レース回顧 地方競馬

テレ玉杯オーバルスプリント 反省会

更新日:

テレ玉杯オーバルスプリント

ノブワイルド・・・スタートでポンッと一頭だけ飛び出る。そのまま先手を取って押し切った。今年のJBCスプリントは浦和で行われるため有力候補になった。
ワイドファラオ・・・軽く押して3番手へ。3歳馬とは思えない大人びたレースぶりだが、道中では2番手の馬が微妙に邪魔になっていた。最後はよく詰めていた。
ヤマニンアンプリメ・・・距離を心配してかスタート後は枠なりで中団につけた。道中はワイドファラオの直後。3コーナーではすでに勝負あった。最後はノボバカラに詰められており、やはり1400は少し長い印象。
ノボバカラ・・・スタートから騎手が激しく手綱をしごくも出足が着かずに馬群に揉まれる。最後はヤマニンアンプリメに詰め寄った。
サクセスエナジー・・・スタートの早い2頭に挟まれて後手に回る。今日は並びが悪かった。最後は完全に足が上がっていた。逃げられないと辛い。
ブルドックボス・・・勝負に参加させてもらえず。上位とは力差を感じた。
ダノングッド・・・素人目にも馬体が緩かった。

 ◎もし今日と同じスタートが出来るならノブワイルドはJBCスプリントも勝ちそう。2番手の馬がちょうど壁になっていたのでワイドファラオは逆転の余地あり。同じ事がサクセスエナジーにもいえる。この馬はもう少し外の枠が良かった。ヤマニンアンプリメは距離が微妙かもしれない。

 馬券ははずれました。ノブワイルドが思ったよりも強かった。あとワイドファラオも。地方競馬は競馬場の特徴とか知らないので難しいですね。

-レース回顧, 地方競馬

Copyright© ケイバー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.