G1 中央競馬 予想

ホープフルS 予想

更新日:

36回 ホープフルステークス G1
土曜 中山11R 2000(芝)

 この先はクラシックへ続く道。

◎ワーケア:今週もハーツクライ産駒。ノーザンファームのG1連勝記録を担う。

○コントレイル:東京スポーツ杯は圧巻の5馬身差。R・ムーア騎手も絶賛の素質馬。

▲オーソリティ:同コースのOPを余裕のある勝ちっぷりで勝利。

△ヴァルトライゼンデ:兄は有馬記念3着。O・マーフィー騎乗。

×パンサラッサ:不良なら無類の強さを発揮。3着候補に。

 昨年の勝ち馬のサートゥルナーリアは、その後皐月賞を勝利。クラシックに直結することを証明した。
 さらに今年のG1レースではノーザンファーム生産の馬が連勝中。今週はヴェルトライゼンデ、ワーケア、オーソリティ、ラインベックがスタンバイ。迎え撃つコントレイルはノースヒルズ生産馬。前走では東京スポーツ杯を5馬身差で圧勝したが楽観視はできない。
 例年人気サイドの決着が多く、データからは前走1着の馬がかなり強い。

 本命は、有馬記念でアーモンドアイを飛ばしたルメール騎手が騎乗するワーケア。前走は重馬場のアイビーステークスを楽勝した。相手が楽だった印象は拭えないが、それでも上がり33.3は立派。追えばさらに伸びそうな雰囲気があった。6月デビューは昨年のサートゥルナーリアと同じ。今年2歳世代が大当たりだけでなく有馬記念はリスグラシューが勝つなど、ハーツクライの勢いに乗っかりたい。

 コントレイルは東京スポーツ杯で5馬身差の圧勝をおさめた。1.44.5は2歳レコード。同日に行われた2歳新馬戦(1600)では1.33.3が出たように超高速馬場だった。今回は新馬戦で手綱を取った福永騎手に戻る。おそらくこの馬が1番人気になるはず。瞬発力勝負なら問題ないが、中山は最終週で芝が荒れてタイムがかかり始めているため過信は禁物。

 オーソリティはオルフェーヴル産駒。芙蓉ステークスでは中団で折り合うと楽に抜け出した。ここは一気に相手強化されるが、すでに中山2000を経験済みという点は、2歳の若駒にとって大きなアドバンテージとなる。

 舌を噛みそうな名前のヴァルトライゼンデはドリームジャーニー産駒。調べてみたところ同世代の父産駒は同馬を含む3頭のみ。1頭が未出走で、残りの2頭(この馬とスワーヴドン)はすでに勝ち上がっている。半兄は菊花賞馬で有馬記念3着に入ったワールドプレミア。前走の勝ちっぷりを見た限りは物足りない印象だが、O・マーフィー騎乗で無視はできない。あと今年のG1で好成績をあげている5番枠に入ったというのも不気味。

 パンサラッサはロードカナロア産駒。エリカ賞では逃げたヒュッゲの2番手につけると直線では離されて6着に終わった。データからはかなり厳しい(G2時代を含めても1勝クラスで負けた馬の連対はゼロ)。2走前の不良馬場(未勝利戦)での勝ちっぷりがあまりに鮮やかなので、念のため3着候補としてあげる。

 馬券はワーケアの1着固定でコントレイルとオーソリティにしました。
 有馬記念が腰砕けだったので、ここはしっかり当てて令和元年の中央競馬を締めくくりたいです。

競馬ランキング

-G1, 中央競馬, 予想

Copyright© 議長の競馬評議会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.