平安ステークス 予想

出馬表・京都11R 平安SG3 2020年 5月23日(土) 3回京都9日目 14頭 [15:35発走]
【11R】  第27回平安S
4歳以上・オープン・G3(別定)(国際)(指定) ダート1900m
馬名性齢斤量替 騎手予想コメント
1 1 アシャカトブ牡4 56 武藤雅2キロ増量も4歳の勢い。
2 2× ロードレガリス牡5 56*池添謙一京都ダートは4戦4勝。
3 3 ヒストリーメイカー牡6 56*畑端省吾調教に勢いがあり穴で一考。
3 4  ハヤヤッコ牡4 57*斎藤新京都ダートは苦手の印象。
4 5 オメガパフューム牡5 59*北村友一イメージよりも休み明け走るも。目標は次で。
4 6  ヒロブレイブ牡7 56*国分恭介オープンクラスで馬券圏内はなく。
5 7× ゴールドドリーム牡7 58*藤岡佑介中央のダートならライバルを圧倒。
5 8  スマハマ牡5 56*坂井瑠星京都よりも中京が得意のタイプで。
6 9  ミツバ牡8 58*松若風馬中央のダートだとスピード不足。
610 スワーヴアラミス牡5 57*松田大作2走前はロードレガリスと後続を突き放し。
711× ヴェンジェンス牡7 57 幸英明フェブラリーは苦手の左回り。得意の京都で。
712× マグナレガーロ牡5 56*北村宏司5戦4勝とダートでいまだ底を見せていない。
813  アッシェンプッテル牝4 54*太宰啓介牝馬でダート強豪牡馬相手は厳しい。
814  ダンツゴウユウ牡6 56 酒井学前走小回りの福島で5馬身差の圧勝。

ダートG1で好勝負を繰り広げてきたゴールドドリームとオメガパフュームが登場。両頭とも目標はこの次の帝王賞だろう。そうなると、ロードレガリス・スワーヴアラミスらダート新興勢力にもつけいる隙はある。

本命は前走の仁川Sで勝ったヒストリーメイカー。京都はどうか? という気がしないでもないが、東海Sでは0.7差の6着と踏ん張っていた。内枠なのでスタートを決める必要はあるが、調教の動きがなかなか良かった。メンバーが揃ってほとんど人気をしないはずなので狙ってみたい。

対抗はマーチSでダート重賞勝利したスワーヴアラミス。ダートでいまだ3着以下がない。京都は【1-1-0-0】。前々走では勝ちに行ったところをロードレガリスにまんまと目標にされた。それでも3着馬には5馬身差をつけていたように能力は高い。今回は並びが逆になりレースがしやすくなるだろう。馬券の軸としてはこちらが適任。

アシャカトブは3勝クラスを突破して挑戦したマーチSで4着と健闘した。今回は2キロ増量となる。常識的には厳しいが、データからは4歳馬の活躍が目立っており、該当するのはこの馬の他に2頭しかいない。初の京都は未知数だが、かしわ記念で同世代のワイドファラオが古馬強豪を相手に大金星をあげたように狙ってみる価値はありそう。

オメガパフュームは、ここが約5ヶ月ぶりの復帰戦となる。目標はあくまでも次の帝王賞だが、実績的には一枚抜けた存在であるのも事実。調教ではいつも通りの動きを示しており、いきなり勝っても不思議はない。59キロも、昨年の平安Sで実際に3着に入っており問題ないだろう。

その他、中央ダートG1・2勝のゴールドドリーム、中央再転入後4連勝のロードレガリス、右回りで見直しのヴェンジェンス、5戦4勝のマグナレガーロをあげる。

畑端省吾騎手は今年のダート成績が【0-3-3-16】と勝てていないので、馬券はヒストリーメイカーを2~3着付けで勝負したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました