レース回顧

神戸新聞杯 オールカマー 反省会

投稿日:

 神戸新聞杯

サートゥルナーリア・・・レース直前に雨が降り始めるが、ダービーと違いスタート地点での輪乗りでも落ち着いていた。この時点でほぼ勝利は決まった。スタートではややバランスを崩すも2番手につけて、リラックスした様子で逃げた馬をマーク。持ったまま32.3の上がりで後続をまったく寄せ付けなかった。あらためて世代ナンバーワンの能力を証明した。

ヴェロックス・・・パドックでは気合いを表に出して気配が目立っていた。レースでは勝ち馬をマークするように騎手が手綱を押さえるが、何度も首を上げて行きたがる。これが最後に響いた形で直線では勝ち馬に並びかけることもできなかった。これでジャスタウェイ産駒の重賞未勝利が継続。おそらく人気になるだろうが菊花賞では思わぬ馬に足元をすくわれそう。

ワールドプレミア・・・慌てず騒がずじっくり後方から。騎手がゴーサインを出すが、やはりコーナーでの反応が悪い。馬体も思ったほど成長していなかった。良く伸びてはいるのだが、、、。

レッドジェニアル・・・パドックでのイレ込みが目立っていた。レースでは勝ち馬をつねに射程に入れる3番手を追走。口元に白い泡を吹いて力んで走っていた。最後はワールドプレミアにかわされたものの4着に踏みとどまる。これがいいガス抜きになるかもしれない。

ユニコーンライオン・・・1頭だけゼッケンの下に汗をかいていた。インで脚をためる。2400は少し距離が長いかもしれない。

シフルマン・・・逃げたものの勝ち馬にピッタリと馬体を合わされて息を入れる余裕がなかった。2000ならもう少しやれそう。

ヴィント・・・見せ場はまったくなかった。さすがに相手が強すぎた。

ジョウショウムード・・・妥当な着順。

◎サートゥルナーリアは強かったの一言。ダービーもまともなら勝っていたはず。次走はJCか香港か。ノーザンの使い分け次第。ヴェロックスは菊花賞で頭では買わない方がいいかも。ワールドプレミアは流れが向けば。レッドジェニアルは阪神より京都が良さそう。

 オールカマー

スティッフェリオ・・・すんなり先手を奪うと、後方で牽制し合う有力馬を尻目にそのまま逃げ切った。56キロが大きかった。重賞3勝目。天皇賞秋は58だけに苦戦しそう。

ミッキースワロー・・・いつも通り後方2番手を追走。3コーナーにかけて上がって行くが、いまの中山は前残りで厳しかった。この馬も56キロの恩恵が大きかった。能力は示した。G1では外人に乗り変われば一発があるかもしれない。

グレイル・・・-16で馬体が絞れていた。インコースの中団後方をゆったりと追走。直線では前が開くのを待って追い出すとレイデオロを競り落として3着に入った。切れ味勝負の東京よりも中山のようなダラダラと足を使う流れが向いている。

レイデオロ・・・パドックで落ち着いていた。外目の後方につけて3コーナーから仕掛けられるとまくり気味に上がっていくが、有馬記念の時のような迫力はなかった。まだ中身が本物ではなかったのか。前残りの馬場を考えると一応の力は見せたが……。本番はどこまで戻るか。

クレッシェンドラヴ・・・レースは中団につけたまでは良かったが、下がってきたウインブライトが邪魔になる不利が大きかった。後方まで下げて、再び追い出したロスを考えるとかなり走っている。スムーズに前が開いていれば2着はあったかもしれない。

ゴーフォザサミット・・・+16も減っていた馬体が戻った分。ゼッケンの下に白い汗がダラダラと流れていた。レースでジョッキーが控えようとするも馬が行きたがる。流れは向いていたが、直線では早々に脱落した。

ショウナンバッハ・・・流れが不向きだったのもあるが、いつも通り後方で右往左往していた。HペースでG3ぐらいなら突っ込んできそう。

エンジニア・・・3コーナー~インを上がってくる。人気を考えると好走の部類。

ウインブライト・・・+11は香港への輸送で減っていたのが戻ったもので問題はなかった。パドックでは落ち着き払った様子で馬体も張りがあった。ポジションも想定通り。3コーナーで騎手が手を動かすもすでに反応が鈍かった。直線ではズルズルと後退。クレッシェンドラヴに迷惑をかけた。休み明けと58キロが響いた?? それにしても負けすぎだが……。

トニーファイブ・・・130万円の出走手当をゲット! 小頭数のレースに出走させて確実に賞金を稼いでくる森厩舎らしい。

◎スティッフェリオは56キロの今回こそ頭で狙うべきだった。強豪が揃うG1では逃げの手は通用しないので天皇賞・秋は厳しい戦いが待っている。ウインブライトの大敗は理解不能。考えてみれば去年の富士Sでも大敗していた。レイデオロは東京で内枠を引ければまだわからない。ミッキースワローは多頭数のレースだと大外ぶん回しは厳しい。それよりは今日は大きな不利があったクレッシェンドラヴが次走の狙い目か。

 馬券ははずれました。重賞で3連単の1・2・3人気の決着なんて年に2回あるかないか。今日は観戦料と思って少額にして正解でした。

-レース回顧

Copyright© ケイバー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.