紫苑ステークス 過去10年

歴代優勝馬

日付馬名性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
190907パッシングスルー牝3戸崎圭太5415 03-03-032
180908ノームコア牝3ルメール5414 04-06-052
170909ディアドラ牝3岩田康誠5416 11-10-111
160910ビッシュ牝3戸崎圭太5418 13-06-021
150912クインズミラーグロ牝3吉田豊5410 10-10-088
140913レーヴデトワール牝3川田将雅544   05-045
130907セキショウ牝3吉田豊5413 01-01-016
120908パララサルー牝3三浦皇成545 09-10-111
110910カルマート牝3安藤勝己546 07-07-044
100911ディアアレトゥーサ牝3内田博幸547 05-06-052
集計期間:2010. 9.11 ~ 2019. 9. 7

3歳牝馬クラシックの最終戦・秋華賞へ向かうステップレースの一つで、主要ステップレースであるローズSが阪神競馬場に対して、紫苑Sは関東馬のために中山競馬場で行われる。。歴史は浅く、2016年に重賞に昇格。それ以前はOP特別として行われていた。

距離は本番と同じ2000メートルで、16年のビッシュと17年のディアドラは、ここをステップに秋華賞を勝利している。

人気別集計

人気着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気3- 2- 2- 3/ 1030.0%50.0%70.0%103103
2番人気3- 1- 0- 6/ 1030.0%40.0%40.0%13765
3番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%021
4番人気1- 1- 2- 6/ 1010.0%20.0%40.0%76105
5番人気1- 1- 1- 7/ 1010.0%20.0%30.0%13591
6番人気1- 4- 1- 4/ 1010.0%50.0%60.0%84171
7番人気0- 0- 2- 8/ 100.0%0.0%20.0%063
8番人気1- 0- 1- 8/ 1010.0%10.0%20.0%12788
9番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
10~人気0- 0- 1- 72/ 730.0%0.0%1.4%018

1番人気の勝率は30%とイマイチだが、複勝率は70%で平均をやや上回る。

2番人気も3勝と勝率では1番人気と互角の成績を残している。

3番人気は2着が1回あるのみと不振で、6番人気が連対率50%と活躍している。

例年、フルゲートに近い多頭数で行われるが、9番人気以下で馬券になったのは、11年のコスモバタフライの3着が1回あるのみで壊滅状態に近い。無用な穴狙いは避けた方が身のため。狙うとしても当日で8人気以内の馬にしたほうがいい。

前走クラス別集計

前走クラス着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
未勝利0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%00
1勝4- 3- 4- 58/ 695.8%10.1%15.9%4357
2勝3- 3- 1- 19/ 2611.5%23.1%26.9%9368
3勝0- 0- 0- 0/ 0     
OPEN非L0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%048
OPEN(L)0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
G30- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%040
G21- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%11.1%4616
G12- 2- 5- 23/ 326.3%12.5%28.1%2460

さすがに前走・未勝利戦の馬は厳しいが、前走1勝・2勝クラスの条件戦を走っていた馬の活躍が目立つ。昨年のパッシングスルー(前走1勝クラス)や、17年のディアドラ(2勝クラス)のように、重賞昇格後も傾向は変わらない。これは春のクラシックに間に合わなかった素質馬が秋に向けて調子を上げてくるパターンがあるためで、前走が条件戦の馬だからといって甘く見ないほうが良い。

一方、前走重賞組は全体で【3-3-5-39】と苦戦の傾向にある。オークス・2着の実績を買われて1番人気に推されていたカレンブーケドールやピュアブリーゼのように人気を裏切るケースもあるので過信は禁物だ。

前走が芝のレース&条件戦の場合は、1着の馬が【5-4-3-25】で、さらに勝った7頭は前走で1~4人気に推されていたというデータがある。

条件戦(芝)1着&4人気以内・・・クロスセル、スマートリアン、ミスニューヨーク、ラヴユーライヴ

未勝利戦・・・エバーマノ、コトブキテティス、ベデザンジュ

前走平地距離別集計

前走平地距離着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1600m4- 0- 0- 9/ 1330.8%30.8%30.8%27683
1800m2- 5- 4- 54/ 653.1%10.8%16.9%2466
2000m3- 2- 1- 29/ 358.6%14.3%17.1%3231
2200m0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%066
2400m1- 2- 5- 21/ 293.4%10.3%27.6%1059

一部、ダートや連対のなかった距離を省略しているが、馬券になったのは前走が芝のレースで1600/1800/2000/2200/2400のどれか。

前走が1400メートル以下やダートだった馬は消しで問題ない。

一見すると前走1600が4勝をあげていて優秀に見えるが、これはすべてOP特別時代のもので、重賞昇格後に限ると前走1800~2400メートルに限られる。ちなみに2400メートルのレースはオークスとなっている。

前走1700メートル以下・・・シーズンズギフト、ストリートピアノ、スマートリアン、フラワリングナイト

間隔別集計

間隔着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
連闘0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
2週0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
3週3- 0- 0- 9/ 1225.0%25.0%25.0%23973
4週1- 2- 1- 17/ 214.8%14.3%19.0%1145
5~ 9週2- 5- 2- 32/ 414.9%17.1%22.0%2376
10~25週4- 3- 7- 65/ 795.1%8.9%17.7%3244

前走が重賞組と条件戦組では明確な違いがあり、前走がG1を含む重賞組の場合はレース間隔が3ヶ月以上開いていて問題ないが、前走が前走が条件戦の場合は中2~12週以内に使われているのが条件となる。

間隔・中2~12週・・・デジマノハナ、マリノソフィア、ミスニューヨーク、ラヴユーライヴ、他

脚質上り別集計

脚質上り着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ1- 0- 2- 9/ 128.3%8.3%25.0%7073
平地・先行3- 2- 3- 25/ 339.1%15.2%24.2%77102
平地・中団5- 8- 5- 57/ 756.7%17.3%24.0%3854
平地・後方0- 0- 0- 41/ 410.0%0.0%0.0%00
平地・マクリ1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%15570

芝の状態が良い開幕週に行われるため基本的には前につけれる馬が有利と思われがちだが差し馬も十分届いている。

追い込みは【0-0-0-41】とまったく馬券になっていないので、スタートしてある程度ポジションを取れる馬がいいだろう。

馬番別集計

馬番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1番0- 2- 2- 6/100.0%20.0%40.0%084
2番0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%027
3番0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
4番1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%13536
5番1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%4741
6番1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%7683
7番1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%5051
8番0- 0- 1- 8/ 90.0%0.0%11.1%034
9番0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%057
10番1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%127174
11番0- 2- 2- 6/100.0%20.0%40.0%0138
12番0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
13番1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%8453
14番1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%4229
15番1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%11.1%5016
16番1- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%16.7%4120
17番0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
18番1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%7735

二桁馬番の馬が6勝をあげているように枠順は気にしなくていい。しいて言うなら多頭数で内枠の馬は不利を受けやすい。とくに内枠の差し・追い込みタイプはレースの流れ次第によっては馬群に囲まれたまま何も出来ずに終わるケースもありうる。

前走オークス組

馬名着順前々走
19フェアリーポルカフローラS・5着
19カレンブーケドールスイートピーS・1着
18マウレア桜花賞・5着
18ランドネスイートピーS・1着
16ビッシュフローラS・5着
16フロンテアクイーンフローラS・4着
14マイネグレヴィルフローラS・8着
10コスモネモシン桜花賞・8着

あまり頼りにならないオークス組だが、馬券になった馬の前々走を見るとフローラSかスイートピーSのオークストライアルを使われていた馬が多い。

2000メートルとある程度のスタミナを要求されるため、前々走で桜花賞を使われていた馬よりはオークストライアルを使われていた馬を狙ってみたい。

前々走フローラS・・・ホウオウピースフル

まとめ

前走・条件戦組でデータにあてはまるのは、ミスニューヨークとラヴユーライヴの2頭のみ。馬券になった全馬は2000メートル以上のレース経験があった。これはフローラS組が活躍しているデータに通じるものがあるので、距離経験という意味でラヴユーライヴを上位に見たい。

前走オークス組ではフローラS・2着の実績からホウオウピースフルとなる。

推奨ラヴユーライヴ
減点ありホウオウピースフル
ミスニューヨーク

コメント

タイトルとURLをコピーしました