マイラーズカップ 予想

出馬表・京都11R マイラーG2 2020年 4月26日(日) 3回京都2日目 12頭 [15:35発走]
【11R】  第51回読売マイラーズカップ
4歳以上・オープン・G2(別定)(国際)(指定) 芝1600m・外 (C)
馬名性齢斤量替 騎手予想コメント
1 1 インディチャンプ牡5 58 福永祐一昨年のマイル王も調教で遅れた。
2 2  ランスオブプラーナ牡4 56 太宰啓介単騎逃げで警戒は必要。
3 3  タイムトリップ牡6 56*藤岡康太二桁着順が続いて。
4 4  ブラックムーン牡8 56*松山弘平いつもそれなりに着差を詰めてはいるが。
5 5  ベステンダンク牡8 56*藤岡佑介重賞実績がなく。
5 6  ロードクエスト牡7 56*松若風馬追い込み一手。陣営が迷走気味。
6 7 ヴァンドギャルド牡4 56*岩田望来前走は出遅れがすべて。改めて。
6 8  カルヴァリオセ7 56*幸英明叩いた上積みがあるとしても。
7 9 リコーワルサー牡5 56 真島大輔あきらかにスピード不足。
710 ヴァルディゼール牡4 56 北村友一シンザン記念1着の力に期待。
811$フィアーノロマーノ牡6 56 川田将雅前走は進路を失う不利。マイル重賞勝ちあり。
812× レッドヴェイロン牡5 56*浜中俊東京新聞杯9着も着差は0.5差で。

安田記念を目指す馬たちが集結。昨年のマイル王・インディチャンプにフィアーノロマーノらマイル重賞勝ち馬たちが挑戦する。

データからはヴァルディゼールが有力となっている。

ヴァルディゼールは3ヶ月ぶりとなった落陽Sで直線外目を抜け出すとカリビアンゴールドらを抑えて勝利した。京都1600は、新馬・シンザン記念と連勝した舞台。インディチャンプはG1を2勝と楽ではないが、京都の適性の高さと4歳馬の勢いに期待したい。

フィアーノロマーノは550を超える超大型馬。前走の阪急杯では進路を失い2着と敗退したが、まともだったら勝っていたかもという内容だった。さらに2走前の阪神Cでは5馬身突き放されたもののグランアレグリアの2着とG2でも力負けすることはないことを証明した。昨年のダービー卿CTでは1.31.7のタイムで優勝したように1600も問題ない。今回は2番手追走して、後続を封じる作戦に出るはず。

インディチャンプは安田記念とマイルCSを勝った昨年のマイル王。実績だけでいえば2枚は上だ。香港は前が壁になる不利があり消化不良。前走の中山記念は休み明けの分伸びきれなかった。通常であれば一叩きされて不動の本命だが、調教で遅れていたのがやや気がかり。

3連勝と勢いのあったヴァンドギャルドは東京新聞杯で痛恨の出遅れをしてしまった。あれでレースプランすべて狂った。調教では元気いっぱいの動きを披露していた。調子落ちの心配はないだろう。今回は岩田望騎手に乗り変わる。ディープインパクト産駒らしい瞬発力に改めて期待したい。

レッドヴェイロンは東京新聞杯で1番人気に推されながら9着と消化不良のレースだった。ルメール騎手によると馬場が硬すぎたのが敗因だとか。当日の馬場については未知数だが、過去13戦して【4-5-2-2】だけに、もう一度様子を見たい。

予定通りヴァルディゼールとフィアーノロマーノの馬連にしました。インディチャンプが飛んでくれることを祈ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました