中央競馬 予想

中京記念・函館2歳ステークス

更新日:

 中京記念
 中京 11R 2000(芝)
 ヴィクトリアMで2着に入ったプリモシーンが参戦。軽量の3歳馬が挑む構図。中京最終週で馬場が荒れているのに対応できるかが鍵になりそう。土曜日は重馬場だったこともあり前に行って粘る馬が目立っていた。
 データ上で注意したいのは8枠の活躍と前走G1組の凡走が目立っていること。
 年齢では5歳~6歳、斤量は55~57が好走の条件だが、今年から降級制度が廃止された影響で傾向が変わる可能性がある。

◎グルーヴィット:NHKは前が壁になっていた。ロードカナロア産駒で道悪も苦にしない
○プリモシーン:マイルの安定勢力も切れ味タイプで荒れ馬場は割引が必要
▲クリノガウディー:NHKは厳しい流れで最後まで粘っていた
△グランドボヌール:乗り代わりで妙味あり。うまく先制ができれば
×キャンベルジュニア:好績のある8枠。休み明けも大駆け注意
×ロワアブソリュー:叩いて上積みが見込める
×カテドラル:G1で3着もある程度前につけないと厳しそう
×ヒーズインラブ:マイル重賞の実績があり

 グルーヴィットが人気してるので、クリノガウディーからの馬単にしました。他に枠連の3-3を買っています。森裕太ジョッキーが重賞を勝てるとは思えないけど……。

 函館2歳ステークス
 函館 11R 1200(芝)
 2歳最初の重賞。函館の1200メートルの新馬戦を勝ち上がった馬の活躍が目立つ程度で、他にはデータに特異な点はあまりない。意外なのはノーザンファーム生産馬が10年で12頭出走していながら未勝利なこと。今年はレッドヴェイパー・タイセイビジョンの2頭が該当する。
 あとは1月・2月生まれの馬を狙うのが面白いかもしれない。こちらの該当馬はタイセイビジョン・スマートカーリー・アザワクの3頭となる。

◎ビアンフェ:新種牡馬第一号の重賞勝ち馬へ。スタートが決まれば
○レッドヴェイパー:リーディングの安田隆厩舎。北村友一がかなり強気
▲ゴッドスター:新馬戦で大外を豪快に差し切る。タイムがかかるようなら
△パフェムリ:新馬戦で2着馬を3馬身突き放す。センス高そう
×タイセイビジョン:ルメール騎乗も阪神デビューで未知数
×ブルーパピヨン:テンのスピードは速い。2~3着の穴候補で
×メイショウナパワン:しぶといトゥザワールド産駒。3走目でさらに

素直に1-3と行きたいものの、少しひねって1と3を1・3着にして流しました。

楽天アフィ

-中央競馬, 予想

Copyright© ケイバー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.