サウジアラビアロイヤルカップ 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
201010ステラヴェローチェ牡2横山典弘 55 9   08-093
191005サリオス牡2石橋脩 55 3   03-031
181006グランアレグリア牝2ルメール 54 4   02-021
171007ダノンプレミアム牡2川田将雅 55 2   02-022
161008ブレスジャーニー牡2柴田善臣 55 6   07-073
151010ブレイブスマッシュ牡2横山典弘 55 6   06-064
集計期間:2015.10.10 ~ 2020.10.10

東京競馬場で行われる最初の2歳重賞で、それまであった”いちょうステークス”を前身とし、重賞に昇格してまだ6年と歴史の浅いレース。

グランアレグリア・サリオス・ダノンプレミアムなど、翌年のクラシックを狙うような素質馬が多数出走してくるハイレベルの一戦となっている。

昨年は、極悪馬場をものともせずにステラヴェローチェが追い込みを決めた。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 2- 3- 1- 0/ 633.3%83.3%100.0%46115
2番人気 1- 2- 1- 2/ 616.7%50.0%66.7%6088
3番人気 2- 0- 1- 3/ 633.3%33.3%50.0%17871
4番人気 1- 0- 1- 4/ 616.7%16.7%33.3%13558
5番人気 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
6番人気 0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%048
7番人気 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%065
8番人気 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
9番人気 0- 0- 1- 4/ 50.0%0.0%20.0%0100
10~人気 0- 0- 0-13/130.0%0.0%0.0%00

1番人気の勝率は33%だが、馬券圏内を外した馬はまだいない。勝ち馬のすべてが4番人気以内で、2着まで広げても7番人気の1回のみなっている。

翌年のクラシックで勝ち負けをするような馬が出走してくるため穴馬の出番はほぼない。

牝馬は全体で【1-2-1-9】で、勝ったのはグランアレグリアのみ。

1~4人気(想定)・・・コマンドライン、ステルナティーア、スタニングローズ、ウナギノボリ

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
新馬 4- 5- 2- 8/1921.1%47.4%57.9%6390
未勝利 2- 0- 3-15/2010.0%10.0%25.0%6542
1勝 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
OPEN非L 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%020
G3 0- 0- 1-10/110.0%0.0%9.1%045

前走新馬戦組の連対率が47%と高い。勝ち星でいうと新馬戦組が4勝に対して未勝利戦組が2勝になっている。ここ4年は新馬戦組が1着になっている。

それ以外の組は減点となる。

新馬・・・コマンドライン、ステルナティーア、ウナギノボリ

新馬・未勝利以外・・・スタニングローズ、ケッツァー、ガトーフレーズ、ロードリライアブル

レース検索

前走人気別集計

前走人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1人気 3- 4- 4- 6/1717.6%41.2%64.7%7691
前走2人気 3- 0- 0-10/1323.1%23.1%23.1%9332
前走3人気 0- 1- 1-10/120.0%8.3%16.7%025
前走4人気 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%0130
前走5人気 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
前走6~9人 0- 0- 1-14/150.0%0.0%6.7%033
前走10人~ 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00

勝ち馬のすべてが前走で1・2人気に支持されていた。クラシックで好勝負するような馬は早い段階から素質を評価されているケースが多いためで、とくに前走で1番人気だった馬の連対率は40%と高い。

3人気以下だった馬は割引が必要。

前走1人気・・・コマンドライン、ステルナティーア

前走3人気以下・・・スタニングローズ、ケッツァー、ガトーフレーズ、ロードリライアブル、ウナギノボリ

レース検索

前走脚質別集計

前走脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3F 1位 4- 5- 4-19/3212.5%28.1%40.6%4960
3F 2位 1- 1- 0- 7/ 911.1%22.2%22.2%4030
3F 3位 1- 0- 1- 6/ 812.5%12.5%25.0%7158
3F ~5位 0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%062
3F 6位~ 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00

連対馬の12頭中9頭が前走で上がり3F1位を記録していた。

2位以下はガクンと数字が下がる。

前走上がり3F1位・・・コマンドライン、ステルナティーア、ウナギノボリ

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
2番 1- 0- 1- 4/ 616.7%16.7%33.3%6056
3番 1- 0- 1- 4/ 616.7%16.7%33.3%2536
4番 1- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%16.7%2118
5番 0- 2- 0- 4/ 60.0%33.3%33.3%086
6番 2- 1- 1- 2/ 633.3%50.0%66.7%218151
7番 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%020
8番 0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%020
9番 1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%11436
10番 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
11番 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%070
12番 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%055
13番 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0290
14番 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
15番 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
16番 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0120
17番 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
18番 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

今年は7頭立てのため馬番を気にする必要はない。

まとめ

コマンドラインとステルナティーアの2頭は満点。このどちらかが勝つ可能性が高い。前走が東京コースだった馬が【3-0-0-1】に対して、新潟コースが【0-3-4-9】なので、東京デビューのコマンドラインが推奨馬になる。次点にはステルナティーア。

穴の出番はほぼないが、しいて言うならノーザンファーム生産馬で6月デビュー・1月生まれのデータからスタニングローズを。

推奨コマンドライン
減点ありステルナティーア
スタニングローズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました