60.0%80.0%9896
阪神ジュG1 2- 2- 1- 1/ 633.3%66.7%83.3%5196
天皇賞秋G1 2- 2- 0- 3/ 728.6%57.1%57.1%4261
フェブラG1 2- 0- 0- 1/ 366.7%66.7%66.7%10073
JCDG1 1- 2- 1- 0/ 425.0%75.0%100.0%42112
高松宮記G1 1- 0- 1- 1/ 333.3%33.3%66.7%4380
チャンピG1 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%9555
ホープフG1 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%180110
フューチG1 0- 2- 1- 1/ 40.0%50.0%75.0%082
大阪杯G1 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0110

・天皇賞(秋)は単勝1倍台の成績が悪く、【2-2-0-3】になっている。勝利した2例はいずれもアーモンドアイ。91年には単勝1.9倍の支持を集めていたメジロマックイーンは1位入線後に斜行で18着に降着になった。

・ダービーで皐月賞1着馬が単勝1倍台の指示を集めて敗れたのは、19年のサートゥルナーリアと21年のエフフォーリア。

・平地G1では2位のオークスだが、武豊騎手は1倍台の馬に3回乗って2着・7着・4着と勝てていない。

・有馬記念で単勝1倍台の支持を集めて敗れた馬は6頭いて、うち5頭(オグリキャップ・メジロマックイーン・テイエムオペラオー・ディープインパクト・アーモンドアイ)が顕彰馬に選ばれている。残りの1頭はブエナビスタ。

・安田記念で単勝1倍台の馬が馬券圏内(3着)を外した例はまだない。

・朝日杯時代には1番人気が活躍していたが、フューチュリティーSに改名後は1倍台の馬は【0-2-1-1】と勝てていない。

・皐月賞で単勝1倍台の支持を集めた馬はすべてG1馬になっている。

・菊花賞で馬券圏外に沈んだ馬は00年のアグネスフライトの1頭だけ。

・無敗の三冠に挑戦して2着に敗れた92年のミホノブルボンの単勝は1.5倍だった。

・天皇賞(秋)ほどではないが、ジャパンカップも単勝1倍台の馬が勝率44%と低い。10年にはブエナビスタが2着に降着になった。

・大阪杯は歴史が浅く、単勝1倍台の支持を集めた馬は21年のコントレイル(3着)のみ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました