レース回顧

回顧 ジャパンダートダービー 2019

更新日:

ジャパンダートダービー

 クリソベリルの単勝が1.3倍と圧倒的人気。さすがに人気しすぎではないかと心配したが、終わってみれば杞憂だった。
 パドックではウインターフェルの馬体が目立っていた。
 レースはヒカリオーソが逃げ、ロードグラディオが押して2番手へ。東京ダービーでは超スローに落としたヒカリオーソにとっては終始プレッシャーを受ける流れとなった。
 クリソベリルは行きすぎるぐらいの勢いで前目につける。1コーナーで一旦手綱を引いてなだめていた。デアフルーグは中団やや後方。東京ダービーで鋭く追い込んでいたミューチャーリーは後方2番手。
 向こう正面で早くもサクセッサーがヒカリオーソに並びかける中、戸崎ジョッキー騎乗のデルマルーヴルがインの4番手と絶好のポジションを追走。
 デアフルーグは、はじめからクリソベリルが相手と決めてのマーク。
 4コーナーではサクセッサーとロードグラディオは早くもいっぱいいっぱい。
 ヒカリオーソ・デルマルーヴル・クリソベリルの順番で直線へ。
 デルマルーヴルがヒカリオーソを早めに捕まえるが、さらにその外をクリソベリルが余裕の手応えで交わして、いつものようにあっさりと突き放す。
 外からウインターフェルが粘るデルマルーヴルに迫る。その2頭の間を割るように後方に控えていたミューチャリーが3着に入った。

クリソベリル・・・手応え抜群で楽に抜け出す。これで4戦4勝。まだ追えば伸びそうな気配だった。JDDを兄弟制覇となった。
デルマルーヴル・・・海外帰りのわりにパドックで仕上がっていた。インの4番手を追走と戸崎ジョッキーの腕が光った。
ミューチャリー・・・地方馬で唯一馬券になる。やはりこれぐらいのペースが合う印象。
ウィンターフェル・・・パドックで一番馬体が目立っていた。あと少し粘ってほしかった……。
デアフルーグ・・・終始クリソベリルをマーク。最後はアップアップになっていた。調子落ちていたかも?
ロードグラディオ・・・Mデムーロのコメントで距離が長かったとか

 馬券は3連単が一応当たりました。
 返し馬でデルマルーヴルが思ったより良かったのと、冷静に考えて津村ジョッキーより戸崎ジョッキーだよなと、考え直しました。

-レース回顧

Copyright© ケイバー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.