京王杯2歳ステークス 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
201107モントライゼ牡2ルメール 55 6   02-022
191102タイセイビジョン牡2ルメール 55 4   06-061
181103ファンタジスト牡2武豊 55 1   03-032
171104タワーオブロンドン牡2ルメール 55 1   06-071
161105モンドキャンノ牡2ルメール 55 13   09-083
151107ボールライトニング牡2蛯名正義 55 18   03-022
141108セカンドテーブル牡2戸崎圭太 55 3   01-0111
131109カラダレジェンド牡2田辺裕信 55 13   02-025
121110エーシントップ牡2浜中俊 55 12   02-025
111112レオアクティブ牡2横山典弘 55 7   13-135
集計期間:2011.11.12 ~ 2020.11. 7

2歳・最初のG2レース。過去にはグランプリボスがここから朝日杯を連勝した。近年は有力馬がレースを絞る傾向にあり、G1を狙うような大物が参戦してくることはあまりない。

昨年は小倉2歳Sで2着だったモントライゼが勝利した。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 2- 2- 2- 4/ 1020.0%40.0%60.0%3976
2番人気 3- 0- 1- 6/ 1030.0%30.0%40.0%12472
3番人気 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%7434
4番人気 0- 1- 4- 5/ 100.0%10.0%50.0%0117
5番人気 3- 1- 1- 5/ 1030.0%40.0%50.0%376174
6番人気 0- 2- 1- 7/ 100.0%20.0%30.0%095
7番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%055
8番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%061
9番人気 0- 2- 0- 7/ 90.0%22.2%22.2%0246
10~人気 1- 0- 0- 44/ 452.2%2.2%2.2%7617

1番人気の勝率は20%と低い。かといって6番人気以下で勝利した馬は1頭だけで、単勝を狙うなら5番人気以内の馬になる。14年・セカンドテーブルが11番人気で勝利したのが、10人気以下で馬券になった唯一の事例となっている。

三連単の平均配当は8万円で、2歳戦のわりにそこまで高くない。

牝馬は【0-2-0-27】で、かなり悪い。2着の2頭はともに1番人気に支持されていた。それ以外の牝馬は全滅となっている。

牝馬・・・コラリン、ファンデル、アポロルタ、ラブリイユアアイズ

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
新馬 2- 0- 0- 12/ 1414.3%14.3%14.3%15247
未勝利 0- 2- 3- 22/ 270.0%7.4%18.5%060
1勝 1- 0- 2- 20/ 234.3%4.3%13.0%6633
OPEN非L 2- 4- 1- 27/ 345.9%17.6%20.6%2473
G3 5- 4- 3- 17/ 2917.2%31.0%41.4%174125
G2 0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%0152

前走G3組の成績が良い。次いで新馬戦を勝ちあがった馬が勝率14%になっている。

レース検索

前走平地距離別集計

前走平地距離 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1200m 5- 5- 3- 36/ 4910.2%20.4%26.5%10375
1400m 5- 2- 3- 37/ 4710.6%14.9%21.3%9557
1500m 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
1600m 0- 2- 3- 23/ 280.0%7.1%17.9%089
1700m 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
1800m 0- 1- 1- 5/ 70.0%14.3%28.6%0134

勝ち馬の10頭が前走で1200か1400メートルのレースを使われていた。前走1600組は人気を裏切るケースが散発しているので、過度の期待は禁物。

前走1200・・・コラリン、ヴィアドロローサ、シゲルファンノユメ、アポロルタ

前走1600・・・セルバーグ、トウシンマカオ

レース検索

前入線順位別集計

前入線順位 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1着 5- 8- 7- 55/ 756.7%17.3%26.7%4466
前走2着 4- 0- 0- 10/ 1428.6%28.6%28.6%19960
前走3着 0- 0- 2- 11/ 130.0%0.0%15.4%033
前走4着 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
前走5着 0- 1- 1- 3/ 50.0%20.0%40.0%0330
前走6~9着 1- 1- 0- 9/ 119.1%18.2%18.2%312177
前走10着~ 0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%00

連対馬の20頭中17頭が前走で1・2着だった。5~9着の惜敗組もないわけではないが、馬券の中心は前走での好走組といえる。

前走3着以下・・・キングエルメス、ファンデル、ジャスパークローネ

レース検索

調教師分類別集計

調教師分類 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
美浦 3- 2- 4- 72/ 813.7%6.2%11.1%4029
栗東 7- 8- 6- 30/ 5113.7%29.4%41.2%123145

栗東所属馬の成績が良い。次週にはデイリー杯2歳Sが控えており、わざわざここを使ってくるということは、なにかしらの精算があってのことだろう。

栗東・・・テーオースパロー、キングエルメス、ファンデル、セルバーグ、ジャスパークローネ

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%34494
平地・先行 5- 5- 8- 20/ 3813.2%26.3%47.4%91133
平地・中団 3- 3- 2- 45/ 535.7%11.3%15.1%2162
平地・後方 1- 1- 0- 31/ 333.0%6.1%6.1%4616

逃げの回収値が高いのは11番人気で勝利したセカンドテーブルの影響。基本的には逃げ馬を見てレースを進めることのできる先行馬の成績が良い。

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 2- 2- 0- 6/1020.0%40.0%40.0%5598
2番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
3番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%344181
4番 1- 0- 2- 7/1010.0%10.0%30.0%2167
5番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%028
6番 1- 1- 2- 6/1010.0%20.0%40.0%3082
7番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%15483
8番 0- 2- 1- 7/100.0%20.0%30.0%048
9番 0- 0- 2- 7/ 90.0%0.0%22.2%040
10番 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
11番 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
12番 1- 0- 0- 6/ 714.3%14.3%14.3%9244
13番 2- 0- 0- 4/ 633.3%33.3%33.3%38598
14番 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
15番 0- 1- 1- 1/ 30.0%33.3%66.7%0310
16番 0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%0116
17番 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%0590
18番 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%285120

枠順による有利不利の差はあまり見られない。むしろ外枠という理由で嫌われているせいか、外枠の複勝回収値が良い。

まとめ

今年はG3からの参戦組がなく、かなり難しいメンバー構成になっている。ルメール騎手が騎乗で、1番人気になりそうなコラリンだが、牝馬という点が引っかかるうえ、カンナS組は【0-1-0-10】と期待しづらい。あまり自信はないが、栗東所属馬で上位人気(想定)に支持されそうなのがジャスパークローネになっている。同馬はカンナSでコラリンと差のない競馬をしており実力的には問題ないはずなので、同馬を推奨馬にしたい。

次点にコラリン。穴は栗東所属馬で唯一前走1番人気に支持されていたキングエルメスをあげる。同馬は負けたとはいえ5着であり、穴データにかなり合致している。

推奨馬ジャスパークローネ
減点ありコラリン
キングエルメス

コメント

タイトルとURLをコピーしました