レース回顧

エルムS 関屋記念 回顧

更新日:

関屋記念・エルムS 回顧

 エルムステークス

 モズアトラクション・・・道中は悠々と中団待機。3コーナーから押して上がって直線は楽に後続を突き放す完勝。展開がハマったのもあるが騎手のコース取りも完璧だった。
 ハイランドピーク・・・1番人気のグリムを見る形で中団を追走。勝ち馬には並ぶ間もなく交わされたが、この馬も動いていって先行集団をかわすなど昨年に勝利した底力を見せた。展開不向きだった前走の大沼Sではモズアトラクションと0.1秒差しかなかった。それを考えれば今回は人気を落としすぎていた。
 サトノティターン・・・580kgというとんでもない巨漢。上位2頭とは差があったが休み明けを走る馬だけあって3着を確保。ただ、これ以上大きくなるようだと長い距離は大変そう。
 レッドアトゥ・・・道中は2着馬と1着馬の間を進んでいたが、3コーナーでの反応が悪く大外を回るハメになった。目標だったグリムが早々に下がってきたのも想定外だったか。
 リアンヴェリテ・・・ドリームキラリとハナ争い。展開を考えるとかなり粘っているが、やはりラチ沿いを走れなかったのが最後にこたえた格好。
 タイムフライヤー・・・3~4コーナーでは突き抜けるかという手応えを見せる。
 グリム・・・3コーナーで早々に手応えが悪くなった。中央のダートより地方のダートのほうが良いタイプか。
 テーオーエナジー・・・位置取りは悪くなかったが、まったく見せ場がなかった。休み明けが走らないタイプだとしても負けすぎ。次走も買わないほうが良さそう。
 ドリームキラリ・・・最後は一杯一杯。やはり東京ダートは異質だった。
 マルターズアポジー・・・はじめから逃げる気を見せなかった。大差での最下位だけにダートは向いてなさそう。

 関屋記念

 ミッキーグローリー・・・ピカピカの馬体で完璧に仕上がる。後方を追走して直線では前が壁になった場面もあったが、残り200メートルでルメールがステッキを抜くと楽に差し切る。能力が違った。
 ミエノサクシード・・・先団を見る形で外目を追走。完璧なレースで勝ったかと思ったが勝ち馬が強すぎた。
 ソーグリッタリング・・・スタートを決めて3~4番手。2着馬に並ばれても最後まで抵抗するなど力を見せた。切れ味勝負では負けたが小回りコースだと良さそう。
 ディメンシオン・・・勝ち馬をブロックするように3~4コーナーを回ったのがうまかった。もう少しペースが早ければ2着はあった。
 サラキア・・・スタートは普通に決まる。ペースが早くなると読んだのか後ろに下げたが、そこでやや行きたがって首を上げるシーンがあった。最後はジリジリと伸びているが、あれなら先行したほうが良かったかも。
 ロードクエスト・・・いつも通り最後方を追走。一番外を通ってよく伸びている。ペースがもう少し早ければ。
 ロシュフォール・・・中団のインコースを追走。ダラダラと足を使った影響なのか、直線でもまったく弾けるシーンがなかった。もっと足をためないとダメなのか。
 オールフォーラヴ・・・輸送して+12kg。調整に失敗したと思われる。
 ケイデンスコール・・・スタート後下げてうまく外にコースをとる。この馬のパターンだったか、まったく伸びがみられなかった。馬体に成長が見られなかったので早熟タイプかも。

 馬券はまったくダメでした。
 とくにエルムSは大沼Sでハイランドピークがモズアトラクションと0.1秒差しかなかったことに気づいていれば取れていた可能性が高いだけに大失敗でした。

-レース回顧

Copyright© ケイバー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.