マイラーズカップ 過去8年

レース検索

歴代優勝馬

馬名性齢騎手斤量馬番人気馬場状態通過順馬体重
ダノンプレミアム牡4川田将雅 5761   02-02500
サングレーザー牡4福永祐一 5754   09-09482
イスラボニータ牡6ルメール 57112   05-04488
クルーガー牡4松山弘平 5623   11-12514
レッドアリオン牡5川須栄彦 56158   03-03484
ワールドエース牡5シュタル 5643   04-04466
グランプリボス牡5浜中俊 57175   09-08522
シルポート牡7小牧太 56173   01-01500
集計期間:2012. 4.22 ~ 2019. 4.21

歴代勝ち馬の中には、イスラボニータをはじめG1馬の名前が並ぶ。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 1- 2- 2- 3/ 812.5%37.5%62.5%1677
2番人気 1- 1- 1- 5/ 812.5%25.0%37.5%4751
3番人気 3- 0- 1- 4/ 837.5%37.5%50.0%280130
4番人気 1- 0- 1- 6/ 812.5%12.5%25.0%8543
5番人気 1- 3- 0- 4/ 812.5%50.0%50.0%116152
6番人気 0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%033
7番人気 0- 0- 2- 6/ 80.0%0.0%25.0%083
8番人気 1- 1- 0- 6/ 812.5%25.0%25.0%280141
9番人気 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
10~人気 0- 0- 1- 47/ 480.0%0.0%2.1%017

1・2番人気がともに1勝のみと信頼度は低い。一方、9番人気以下で馬券になったのは1頭のみ。昨年はダノンプレミアムが単勝1.3倍の圧倒的人気に応えて勝利したが、基本的には小波乱の傾向が強い。1-2人気で決着したのはイスラボニータ・エアスピネルの年のみとなっている。

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1600万下 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
OPEN特別 2- 3- 0- 25/ 306.7%16.7%16.7%9656
G3 1- 4- 6- 40/ 512.0%9.8%21.6%1763
G2 4- 1- 0- 13/ 1822.2%27.8%27.8%10456
G1 0- 0- 1- 10/ 110.0%0.0%9.1%010

前走G2組が4勝とトップ。阪神Cと年明けのG2になっている。前走G1組は11頭出走して3着が1回のみと不振。毎年多く出走してくる東京新聞杯組は【0-2-3-8】と勝てていない。前走OP特別からだと、その前走で1~3人気に推されていたことが条件。前走3勝クラスは消しで良い。

前走G2・・・インディチャンプ

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
4歳 3- 4- 1- 28/ 368.3%19.4%22.2%4755
5歳 3- 1- 5- 19/ 2810.7%14.3%32.1%13682
6歳 1- 1- 1- 24/ 273.7%7.4%11.1%1422
7歳 1- 1- 1- 10/ 137.7%15.4%23.1%53103
8歳 0- 1- 0- 15/ 160.0%6.3%6.3%019

4歳と5歳が中心。連対率では4歳だが複勝率では5歳になっている。7歳以上であればすでにマイル重賞を勝っていることが条件となる。

4・5歳・・・インディチャンプ、ヴァルディゼール、ヴァンドギャルド、ラセット、ランスオブプラーナ、リコーワルサー、レッドヴェイロン、ワイドファラオ

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 1- 2- 0- 5/ 812.5%37.5%37.5%86105
平地・先行 4- 1- 4- 18/ 2714.8%18.5%33.3%125103
平地・中団 2- 5- 4- 37/ 484.2%14.6%22.9%3353
平地・後方 1- 0- 0- 36/ 372.7%2.7%2.7%249

開幕週の馬場で行われることもあり前に行ける馬が有利。逃げて馬券になった3頭は前走でも2着に入っていた。追い込み脚質の馬はほとんど期待できない

追い込み・・・ブラックムーン、ロードクエスト、ラセット

レース検索

前走距離別集計

前走距離 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1200m 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
1400m 2- 3- 0- 7/ 1216.7%41.7%41.7%8890
1600m 2- 5- 8- 64/ 792.5%8.9%19.0%4057
1800m 1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%11.1%7630
2000m 3- 0- 0- 8/ 1127.3%27.3%27.3%15260
2200m 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
2400m 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00

意外にも前走1600から勝った馬は2頭のみ。前走2000と前走1400の方が成績が良い。今年は前走が2000の馬はいないが、前走が阪急杯のフィアーノロマーノは該当する前走ダートから馬券になった馬はいない

前走1400・・・フィアーノロマーノ

消し・・・リコーワルサー、ワイドファラオ、ロードクエスト

レース検索

前走人気別集計

前走人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1人気 1- 4- 2- 10/ 175.9%29.4%41.2%3780
前走2人気 3- 2- 2- 15/ 2213.6%22.7%31.8%6484
前走3人気 2- 0- 1- 4/ 728.6%28.6%42.9%417114
前走4人気 0- 1- 1- 4/ 60.0%16.7%33.3%0106
前走5人気 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
前走6~9人 1- 1- 0- 24/ 263.8%7.7%7.7%2622
前走10人~ 0- 0- 1- 30/ 310.0%0.0%3.2%027

前走1~3人気に推されていた馬の好走率が高い。前走7番人気で勝利したシルポートは前年の勝ち馬だった。勝ち馬は前走1~3人気から選びたい。

前走1~3人気・・・ヴァルディゼール、ヴァンドギャルド、フィアーノロマーノ、レッドヴェイロン

まとめ

G1馬で年明けのG2で4着だったインディチャンプが最有力と言いたいところだが、同馬はそこで4番人気だった。58キロを背負った馬が【0-0-0-6】とまったく馬券になっていないデータもあり強くは推せない。フィアーノロマーノは阪急杯ステップは◎だが6歳という年齢がネック。それよりは落陽Sで3人気かつ1着だったヴァルディゼールが適任か。同馬はシンザン記念1着馬で、これは昨年2着だったグァンチャーレ(シンザン記念1着)と重なる。前走東京新聞杯組のヴァンドギャルドレッドヴェイロンも馬券圏内。

推奨ヴァルディゼール
減点ありインディチャンプ・フィアーノロマーノ・ヴァンドギャルド
レッドヴェイロン

コメント

タイトルとURLをコピーしました