中山牝馬ステークス 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210313ランブリングアレー牝5武豊 55 13 09-09-097
200314フェアリーポルカ牝4和田竜二 52 3 06-06-063
190309フロンテアクイーン牝6三浦皇成 54 7 08-06-055
180310カワキタエンカ牝4池添謙一 53 14 01-01-016
170312トーセンビクトリー牝5武豊 53 4 03-03-045
160313シュンドルボン牝5吉田豊 54 16 10-07-054
150315バウンスシャッセ牝4田辺裕信 54 3 11-10-083
140316フーラブライド牝5酒井学 53 6 10-10-071
130310マイネイサベル牝5松岡正海 56 11 11-11-076
120311レディアルバローザ牝5福永祐一 54 12 01-01-018
集計期間:2012. 3.11 ~ 2021. 3.13

中山競馬場で開催される4歳以上・牝馬限定のハンデキャップ重賞(GⅢ)レース。

12月のターコイズステークスは1600だが、こちらは200メートル長い1800メートルの距離になっている。

※14年、2着同着

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 1- 2- 2- 5/ 1010.0%30.0%50.0%4581
2番人気 0- 2- 0- 8/ 100.0%20.0%20.0%040
3番人気 2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%30.0%14881
4番人気 1- 2- 0- 7/ 1010.0%30.0%30.0%8370
5番人気 2- 1- 1- 6/ 1020.0%30.0%40.0%230121
6番人気 2- 0- 1- 7/ 1020.0%20.0%30.0%20995
7番人気 1- 1- 1- 7/ 1010.0%20.0%30.0%111126
8番人気 1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%10.0%17757
9番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%051
10~人気 0- 2- 3- 59/ 640.0%3.1%7.8%086

1番人気は1勝のみとかなり頼りない。連対率も30%と低い。

連対率で見ると1~7人気までが20~30%と、ハンデ戦らしくほぼ横並びになっていて、人気がほとんどあてにならない。

ファンもそのことがよくわかっているのか、人気が分散して三連単の平均配当は16万円とおもったよりも低い。

上位人気(想定)・・・ミスニューヨーク、ルビーカサブランカ、テルツェット、フェアリーポルカ

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
4歳 3- 3- 1- 41/ 486.3%12.5%14.6%4739
5歳 6- 5- 4- 37/ 5211.5%21.2%28.8%128125
6歳 1- 3- 2- 36/ 422.4%9.5%14.3%2552
7歳 0- 0- 2- 9/ 110.0%0.0%18.2%0188
8歳 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

5歳が6勝と他世代を頭一つリード。単勝・複勝回収値も100円を超えている。

7歳以上になると3着までになっている。

5歳・・・ミスニューヨーク、テルツェット、ルビーカサブランカ、アブレイズ、ごるとベルク、シャムロックヒル、スマイルカナ

レース検索

斤量別集計

斤量 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
49.5~51kg 0- 1- 1- 12/ 140.0%7.1%14.3%0166
51.5~53kg 4- 5- 5- 57/ 715.6%12.7%19.7%4971
53.5~55kg 5- 3- 2- 42/ 529.6%15.4%19.2%10186
55.5~57kg 1- 2- 1- 12/ 166.3%18.8%25.0%7953

勝ち馬の8頭が52~54キロの斤量を背負っていた。

注意が必要なのは55キロの馬で【1-0-2-20】と極端に成績が悪い。この中には1番人気馬が2頭、2番人気馬も2頭いた。唯一の勝利は21・ランブリングアレーとなっている。

52~54キロ・・・ホウオウピースフル、ローザノワル、シャムロックヒル、多数

55キロ・・・ミスニューヨーク、ルビーカサブランカ、ドナアトラエンテ

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
2勝 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%0560
3勝 0- 2- 1- 10/ 130.0%15.4%23.1%0143
OPEN非L 2- 1- 1- 15/ 1910.5%15.8%21.1%10876
OPEN(L) 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
G3 6- 6- 6- 65/ 837.2%14.5%21.7%7582
G2 1- 0- 1- 4/ 616.7%16.7%33.3%7563
G1 1- 1- 0- 19/ 214.8%9.5%9.5%6024

連対馬の12頭が前走でG3を使われていた。そのほんとんどが年明けのG3レースか12月のターコイズSで、一桁着順かつ1秒以内になっていた。

前走G1組は人気を裏切る傾向があり信頼度は低い。

該当馬・・・ミスニューヨーク、ルビーカサブランカ、フェアリーポルカ、クールキャット、シャムロックヒル、ドナアトラエンテ

前走G1・・・テルツェット

レース検索

前入線順位別集計

前入線順位 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1着 0- 4- 0- 16/ 200.0%20.0%20.0%0152
前走2着 1- 2- 3- 7/ 137.7%23.1%46.2%85165
前走3着 1- 0- 2- 11/ 147.1%7.1%21.4%3252
前走4着 2- 2- 0- 9/ 1315.4%30.8%30.8%15493
前走5着 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%023
前走6~9着 5- 1- 2- 29/ 3713.5%16.2%21.6%15279
前走10着~ 1- 1- 2- 44/ 482.1%4.2%8.3%1750

前走G3を勝利していた馬が6頭いて、6頭とも馬券外だった。ミスニューヨークとルビーカサブランカにとっては嫌なデータ。

5~9着から巻き返した馬が5頭いるように、前走の着順は気にしなくていい。

前走1着・・・ミスニューヨーク、ルビーカサブランカ、ローザノワール

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%30.0%259116
平地・先行 1- 4- 2- 27/ 342.9%14.7%20.6%36105
平地・中団 7- 5- 4- 44/ 6011.7%20.0%26.7%10381
平地・後方 0- 1- 3- 45/ 490.0%2.0%8.2%063
平地・マクリ 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

逃げ馬が馬券になった3回は、不良・やや重・重だった。良馬場だと厳しい可能性がある。

差しタイプから勝ち馬が7頭出ていて馬券の中心になっている。

差し・・・ミスニューヨーク、フェアリーポルカ、ルビーカサブランカ、ホウオウピースフル、他

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%032
2番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
3番 2- 0- 0- 8/1020.0%20.0%20.0%14851
4番 1- 0- 2- 7/1010.0%10.0%30.0%125168
5番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
6番 1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%45222
7番 1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%105115
8番 0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%042
9番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%045
10番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%051
11番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%12769
12番 1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%11.1%19663
13番 1- 2- 0- 7/1010.0%30.0%30.0%111122
14番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%8253
15番 0- 2- 1- 5/ 80.0%25.0%37.5%0255
16番 1- 0- 1- 5/ 714.3%14.3%28.6%11861

出目が綺麗にバラけていて偏りがまったく見られない。

しいていうなら多頭数で、1・2番は先行力のあるタイプでないと外からかぶされて不利を受けやすい。

まとめ

ターコイズSを勝利したミスニューヨークは、前走1着から勝利した馬がいないのと55キロの斤量が気になる。まったくダメというわけではないが、1番人気が勝ち切れていないデータからもあえて買う必要はないだろう。

似たような理由がルビーカサブランカにも当てはまる。

ここ6年、重賞未勝利だった馬が勝利している。内5頭が重賞での馬券経験があった。今年の該当馬は、スライリー・ドナアトラエンテ・ロザムールの3頭。このうち4歳・53キロのスライリーがもっともデータに近い。かなり人気はないが推奨馬に。

次点には55キロ・6歳などが減点材料のドナアトラエンテ。

穴には中山金杯で7着かつ逃げるであろうシャムロックヒルをあげる。

推奨スライリー
減点ありドナアトラエンテ
シャムロックヒル

コメント

タイトルとURLをコピーしました