レース回顧

レパードS 的中!

更新日:

小倉記念

メールドグラース・・・道中は後方にかまえて、包まれないように外に持ち出すと先行集団をあっという間に捕まえる。最後はカデナに詰め寄られたが57.5を背負っていたことを考えると完勝といえる。いまの実力ならG2は勝てる。
カデナ・・・完全に軽視していた。展開が向いたこともあるが、直線では勝ち馬を差し切る勢いでせまった。一時のスランプからは完全に脱した。
ノーブルマーズ・・・インが詰まるのを嫌ったのか、外目を通って先行する。タニノフランケルをかわして力を示したが、追い込み2頭に一気に差された。あと少し頑張ってくれれば……。
タニノフランケル・・・外からストロングタイタンに鼻を奪われ目算が狂った。よく粘っている。単騎でスローに落とせていればまた結果は違ったはず。
クリノヤマトノオー・・・パドックでのイレ込みは前走よりはマシだった。最後に伸びをかいたのは早めに動いた分。足の使いどころが難しい。
アウトライアーズ・・・2着馬と同じ位置取り。外を回った2着馬と違い、同馬はインをついて前が完全に詰まっていた。もしコースがあれば突き抜けていたかもしれない。が、騎手が下手すぎる。
アイスバブル・・・3コナーではすでに手が動き始めていた。やはり足をためるレースが良さそう。
レトロロック・・・手応えほどはじけなかった。
アイスストーム・・・外々を回ったにしても案外だった。ハンデ差を含めて完敗。軽い芝よりやや荒れた馬場が良さそう。
アドマイヤアルバ・・・3コーナーで見せ場はあったが、すぐに足が上がっていた。
ストロングタイタン・・・スタートしてすぐハナへ。前走よりは馬の走る気が感じられた。

レパードステークス

ハヤヤッコ・・・スタートでついていけずに後方へ。直線は余裕を持って外へ。先行争いが激しくなったこともあり、結果として展開がハマった。田辺ジョッキーは重賞4連勝となった。単勝24倍は美味すぎ。
デルマルーヴル・・・道中は先団を見る形で追走。インをついて伸びてきたトイガーを競り落とすなど最後までよく粘る。一番強い競馬をしていたのはこの馬か。
トイガー・・・中団を追走。4コーナーでは思い切って最内をついて、先に抜け出していたデルマルーヴルをかわす勢い。結果3着だったが、力は示した。東スポの虎石さんが騒ぐだけのことはあった。
ブルベアイリーデ・・・勝ち馬のさらに外を回る。一旦は頭ほどかわしていたが、ハヤヤッコに差し返された。通ったコースを考えるとよく走っている。
サトノギャロス・・・ハヤブサナンデクンが競りかける形で引くに引けなくなった。単騎なら結果は違ったはず。
ヴァイトブリック・・・位置取り・状態と完璧に見えたが、上位陣の争いに加わることはできなかった。
ハヤブサナンデクン・・・サトノギャロストと終始併せ馬状態。先にバテてしまった。
ビルジキール・・・思ったほど頑張れず。このクラスだと厳しいかも。
メスキータ・・・はじめからペースについていけてなかった。

 昨日の予想で書いていたように、レパードSのハヤヤッコの単勝が当たりました。(後出し馬券じゃないですよ)
 小倉記念もノーブルマーズがもう少し頑張ってくれれば、どちらも1点で完全的中だったんですけどね。
 今日は他でも予想が当たってnetkeibaの俺プロでは、はじめて5p獲得(9段で6位)することができました。
 土曜の予想を外しまくった反動かも。
 来週にも10段昇格が見えてきました。

-レース回顧

Copyright© ケイバー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.