ラジオNIKKEI賞 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
バビット牡3内田博幸 53 1 01-01-018
ブレイキングドーン牡3田辺裕信 55 14 11-07-053
メイショウテッコン牡3松山弘平 56 2 03-03-032
セダブリランテス牡3石川裕紀 54 11 03-03-022
ゼーヴィント牡3戸崎圭太 54 1 08-07-071
アンビシャス牡3ルメール56.53 09-10-061
ウインマーレライ牡3松岡正海 54 9 03-02-035
ケイアイチョウサン牡3横山典弘 54 11 14-15-148
ファイナルフォーム牡3戸崎圭太 54 6 05-04-052
フレールジャック牡3福永祐一 54 10 05-05-052
集計期間:2011. 7. 3 ~ 2020. 7. 5

3歳重賞で唯一のハンデ戦。2011年は東日本大震災の影響で中京競馬場で開催された。歴代の優勝馬からG1馬は出ていないが、2018年・2着だったフィエールマンは、その後、菊花賞・天皇賞春とG1を3勝している。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 2- 3- 1- 4/ 1020.0%50.0%60.0%6891
2番人気 4- 0- 0- 6/ 1040.0%40.0%40.0%18779
3番人気 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%8444
4番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%023
5番人気 1- 0- 3- 6/ 1010.0%10.0%40.0%98127
6番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%040
7番人気 0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%089
8番人気 2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%30.0%430152
9番人気 0- 2- 2- 6/ 100.0%20.0%40.0%0205
10~人気 0- 1- 2- 53/ 560.0%1.8%5.4%081

1番人気は2勝と頼りないかわりに2番人気が4勝をあげている。上位3人気で7勝を占めている。

10番人気以下の人気薄で2着になったのは1頭のみで、ハンデ戦だからといって極端な穴狙いをしないほうがいい。

3着は5番人気以下の馬で9頭が占められているように、3連単の1・2着は上位人気の馬から選んで、3着は穴候補に手広く流したほうが良い。

牝馬は【0-1-0-18】。昨年はパラスアテナが1番人気に支持されて4着に敗れた。

減点(牝馬)・・・デルマセイシ、アイコンテーラー

レース検索

斤量別集計

斤量 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
~49kg 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
49.5~51kg 0- 0- 0- 14/ 140.0%0.0%0.0%00
51.5~53kg 1- 2- 6- 40/ 492.0%6.1%18.4%41139
53.5~55kg 7- 7- 3- 43/ 6011.7%23.3%28.3%9990
55.5~57kg 2- 1- 1- 18/ 229.1%13.6%18.2%3136

53キロ~55キロが連対馬20頭中17頭を占めている。

55.5を超えるような馬は人気になりやすいが、単勝・複勝ともに回収値は低い。

53キロで勝ったのは昨年のバビットのみ。51キロ以下は消して良い。

53~55キロ・・・ヴァイスメテオール、プレイイットサム、ボーデン、シュヴァリエローズ、ロードトゥフェイム、スペシャルドラマ、ワールドリバイバル、タイソウ、ワザモノ、ノースブリッジ、グランオフィシエ、ヴェイルネビュラ

51キロ以下(消し)・・・デルマセイシ、アイコンテーラー

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1勝 4- 4- 4- 46/ 586.9%13.8%20.7%6066
2勝 1- 0- 2- 12/ 156.7%6.7%20.0%152282
3勝 0- 0- 0- 0/ 0     
OPEN非L 3- 3- 2- 20/ 2810.7%21.4%28.6%3867
OPEN(L) 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
G3 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
G2 2- 0- 0- 12/ 1414.3%14.3%14.3%13040
G1 0- 3- 2- 16/ 210.0%14.3%23.8%0120

前走G1組は複勝率24%と高いが、不思議と勝ち馬はゼロ。前走G2組が2勝をあげているが、いずれも一桁着順だった。中心は前走1勝クラスとOP組になる。

前走G2で一桁着順・・・ボーデン、ロードトゥフェイム

前走1勝クラス・・・デルマセイシ、プレイイットサム、タイソウ、アイコンテーラー、グランオフィシエ

前走OP・・・ヴァイスメテオール、スペシャルドラマ

レース一覧・前走クラス:1勝

前走クラス:1勝  前走人気別集計

前走人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1人気 3- 2- 1-15/2114.3%23.8%28.6%6956
前走2人気 0- 0- 1-10/110.0%0.0%9.1%032
前走3人気 0- 1- 1- 4/ 60.0%16.7%33.3%0163
前走4人気 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%066
前走5人気 1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%404100
前走6~9人 0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%055
前走10人~ 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

前走1勝クラスで好走した馬の多くが、そこで1番人気に支持されていた。

前走1勝クラス・1番人気・・・グランオフィシエ

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 1- 1- 2- 6/ 1010.0%20.0%40.0%202202
平地・先行 3- 6- 2- 27/ 387.9%23.7%28.9%4889
平地・中団 5- 2- 3- 46/ 568.9%12.5%17.9%4599
平地・後方 1- 1- 3- 35/ 402.5%5.0%12.5%5752

逃げた馬の好走率・単勝・回収値ともに高い。一方で、差し馬が5勝と活躍している。

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 2- 0- 1- 7/1020.0%20.0%30.0%242130
2番 1- 1- 2- 6/1010.0%20.0%40.0%41121
3番 1- 0- 2- 7/1010.0%10.0%30.0%2877
4番 0- 3- 0- 7/100.0%30.0%30.0%0123
5番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%0298
6番 1- 2- 1- 6/1010.0%30.0%40.0%56149
7番 0- 2- 1- 7/100.0%20.0%30.0%0100
8番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
9番 1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%11.1%10831
10番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%4619
11番 2- 1- 0- 7/1020.0%30.0%30.0%272140
12番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%023
13番 0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%050
14番 1- 0- 0- 6/ 714.3%14.3%14.3%12040
15番 0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%053
16番 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00

12番から外で連対したのは2頭のみと、外枠はやや苦戦の傾向がある。

歴代1~3着馬のデビュー戦の時期と条件

2020時期条件着順
バビット11月1800(2着
パンサラッサ9月1600(6着
ディープキング10月2000(6着
2019時期条件着順
ブレイキングドーン6月1800(1着
マイネルサーパス8月1600(2着
ゴータイミング9月1800(1着
2018時期条件着順
メイショウテッコン9月1800(1着
フィエールマン1月1800(1着
キボウノダイチ8月1800(1着
2017時期条件着順
セダブリランテス12月1800(1着
ウインガナドル8月1800(4着
ロードリベラル8月1400(7着
2016時期条件着順
ぜーヴィント11月1800(7着
ダイワドレッサー8月1400(6着
アーバンキッド10月1600(1着
21015時期条件着順
アンビシャス11月1600(1着
ミュゼゴースト8月1600(7着
マルターズアポジー2月2000(1着

過去6年でデビュー戦がダートだったのはセダブリランテスの1頭だけ。同馬は2戦目で芝のレースを勝ち、2戦2勝で2番人気に推されていた。

デビュー戦が1600~2000の馬が多く、8月デビューの好走歴が目立つ。今年の出走予定馬で8月の芝レースデビューで勝っているのは、ヴェイルネビュラだけ。

まとめ

前走が1勝クラスかつ1番人気だったグランオフィシエは15番枠と外に入ったのが減点。アサマノイタズラ・リッケンバッカーのG1組は56キロが引っかかる。上位人気で内目の馬番かつ53~55キロなのは、ヴァイスメテオールとボーデンが該当する。どちらとも木村哲厩舎の馬だが、前走がプリンシパルSのヴァイスメテオールを上位に見たい。穴は皐月賞でも逃げていた、ワールドリバイバルをあげる。

推奨ヴァイスメテオール
減点ありボーデン・グランオフィシエ
ワールドリバイバル

コメント

タイトルとURLをコピーしました