中央競馬 予想

セントライト記念 2019

更新日:

セントライト記念 結果
中山11R 2200(芝)

◎エングレーバー:プリンシパルSはゴール寸前まで粘る。機動力を活かして
○リオンリオン:ダービーは1頭だけ別レースのようなペースで逃げた
▲タガノディアマンテ:皐月賞6着。ダービーは使い詰めの疲れがあった
△ルヴォルグ:1勝クラスを楽に突破。ルメール騎手で権利取り
×メイショウテンゲン:異質のディープ産駒。どろんこ馬場なら鬼。
×モズベッロ:重馬場の前走でスイスイと突き抜ける。雨希望
×シークレットラン:中山コースで2勝。休養を挟んでここに照準
×オセアグレイト:3連勝で重賞挑戦。勢いならこれ。

 正直、どれが勝っても不思議ではない組み合わせ。データ上はダービー組が有利だが果たして。
 本命はオルフェーヴル産駒のエングレーバー。ダノンファンタジーでローズSを勝った中内田厩舎のトライアルでの強さを買う。プリンシパルSでは楽々と抜け出したところをザダルに豪快に差し切られ、前走の勝ち馬はその後OP特別で3着に走った。軽い先行力が持ち味で中山向きのタイプ。
 対抗はダービーでバカペースで逃げてロジャーバローズをアシストしたリオンリオン。こちらはルーラーシップ産駒でパワフルな走法をしている。おそらく今回も逃げるはず。他馬も無理に競りかけることはしないはず。もしかすると京成杯AHの再現になるかもしれない。雨が降っても大丈夫そう。
 タガノディアマンテは皐月賞6着・ダービー9着。とくに皐月賞では上位を占めた強豪4頭に迫る脚を見せていた。4着のアドマイヤマーズとは0.4差。ダービーは使い詰めの疲れが出ていた。フレッシュな今回は好勝負できそう。
 4番手のルヴォルグはルメール+藤沢厩舎。ルメール騎手の今年の中山芝の連対率は50%。これが重賞に限ると3-1-0-3/7の、勝率42.9%、連対率57.1%になる。ディープインパクト産駒でいまの軽い馬場もプラス。問題は当日雨予報が出ていることぐらい。
 メイショウテンゲンとモズベッロはともに雨予報なのでチョイスした。とくにメイショウテンゲンは良馬場だと厳しいがどろんこ馬場なら鬼。他に中山2勝のシークレットランとオセアグレイト。オッズ的にはシークレットランが美味しい。
 3戦3勝で現在1番人気のザダルは1番枠ということで消した。スタートを決めれば良いがそうでなければ包まれて終わりそうという懸念がある。

 馬券はエングレーバーの単勝にしました。
 明日はJRAアニバーサリーなのですべての券種が80%還元になります。

-中央競馬, 予想

Copyright© ケイバー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.