中央競馬 予想

ローズS 2019

更新日:

関西TVローズステークス G2 結果
阪神11R 1800(外・芝)

◎アルティマリガーレ:4戦3勝。3歳秋に強くなるハービンジャー産駒
○シゲルピンクダイヤ:桜花賞2着。阪神での実績を買う
▲ウィクトーリア:オークスは最後に内をついて伸びる。栗東滞在で輸送対策も万全
△スイープセレリタス:藤沢+ルメールのコンビ。距離延長は問題ない
×メイショウショウブ:1番枠を引いて先手を奪う可能性。狙う価値はある
×ダノンファンタジー:あいかわらずかかる気性が心配。人気先行
×シャドウディーヴァ:オークスでは小差。成長力のあるハーツクライ産駒で注意
×ビーチサンバ:重賞に手が届きそうで届かない善戦マン。連候補に

 実績でいえば阪神JF勝ちのあるダノンファンタジー。坂路で4F50秒を出すなど、スピード能力は抜けている。ただ桜花賞でもそうだったように道中で口を割るかかり癖が不安。
 そこで本命に4戦3勝のアルティマリガーレを取り上げる。前走は2勝クラスを辛勝。ハービンジャー産駒は3歳の秋に伸びる馬が多く、唯一の敗戦も相手は重賞級ではといわれていた馬。秋華賞に出るためにここに全力投球のはず。
 シゲルピンクダイヤは桜花賞2着馬。レースではスタートでつまずく不利があった。オークスの敗因はやはり距離に尽きる。ダイワメジャー産駒は2000以上の重賞で未勝利なのは有名だが、1800だとカレンブラックヒルが2勝をあげている。阪神の重賞で2戦2着2回の実績。調教も万全に見えたので対抗。
 ウィクトーリアはオークスで4着とダノンファンタジーに先着した。先週の阪神・芝の傾向で取り上げたヴィクトワールピサ産駒で栗東に滞在。母のブラックエンブレムはローズSで15着と大敗した後に秋華賞を制した。奥手の血統で春より成長をしているようだと好勝負必至。
 スイープセレリタスは宝塚記念などを勝ったスイープトウショウの産駒。藤沢厩舎+ルメールのコンビで権利を取りにきている。新潟ですでに高速馬場を経験済みなのも心強い。関西輸送+外枠ということでやや評価を下げた。
 他に1番枠で逃げるかもしれないメイショウショウブ、オークスでウィクトーリア・ダノンファンタジーと小差に走ったシャドウディーヴァ、距離短縮で再浮上のビーチサンバを取り上げる。

 当初はウィクトーリアが本命の予定でしたがキャプテンとかぶったのでやめました。馬券はアルティマリガーレの1着固定で3連単を買いました。メイショウショウブが2~3着に入ってくれると嬉しいです。

-中央競馬, 予想

Copyright© ケイバー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.