レース回顧

天皇賞・秋 反省会

投稿日:

天皇賞・秋

アーモンドアイ・・・いつになくスタートを決めて4番手につける。スローペースも完璧に折り合い、直線は進路を選ぶ余裕があった。現役最強の力をいかんなく発揮した。これでまだ仕上がり途上というのだから恐ろしい。

ダノンプレミアム・・・パドックでは2人引きで、馬体は少しだけ緩い感じ。安田記念と打って変わって好発を決める。アーモンドアイを塞ぐように4~5番手の理想のポジションで折り合った。直線は瞬発力勝負で勝ち馬に離されたものの、2着を死守した。最後は後ろの馬に詰められていた。今日の競馬で負けたら相手を褒めるしかない。

アエロリット・・・1000メートル59秒のスローペースに持ち込む。直線では2着馬を差し返しかけた。2000でも展開次第でやれるところを見せた。東京専用馬か。

ユーキャンスマイル・・・パドックでの気配が目立っていた一頭。最後は同世代のダービー馬を超える脚で伸びてきた。もう少しペースが流れていれば確実に2着には入れたはず。上がり33.7秒はアーモンドアイを上回る1位。次走要注意。

ワグネリアン・・・-10と完璧に仕上がっていた。スタートは普通だったが無理に前をおいかけずに中団に下げる。最後はユーキャンスマイルと一緒に伸びてきた。上がり34.0秒。ペースと枠順を考えると良く走っている。

サートゥルナーリア・・・ダービーよりは落ち着いていた。スタートで1馬身ほど遅れる。ジョッキーが促すとスッと先行集団につけたがそこで足を使ったのが最後の伸びに響いたかもしれない。直線では抜けだしかかるも300メートルほどで脚が上がっていた。過去にはオグリキャップやディープインパクトらも3歳時の古馬対戦では負けているので、これで同馬の評価が落ちることはない。来年以降はG1を勝てるはず。

スワーヴリチャード・・・馬体は完全に仕上がっていた。スタートはめずらしく良かった。道中はアーモンドアイを見る形でインコースを追走。馬は少しだけ行きたがっていた。上がり34.3秒と伸びている。他の馬とは切れ味で負けていた。ハーツクライ産駒のこの馬にするともっとペースが流れて欲しかった。

ウインブライト・・・一叩きされて馬の気合いが乗っていた。最後はジリジリと伸びていた。復調したと見て良さそう。

マカヒキ・・・パドックで馬に活気がなかった。スローペースとはいえ衰えは隠せない。

アルアイン・・・終始外を回らされる。直線はズルズルと後退した。東京2000の外枠がどれだけ不利か良くわかる。次走は変わってくるはず。

ランフォザローゼス・・・スローペースで馬が行きたがる。最後は完全にバテていた。

◎メジロマックイーンvsトウカイテイオーの天皇賞・春と似たような結果になりました。思い返せばカミノクレッセも前哨戦でマックイーンに負けていて本番では2着に入りました。今日はダノンプレミアムがカミノクレッセでした。
 アーモンドアイはジャパンカップも楽勝しそうです。サートゥルナーリアは来年に期待したいです。ユーキャンスマイルはG3がステップの馬は苦戦というデータで無印にしていました。アエロリットは人気を集めて飛ぶのが恒例パターンなので、次走出てきたら積極的に消したいです。
 馬券はハズレましたが、アーモンドアイを1着固定にしてたので気分的には的中です。

-レース回顧

Copyright© ケイバー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.