G1レースでの単勝1倍台のオッズ別信頼度

1986年以降、JRAのG1レース(障害を含む)で1番人気に支持された馬の、単勝1倍台でのオッズ別の信頼度を調べてみました。

レース一覧・クラス:G1

G1レースでの単勝オッズ別集計

単勝オッズ 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1.0~ 1.4 49- 13- 4- 7/ 7367.1%84.9%90.4%8497
1.5~ 1.9 49- 33- 15- 39/13636.0%60.3%71.3%6081
2.0~ 2.9 97- 49- 41- 92/27934.8%52.3%67.0%8385
3.0~ 3.9 44- 33- 26- 77/18024.4%42.8%57.2%8486
4.0~ 4.9 15- 7- 5- 31/ 5825.9%37.9%46.6%11287
5.0~ 6.9 0- 3- 0- 10/ 130.0%23.1%23.1%047
集計期間:1986. 4. 6 ~ 2020.11.15

単勝1倍台のオッズ別成績・詳細

単勝オッズ着度数勝率連対率複勝率
1.0倍1-0-0-0100%100%100%
1.18-0-1-089%89%100%
1.210-2-0-177%92%92%
1.318-8-0-264%92%92%
1.412-3-3-454%68%81%
1.511-10-3-1230%58%66%
1.610-3-2-355%72%83%
1.712-8-2-840%66%73%
1.86-7-5-724%52%72%
1.910-5-3-937%55%66%

唯一の単勝1.0倍は2005年の菊花賞@ディープインパクトで、見事1着となった。

現在はプラス10というシステム(払い戻しが100円の場合、一部を除き10円加算される)があり、100円の元返しになることはない。ディープインパクトの菊花賞もいまなら110円になっていた。

単勝1.0倍~1.3倍までは連対率が90%を超える。

単勝1.4倍の連対率は3回に2回で、逆にいえば3回に1回は2着を外す。

単勝1.5倍をさかいにして勝率が50%を下回る。

単勝1.8倍の連対率は50%。

ダートのG1レースは年間にフェブラリーSとチャンピオンズCの2レースだけで、単勝1倍台の人気を集めた馬は過去に9頭しかいない。そのうち掲示板を外した馬は1頭だけで、12年のフェブラリーS@トランセンドが単勝1.5倍で7着に敗れた。

障害のG1レースは年間に中山大障害と中山グランドジャンプの2レースだけで、単勝1倍台(1.0~1.9)の信頼度は、勝率34%・連対率56%・複勝率65%で、芝のG1レースより信頼度が落ちる。全23頭のうち競走中止した馬は2頭いる。

単勝1倍台で負けた主な馬

オッズ負けた馬とレース
1.0なし
1.198年・スプリンターズS@タイキシャトル
1.298年・天皇賞(秋)@サイレンススズカ=レース中止
90年・宝塚記念@オグリキャップ
87年・エリザベス女王杯@マックスビューティ
1.320年・安田記念@アーモンドアイ
13年・天皇賞(春)@ゴールドシップ
12年・天皇賞(春)@オルフェーヴル、他
1.417年・宝塚記念@キタサンブラック
04年・オークス@ダンスインザムード
98年・エリザベス女王杯@エアグルーヴ、他
1.519年・有馬記念@アーモンドアイ
94年・天皇賞(秋)@ビワハヤヒデ
92年・天皇賞(春)@トウカイテイオー、他
1.619年・ダービー@サートゥルナーリア
15年・桜花賞@ルージュバック
07年・ダービー@フサイチホウオー、他
1.714年・天皇賞(春)@キズナ
09年・皐月賞@ロジユニヴァース
96年・秋華賞@エアグルーヴ、他
1.816年・スプリンターズS@ビッグアーサー
01年・有馬記念@テイエムオペラオー
89年・有馬記念@オグリキャップ、他
1.917年・ヴィクトリアマイル@ミッキークイーン
00年・菊花賞@アグネスフライト
91年・ジャパンカップ@メジロマックイーン、他

単勝1.1倍で負けたのは98年のスプリンターズS@タイキシャトルで、同馬の引退レースだった。勝ったのはマイネルラヴで、アタマ+クビ差でタイム差は0.0秒だった。

1.2倍~1.4倍で負けた馬にはオグリキャップをはじめとして殿堂入りしたスーパーホースの名前が並ぶ。

データが残っている中では平地のG1レースで1番人気馬が競争中止した例は、87年・有馬記念@桜スターオー、91年・スプリンターズS@ケイエスミラクル、98年・天皇賞(秋)サイレンススズカ、02年・菊花賞@ノーリーズンの4例になっている。

単勝1倍台の騎手別成績(現役騎手のみ)

レース検索

騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
武豊19-10- 4-10/4344.2%67.4%76.7%6085
ルメール 7- 1- 3- 3/1450.0%57.1%78.6%7586
福永祐一 6- 1- 1- 1/ 966.7%77.8%88.9%9698
石神深一 6- 0- 0- 0/ 6100.0%100.0%100.0%125106
和田竜二 4- 1- 0- 1/ 666.7%83.3%83.3%11391
岩田康誠 3- 2- 0- 0/ 560.0%100.0%100.0%78110
M.デム 3- 1- 0- 0/ 475.0%100.0%100.0%140115
池添謙一 2- 0- 0- 2/ 450.0%50.0%50.0%7555
松山弘平 2- 0- 0- 0/ 2100.0%100.0%100.0%150120
横山典弘 1- 2- 1- 2/ 616.7%50.0%66.7%2571
川田将雅 1- 2- 0- 1/ 425.0%75.0%75.0%3085

G1レースで単勝1倍台の馬に乗る機会がもっとも多いのが武豊騎手で、43回と群を抜いている。勝率44%は平均的な数字。これは武豊騎手が騎乗するということで実力以上に人気をするためだと思われる。

ルメール騎手の単勝1倍台の馬は、19年・皐月賞@サートゥルナーリアだけが牡馬で、残りは牝馬になっている。

福永騎手が着外に敗れたのは、16年・スプリンターズS@ビッグアーサーの1頭だけ。

石神騎手の騎乗はすべて障害レース@オジュウチョウサンで、勝率100%。

岩田・デムーロ・松山の3人の騎手は連対率が100%。

意外にも横山典弘騎手が単勝1倍台でG1を勝ったのは1度のみ(09年・ヴィクトリアマイル@ブエナビスタ)。

川田騎手の唯一の勝利は、14年・オークス@ハープスター。

単勝1倍台のレース別成績とアラカルト

レース検索

レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
優駿牝馬G1 6- 2- 1- 2/1154.5%72.7%81.8%8998
天皇賞春G1 6- 2- 0- 5/1346.2%61.5%61.5%6667
菊花賞G1 6- 2- 0- 1/ 966.7%88.9%88.9%9196
中山グラJG1 6- 2- 0- 3/1154.5%72.7%72.7%7180
安田記念G1 5- 4- 2- 0/1145.5%81.8%100.0%70111
有馬記念G1 5- 3- 0- 3/1145.5%72.7%72.7%6982
秋華賞G1 5- 2- 1- 2/1050.0%70.0%80.0%6886
朝日杯3G1 5- 1- 0- 0/ 683.3%100.0%100.0%125111
皐月賞G1 5- 0- 1- 1/ 771.4%71.4%85.7%10492
東京優駿G1 5- 0- 0- 2/ 771.4%71.4%71.4%10281
宝塚記念G1 4- 5- 1- 3/1330.8%69.2%76.9%4383

・G1レースで単勝1倍台の勝率が一番低いレースは天皇賞(秋)で、【2-2-0-3】と勝率は28%になっている。勝利した2例はいずれもアーモンドアイ。91年には単勝1.9倍の支持を集めていたメジロマックイーンは1位入線後に斜行で18着に降着になった。

・ダービーで皐月賞1着馬が単勝1倍台の指示を集めて敗れたのは、19年のサートゥルナーリアのみ。

・1位のオークスだが、武豊騎手は1倍台の馬に3回乗って2着・7着・4着と勝てていない。

・有馬記念で単勝1倍台の支持を集めて敗れた馬は6頭いて、うち4頭(オグリキャップ・メジロマックイーン・テイエムオペラオー・ディープインパクト)が、後に顕彰馬に選ばれている。残りの2頭はブエナビスタとアーモンドアイ。

・安田記念で単勝1倍台の馬が馬券圏内(3着)を外した例はまだない。

・朝日杯時代には1番人気が活躍していたが、フューチュリティーSに改名後は1倍台の馬は【0-2-1-1】と勝てていない。

・皐月賞で単勝1倍台の支持を集めた馬は、すべてG1馬になっている。

・菊花賞で馬券圏外に沈んだ馬は00年のアグネスフライトの1頭だけ。

・無敗の三冠に挑戦して、2着に敗れた92年のミホノブルボンの単勝は1.5倍だった。

・天皇賞(秋)ほどではないが、ジャパンカップも単勝1倍台の馬が勝率37%と低い。10年にはブエナビスタが2着に降着になった。全体では【3-1-2-2】で、1倍台で勝った3頭はテイエムオペラオー、ディープインパクト、アーモンドアイの3頭。

コメント

タイトルとURLをコピーしました