レース回顧

セントライト記念 反省会

更新日:

セントライト記念 反省会

リオンリオン・・・番手に控えて直線ではあっさり抜け出す。これまでとはまったく違う大人びたレースぶり。馬体の成長もあり菊花賞有力候補になった。
サトノルークス・・・中団インで脚を溜めて、直線では狭いところをこじ開けるようにして伸びてきた。皐月賞・ダービーでの大敗がウソのよう。距離はこれぐらいが良さそう。
ザダル・・・勝ち馬を見る形でレースを進める。ポジション・仕掛けどころも完璧だった。2着はあるかと思ったが、サトノルークスにかわされたところがゴール。最後は微妙に脚が上がっていたか。
ルヴォルグ・・・中団を追走。4コーナーから外目を進出し、一旦は勝ち馬に並びかけるかという勢いがあった。坂を上ったところで脚が止まる。良馬場なら差し切っていたかもしれない。
ニシノデイジー・・・重馬場の弥生賞で早めに仕掛けてバテたのを意識したのか、後方からレースを進める。内を通った馬が上位を占めており、通った位置が外過ぎた。馬はよく走っているので乗り代わりで注意。勝浦騎手だと厳しい。
タガノディアマンテ・・・最後までジリジリと伸びている。今日は馬場が向かなかった印象。
メイショウテンゲン・・・弥生賞の再現を狙って3コーナーから仕掛けていくが、馬場があの時ほど悪くはなかった。
シークレットラン・・・密かに期待していたが、見せ場はまったくなかった。
オセアグレイト・・・道中は悪くなかったが直線では余力がなかった。
ランフォザローゼス・・・パドックでややテンションが高かった。
エングレーバー・・・パドックでは完璧に見えた。道中は勝ち馬の直後をキープ。直線入り口で内から寄られる不利があったが、その時にはすでに手応えがなかった。450キロと非力なタイプで今日の馬場がかなり応えたか。良馬場でもう一度見直したい。
モズベッロ・・・まったく敗因が掴めない。調子は悪くなさそうに見えたが……?

◎データ通りダービー組が勝利した。リオンリオンはダービーとは別馬のようなレースぶり。てっきり逃げると思っていただけに驚かされた。まるでキタサンブラックのよう。菊花賞も有力候補。他だと内を通った馬より外を通った馬の方が期待できそう(オッズ的に)。エングレーバーは体調は万全だったと思います。他のオルフェーヴル産駒も馬券外に負けているので今日のような馬場は不向きだったかも。実は近年の道悪馬場だとステイゴールド産駒の成績もかなり落ちていて、エアレーションの影響で雨が降っても以前の巧拙が通用しない気がします。
 馬券はまったくダメでした。中山は先週の傾向通りに内枠の馬を買うべきでした。今日も反省反省。

※追記:パトロールビデオを見たら横山典弘のリオンリオンがナイママを思い切り外に吹き飛ばして、エングレーバーらに不利がありました。そのおかげで内の進路が開いてザダルとサトノルークスが抜けだしてこれました。あれがなければ上位3頭はごちゃついていた可能性が高いです。 横山典弘騎手は過怠金10000円となっています 。

-レース回顧

Copyright© ケイバー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.