中央競馬 予想

神戸新聞杯 オールカマー 予想

更新日:

神戸新聞杯 G2 結果
阪神11R 2400(芝)

◎サートゥルナーリア:ダービーはレース直前のイレ込みが敗因。順当に巻き返す。
○ヴェロックス:ダービーではライバルに先着。2400の適正はこちらが上か。
▲シフルマン:展開利が見込める。いかにもトライアルタイプで
△レッドジェニアル:G2勝ちの実績。ダービーでは3・4着馬と小差。
×ワールドプレミア:しぶとい追い込みが持ち味。春は早々と休養にあてて成長をうながす。

 ダービーで1・2番人気に推されながらもともに敗れたサートゥルナーリアとヴェロックスの一騎打ちムード。


 ダービーでのサートゥルナーリアはスタート地点で激しいイレ込みが目立っていた。スタートで出遅れて外々を回らされ、最後は脚が完全に上がってヴェロックスに交わされた。休養を挟んだ今回は精神的にゆとりがあるはず。休み明けの皐月賞を差し切ったように元々能力は上。跳びが大きいタイプだが血統的には雨が降っても大丈夫そう。

 ヴェロックスはサートゥルナーリアを意識するあまり仕掛けが遅れた。皐月賞2着・ダービー3着と成績は安定しており大崩れは考えにくい。G2のこのレースは鞍上も自然体にかまえるはず。唯一の不安はジャスタウェイ産駒はいまだに重賞未勝利な点。同馬も東京スポーツ杯を取りこぼすなど勝負弱い面があり2番手にした。

 シフルマンは若葉Sでヴェロックスの3着後、新潟1勝クラス・阪神2勝クラスと連勝。先行脚質で小頭数のここは展開利が見込めるうえ、ハービンジャー産駒で夏を越して成長している可能性が高い。いかにもトライアルレースで好走するタイプに見える。

 レッドジェニアルは京都新聞杯で重賞を勝利。その時の2着馬がダービーを勝ったロジャーバローズ。この馬もサートゥルナーリアと0.3差に走っており、スタートで出遅れたことを考えると能力は示した。同じコースのアザレア賞で4着と敗れているが、長い直線が不利になるとは思えない。

 ワールドプレミアは休養前の若葉Sでヴェロックスの2着に入った。3~4コーナーの勝負所でかなり手応えが悪くなり後方まで下がる物の、直線だけで盛り返してきた。その後、成長を促す意味で休養に充ててきた。勝負所で置かれる不器用さが解消されているようなら上位2頭に割って入れる可能性がある。

 馬券はサートゥルナーリア→シフルマンの馬単にしました。
 ヴェロックスとの組み合わせを買ってもしょうがないので。

産経賞オールカマー G2 結果
中山11R 2200(芝)
◎ウインブライト:香港ではリスグラシューに、中山ではディアドラに先着。58キロでも。
○レイデオロ:昨年の勝ち馬。パドックで落ち着いていれば能力発揮。
▲スティッフェリオ:大坂杯で0.5差。先行脚質でいまの中山に合う
△ゴーフォーザサミット:藤沢厩舎の2頭出し。もしかすると先制の可能性
×ミッキースワロー:56kは有利も外を回すようだと届かない恐れ。

 逃げ馬不在。いちおうトニーファイブがハナを切る想定だが、スタート次第で思わぬ馬が流れを作る可能性も……?


 ウインブライトは中山記念でディアドラ、香港ではリスグラシューと並み居るトップホースを相手に正攻法で勝利してきた。中山で重賞4勝と得意にしており、気性も素直でどんな展開にも対応可能。4連勝達成の確率は高い。58キロもすでに金杯で勝利している。

 レイデオロはドバイシーマ・宝塚記念と人気を裏切ってきた。パドックで落ち着いて周回できているかどうかが取捨の鍵となる。今回はルメール騎手から福永騎手にチェンジ。関東圏では安定した成績を残しているので二番手に。

 スティッフェリオはウインブライトと同じステイゴールド産駒。宝塚記念では1.6秒と勝ち馬から突き放されたが、前々走の大坂杯では7着ながら勝ち馬とは0.5差に走っていた。440キロ台と馬格のないタイプで斤量が58→56キロと2キロ減るのはプラス。また先行脚質で、逃げ馬不在の今回は展開が有利に流れる可能性がある。

 ゴーフォーザサミットは3歳時に青葉賞を制した。ダービーではダノンプレミアムの0.2秒差に入線しており、G2で通用するだけの下地はある。前走の札幌記念は強敵が揃っていて-12と歯が立たなかった。今回はいくぶん相手が楽になり、流れ次第で好走もありうる。

 ミッキースワローは3歳時に同じコースで行われたセントライト記念でアルアインを見事に差し切った。七夕賞では57.5を背負って早めに仕掛けると、不向きと思われていた小回りコースで勝利した。前走同様後ろから行って3コーナーからまくりを仕掛けると予想される。2キロ減は有利だが、いまの中山はインが残る馬場になっており、あまり外を回ると間に合わない恐れがある。

 馬券はウインブライト→ゴーフォーザサミットの馬単にしました。
 もしかするとゴーフォーザサミットが先行策に打って出るのではないかという期待込みです。いまの中山はとにかくインを先行した馬に有利な馬場なので後ろから行ったら話にならないと思います。

-中央競馬, 予想

Copyright© ケイバー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.