富士ステークス 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
201024ヴァンドギャルド牡4福永祐一 56 5   06-085
191019ノームコア牝4ルメール 56 16   13-122
181020ロジクライ牡5ルメール 56 8   02-022
171021エアスピネル牡4武豊 57 6   03-011
161022ヤングマンパワー牡4戸崎圭太 57 3   03-033
151024ダノンプラチナ牡3蛯名正義 54 3   14-134
141025ステファノス牡3戸崎圭太 54 16   10-102
131019ダノンシャーク牡5内田博幸 57 9   04-041
121020クラレント牡3岩田康誠 54 18   07-075
111022エイシンアポロン牡4田辺裕信 56 13   11-111
集計期間:2011.10.22 ~ 2020.10.24

古くはジャパンカップの前哨戦としてOP特別で行われていたが、97年に1400→98年にG3に昇格→00年に現在の1600に変更され、20年にG2に昇格した。安田記念と同じコースで行われるため、ここをステップに多くの馬がマイルチャンピオンシップに向かう。

過去には4頭の馬がここから秋のマイル王に輝いた。11年のエイシンアポロンは、富士S→マイルCSと唯一の連勝馬となっている。

昨年はヴァンドギャルドが直線で鋭く抜け出して初重賞勝利をあげた。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 3- 1- 0- 6/ 1030.0%40.0%40.0%10463
2番人気 3- 0- 1- 6/ 1030.0%30.0%40.0%15479
3番人気 1- 4- 1- 4/ 1010.0%50.0%60.0%56158
4番人気 1- 2- 1- 6/ 1010.0%30.0%40.0%9998
5番人気 2- 0- 3- 5/ 1020.0%20.0%50.0%172149
6番人気 0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%064
7番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
8番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
9番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%075
10~人気 0- 1- 3- 62/ 660.0%1.5%6.1%058

ここが秋の始動戦となる馬も多く、1番人気の勝率は30%と低い。エアスピネルやダノンシャークのように前年の勝ち馬が翌年に人気を裏切るケースもある。2番人気も同じく3勝だが、単勝回収値では1番人気を上回る。

勝ち馬は5番人気以内で、2着まで広げても連対馬の18頭が6番人気以内と、ここが一応のラインとなる。

10人気以下で馬券になった馬は4頭で、人気薄の大駆けがたびたびある。そのため三連単の平均配当は12万円と高い。12年には3着に14人気のヒットジャボットが入り、46万円を超える配当が出た。

上位人気(想定)・・・ソングライン、ロータスランド、ダノンザキッド、アルジャンナ、ラウダシオン、ワグネリアン

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳 3- 2- 2- 31/ 387.9%13.2%18.4%7182
4歳 5- 4- 2- 12/ 2321.7%39.1%47.8%106131
5歳 2- 3- 6- 32/ 434.7%11.6%25.6%16101
6歳 0- 1- 0- 33/ 340.0%2.9%2.9%05
7歳 0- 0- 0- 13/ 130.0%0.0%0.0%00
8歳 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00

勝ち馬の半数が4歳馬で占められており、勝率・連対率共に高い。次いで3歳馬・5歳馬と続く。6歳以上で馬券になったのはわずかに1頭だけで、高齢馬は苦戦の傾向が出ている。

牝馬は全体で【1-2-2-6】。勝ったのは19・ノームコアのみだが、複勝率は45%と高い。

4歳・・・ラウダシオン、ロータスランド、マイラプソディ、ダーリントンホール、サンライズオネスト、アルジャンナ

牝馬・・ソングライン、ロータスランド

6歳以上・・・ソーグリッタリング、ボンセルヴィーソ、ワグネリアン

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
オータムHG3 2- 3- 1-25/316.5%16.1%19.4%2257
安田記念G1 1- 2- 0- 7/1010.0%30.0%30.0%6266
ヴィクトG1 1- 0- 2- 0/ 333.3%33.3%100.0%160213
ポートア 1- 0- 0-19/205.0%5.0%5.0%5521
毎日王冠G2 1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%8236
札幌記念G2 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%9742
関屋記念G3 1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%7023
セントラG2 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%305125
皐月賞G1 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%990290
NHKマG1 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%045
エプソムG3 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%021

京成杯AH組が連対馬5頭でトップ。以下、安田記念・ヴィクトリアマイルのG1レースが並ぶ。前走重賞組が19頭で、OP特別からは1頭しか馬券になっていない。

京成杯AH・・・バスラットレオン

重賞以外・・・サトノウィザード、サンライズオネスト、ハッピーアワー、フォルコメン、ボンセルヴィーソ、マイラプソディ

レース検索

騎手別集計

騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ルメール 2- 3- 0- 1/ 633.3%83.3%83.3%155155
戸崎圭太 2- 1- 0- 5/ 825.0%37.5%37.5%146148
福永祐一 1- 1- 1- 6/ 911.1%22.2%33.3%6888
蛯名正義 1- 0- 1- 5/ 714.3%14.3%28.6%14167
内田博幸 1- 0- 1- 5/ 714.3%14.3%28.6%34132
田辺裕信 1- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%16.7%6830
武豊 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%9742
岩田康誠 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%366140
M.デム 0- 1- 1- 4/ 60.0%16.7%33.3%091
柴田大知 0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%095

ルメール騎手が騎乗機会6回で連対率83%と圧倒的な成績をあげている。

ルメール騎手(想定)・・・アルジャンナ

レース検索

種牡馬別集計

種牡馬 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ディープインパクト 4- 4- 4-10/2218.2%36.4%54.5%111147
キングカメハメハ 1- 1- 1-10/137.7%15.4%23.1%3096
ハービンジャー 1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%9640
ハーツクライ 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%11240
ダンスインザダーク 1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%22084
スニッツェル 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%18663
Giant’s Causeway 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%20590
フジキセキ 0- 2- 1- 2/ 50.0%40.0%60.0%0298
キングヘイロー 0- 1- 1- 1/ 30.0%33.3%66.7%0673
リアルインパクト 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0270

毎年のようにディープインパクト産駒が好走している。良馬場の瞬発力勝負ならチェックしておいたほうがいい。

ディープインパクト産駒・・・アルジャンナ、ワグネリアン

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
平地・先行 4- 3- 4- 28/ 3910.3%17.9%28.2%42104
平地・中団 5- 4- 3- 48/ 608.3%15.0%20.0%5371
平地・後方 1- 3- 3- 40/ 472.1%8.5%14.9%2150

逃げて馬券になった馬はいない。この中には安田記念3着で1番人気に推されたコスモセンサーもいた。馬券の中心は先行・差しタイプで、瞬発力自慢が多数出走してくるだけに逃げ馬は目標にされる不利が大きい。

逃げ・・・バスラットレオン

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
2番 0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%043
3番 2- 0- 0- 8/1020.0%20.0%20.0%15548
4番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%0150
5番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%6253
6番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%3917
7番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%076
8番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%4550
9番 1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%2476
10番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%033
11番 0- 3- 2- 5/100.0%30.0%50.0%0200
12番 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%083
13番 1- 0- 1- 6/ 812.5%12.5%25.0%51120
14番 0- 0- 2- 6/ 80.0%0.0%25.0%058
15番 0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%025
16番 2- 0- 0- 4/ 633.3%33.3%33.3%18175
17番 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
18番 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%366140

安田記念など数多くのG1レースが行われる東京・芝1600メートルはワンターンのコースで、スタートして最初のコーナーまで500メートルの直線距離がある。そのため枠順の有利不利はほとんどない。

まとめ

上位人気が想定される馬で4歳は、ロータスランド・アルジャンナ・ラウダシオンの3頭。このうちラウダシオンは前走が1200なので微妙。ここはディープインパクト産駒でルメール騎手が騎乗予定のアルジャンナを推奨馬としたい。次点には牝馬のロータスランド。穴は5歳で唯一前走が重賞だったザダルをあげる。

推奨アルジャンナ
減点ありロータスランド
ザダル

コメント

タイトルとURLをコピーしました