レース回顧

ローズS 反省会

更新日:

ローズS 反省会

ダノンファンタジー・・・抜群のスタート。一旦下げたときにやや行きたがるも、その後は先行集団を見る形でピッタリと折り合った。直線はアルティマリガーレをやり過ごして外に出すと、ジリジリと伸びて差し切った。勝ちタイムの1.44.4はカレンミロティックのタイムをコンマ1秒上回るレコード。高速馬場も向いていた。
ビーチサンバ・・・スタート後、手綱を引いて下げるも序盤でスローペースを読んだように上がっていく。4コーナーでは持ったままで先頭に並びかける。最後はダノンファンタジーの末脚に屈したが福永騎手の騎乗はほぼ完璧だった。成長度という点では疑問だが馬もよく走っている。
ウィクトーリア・・・パドックではほぼ完璧に仕上がっていた。勝ち馬の外目から早めに3番手。直線では先に抜け出したビーチサンバに並びかけるが差し返される形になった。
シゲルピンクダイヤ・・・輪乗りの段階で一頭だけ端で立ち尽くすなどかなりイレ込む。ゲート入りも嫌がってかなり消耗していた。レースでは先行策に出たが桜花賞の時のような切れ味はなかった。秋華賞はさらに距離が伸びるので厳しいかもしれない。
メイショウショウブ・・・先手奪わずに中団~後方に。徐々に外に持ち出して勝ち馬の後ろをついて伸びてくる。上位4頭とは差を感じた。
スイープセレリタス・・・ペースが遅いとみるやじっくりと先手を奪った。直線の半ばまでは抵抗していた。この馬にはタイムが速すぎた。
モアナアネラ・・・後方待機策。ほぼ見せ場はなかった。
アルティマリガーレ・・・スタートで一頭だけ遅れる。遅いペースにしびれを切らせて途中で上がっていったが、直線では余力がなかった。
シャドウディーヴァ・・・位置取りは悪くなかったが、この馬にはタイムが早すぎた。
ビックピクチャー・・・レース前に東幹久の呪いが発動。

◎上位4頭ともほぼ仕上がっていた。馬体面での成長は……? ダノンファンタジーは超高速馬場が向いた。シゲルピンクダイヤはあれだけ暴れていて4着に粘ったのはすごい。どちらも距離延長は微妙なタイプなので秋華賞は展開次第では危険かもしれない。
 馬券は全然ダメでした。アルティマリガーレはもう少し力がいる馬場がいいですね。今週はnetkeibaの予想でも逆パーフェクトを達成するほど絶不調だったので当たる気が全くしませんでした。2ヶ月に1回ぐらいある、何を予想してもまったく当たらない日でした。。。

-レース回顧

Copyright© ケイバー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.