中央競馬 予想

京王杯2歳S ファンタジーS 予想

投稿日:

55回 京王杯2歳ステークス G2
東京11R 1400(芝)

◎タイセイビジョン:函館2歳Sで内を突いて猛追。ルメールが連続騎乗。

○ビアンフェ:函館2歳Sは出遅れながらも逃げ切った。スタートが決まれば。

▲マイネルグリット:小倉2歳Sを3戦3勝で突破。スピード競馬がどうか。

△ヴァルナ:C・スミヨン騎乗。

×カイトレッド:前走上がり1位を記録。流れが速くなれば。

 本命は前走で2着になったタイセイビジョン。その函館2歳Sでは直線では内から外に進路を切り替えて、勝ち馬に0.3差に迫った。ルメール騎手は京王杯2歳Sで2戦2勝とパーフェクト。頭数が少なくなる上に直線の長い東京で逆転が濃厚。ノーザンファーム生産で仕上げに抜かりはない。

 ビアンフェは函館2歳Sで出遅れながらもすぐにハナを奪って、そのまま逃げ切った。510キロを超えるキズナ産駒でスピード能力は一枚抜けている。それだけに1ハロン延長がどうか。函館2歳Sの勝ち馬は不振のデータも気にかかる。

 マイネルグリットは3戦3勝、いまだ負け知らず。データでは函館2歳S組よりも小倉2歳S組のほうが好成績を残している。新馬戦で1600を勝っているように距離延長も問題ない。前走は重馬場だっただけにスピード競馬への対応が鍵となる。

 ヴァルナは新種牡馬エピファネイアの産駒。すでに19勝をあげるなど大活躍している。前走では未勝利戦ながら逃げて上がり1位を記録。2着馬に3馬身半差をつけて完勝した。フランスのトップジョッキー、C・スミヨン騎手に乗り変わるのがなんとも不気味。

 その他、りんどう賞で上がり最速で5着に入ったカイトレッド。
 馬券はタイセイビジョンの1着固定で印のついたところへ。2歳戦なのであまり絞らない方が良さそう。

24回 KBSファンタジーS G3
京都11R 1400(芝)

◎ケープコッド:ダーレーの勢い。先行力が安定。

○ベッラヴォルタ:スタートで大きく出遅れるも、外を回って豪快に差し切る。

▲マジックキャッスル:1勝クラスでゴール直前に差される。ディープ産駒で京都向きそう。

△ヤマカツマーメイド:京都1400で馬群を割って差し切る。

×レシステンシア:新馬戦でレースセンスを見せつける。ノーザンファーム生産。

×レジェーロ:380キロの小型も阪神1400の未勝利戦を好タイムで圧勝。

×クリアサウンド:好メンバーが揃った新潟2歳Sで4着。流れが速くなれば台頭。

 本命はダイワメジャー産駒のケープゴッド。前走は先手を奪うとゴール前に手綱を緩める余裕があった。先行脚質でレースセンスが高く、直線平坦の京都が向きそう。ダーレーの勢いに賭けてみたい。

 対抗は未勝利戦を勝ち上がってきたベッラヴォルタ。スタートで大きく出遅れると、大外を回ってゴール寸前で同着にもつれ込んだ。スタミナはあきらかに一枚上の能力を示していた。ヴィクトワールピサ産駒でレースを走る度にたくましさが増している。2走前に0.1差だった相手がヤマカツマーメイドなので、スタートさえ決まれば即通用。

 マジックキャッスルは福島の新馬戦を勝ち上がるとサフラン賞で2着に入った。仕上がりの早いディープインパクト産駒で、いかにも軽い芝の京都が向いていそう。戸崎騎手がわざわざ乗りに来ることもあり馬券にはしっかり入れておきたい。

 ヤマカツマーメイドは今回と同じ京都1400の1勝クラスを勝利した。ロードカナロア産駒で軽いスピードが持ち味のタイプ。馬群を苦にしないタイプでスタートを決めてインコースで足を溜める事ができれば前走の再現が可能。

 その他、メンバーが揃っていた新潟2歳Sで4着に入ったクリアサウンド、400キロを切る馬体ながら切れ味が鋭いレジェーロ、新馬戦でレースセンスが高そうだったレシステンシアを挙げる。

 馬券はケープコッドとベッラヴォルタの2頭軸で。
 後者はスタートが決まればの条件付きだがゆくゆくはオークスにも出走できそう。

-中央競馬, 予想

Copyright© ケイバー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.