中央競馬 予想

関屋記念・エルムS 2019

投稿日:

関屋記念
新潟11R 1600(芝)

◎ロシュフォール:前走の敗因はタフな馬場。新潟大賞典の上位馬が活躍
○ミエノサクシード:中京記念でただ一頭追い込んで掲示板にのる
▲サラキア:今回もスタートが決まるようなら好勝負
△ミッキーグローリー:展開不向きのマイルCSで5着に食い込む
×ソーグリッタリング:前走は超のつくスローペースで
×ロードクエスト:重賞3勝。実績馬で軽視禁物
×エントシャイデン:前走も着順ほど負けてはいない。3着ならあるいは

 新潟大賞典で1着のメールドグラースは鳴尾記念・小倉記念と連勝。2着のミッキースワローは七夕賞を勝利。4着のルックトゥワイスはG2の目黒記念を勝った。次は3着のロシュフォールが勝つ番か。前走の敗因は福島のタフな馬場なので新潟に戻って見直せる。
 対抗は内有利の中京記念で、ただ一頭外枠から追い込んで4着に入ったミエノサクシード。勝ちきれてはいないものの、金杯・阪神牝馬Sと強敵相手に好走を続けている。
 サラキアは前走はめずらしくスタートが決まった。雨が降って超スローペースで逃げるなどかなり特異な条件が重なって半信半疑だが、今回もスタートが決まるようなら好勝負しても不思議はない。
 ミッキーグローリーはマイルCSで5着に入ったように能力は最上位。なにより先週の日曜日に札幌で8勝をあげたルメールが乗るのが怖い。
 他では、良馬場で見直したいソーグリッタリング・インコース有利の中京記念で不完全燃焼だったロードクエストとエントシャイデンの2頭。とくにロードクエストは重賞3勝と実績では抜けた存在なので注意が必要。
 ケイデンスコールは前走が外差し馬場だったのと、今回は内枠に入った+人気しすぎで消しました。

 ロシュフォールはオッズが安いので、サラキアの単勝にしました。
 スタートが決まれば好勝負してくれるのではないかと期待しています。失敗したらその時点でアウトです。

エルムステークス
札幌11R 1700(ダート)

◎テーオーエナジー:師走Sでチョウワウィザードを突き放す。問題は休養開け
○モズアトラクション:おあつらえ向きの展開になりそう
▲ドリームキラリ:去年の2着馬。マークが甘いようだと逃げねばる
△グリム:7戦連続3着以内。やや人気しすぎか
×リアンヴェリテ:函館で連勝。ここは逃げ馬が揃った
×ハイランドピーク:昨年の勝ち馬が36倍で買える

 過去7年で4歳が4勝。今年はテーオーエナジー・タイムフライヤー・グリムが該当。
 テーオーエナジーは師走Sでチョウワウィザードに完勝した。去年のJDDで5着になったようにゆくゆくはダートG1で好勝負できるはず。問題は休み明けでどうかだが、2番枠と良いところを引いたので本命。岩田騎手はエルムSで4勝をあげている。
 前走で鋭く追い込んだモズアトラクションは、今回も展開が向きそう。
 ドリームキラリはかしわ記念で早めにインティに来られながらも6着と踏ん張っていた。内にマルターズアポジーがいるだけにどうなるかわからないが、逃げるとかなりしぶとい。
 1番人気が濃厚のグリムはここ7戦が4・2・1・0と安定度が高い。べつに逃げなくてもいい馬だが、今回は少々人気をしすぎのきらいがある。
 函館で連勝したリアンヴェリテは2ハロン目に10秒台を出す逃げが持ち味。今回はマルターズアポジー・グリム・ドリームキラリと逃げ馬が揃った。枠的に2~3番手を追走になりそうなだけに、直線で差し馬勢に飲み込まれる場面もありえる。
 他では昨年の勝ち馬のハイランドピークを念のためあげる。まったく人気をしていないので買ってみてもいいかも。

 馬券はテーオーエナジーの単勝にしました。
 岩田騎手ならインの4~5番手につけてくれそう。

記事下部

-中央競馬, 予想

Copyright© ケイバー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.