毎日王冠 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
201011サリオス牡3ルメール 54 9 04-04-041
191006ダノンキングリー牡3戸崎圭太 54 9 10-10-091
181007アエロリット牝4モレイラ 55 9 01-01-011
171008リアルスティール牡5M.デム 57 8 07-07-073
161009ルージュバック牝4戸崎圭太 54 10 10-11-111
151011エイシンヒカリ牡4武豊 56 13 01-01-011
141012エアソミュール牡5武豊 56 2 06-09-088
131006エイシンフラッシュ牡6福永祐一 58 6 04-04-044
121007カレンブラックヒル牡3秋山真一 56 4 02-03-031
111009ダークシャドウ牡4福永祐一 57 8 09-09-091

過去には89年のオグリキャップ、98年のサイレンススズカなど、日本競馬史に残る名勝負が繰り広げられスーパーG2の呼び声が高かったが、G1直行組が増えたこともあり、年々その地位は低下している。

3週間後に控える天皇賞・秋のステップレースだが、近年は連勝した馬はなく、09年のカンパニーまで遡らなければならない。

昨年は3歳馬のサリオスが人気に応えて勝利した。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 7- 0- 0- 3/ 1070.0%70.0%70.0%189104
2番人気 0- 2- 0- 8/ 100.0%20.0%20.0%031
3番人気 1- 2- 1- 6/ 1010.0%30.0%40.0%5869
4番人気 1- 2- 1- 6/ 1010.0%30.0%40.0%7988
5番人気 0- 1- 4- 5/ 100.0%10.0%50.0%0120
6番人気 0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%062
7番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%032
8番人気 1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%10.0%13136
9番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%062
10~人気 0- 2- 1- 31/ 340.0%5.9%8.8%095

1番人気の勝率は70%高い。2・3着はゼロだが、悩んだら1番人気を1着固定で買うのもあり。

2番人気は不振で、2着が2回のみになっている。当日に2番人気に推されている馬は消すぐらいの勇気が必要。

3・4人気は互角の数字で、以下人気なりの成績になっている。

10番人気以下で連対した2頭は14年のサンレイレーザーと12年のジャスタウェイで、ともに前走・関屋記念を走って負けていたという共通項がある。

3連単の平均は9万円台だが、30万円超えが2回あるため平均が吊り上げられている、大きく荒れた年は多頭数で行われていた。頭数が多いと波乱の可能性が高くなり、少頭数だと堅く収まりやすい傾向がある。

1番人気(想定)・・・シュネルマイスター

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳 3- 3- 0- 11/ 1717.6%35.3%35.3%37114
4歳 4- 2- 5- 21/ 3212.5%18.8%34.4%3974
5歳 2- 2- 3- 22/ 296.9%13.8%24.1%6573
6歳 1- 3- 1- 18/ 234.3%17.4%21.7%3467
7歳 0- 0- 1- 16/ 170.0%0.0%5.9%073
8歳 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00

3歳馬の勝率・連対率ともに高い。とくに近年は3歳馬の活躍が目立つ。

次いで4歳馬・5歳馬の順になっている。

3歳馬で連対した馬は、重賞勝ちがありG1出走歴があった。

7歳以上で2着に入った馬はない。開幕週でスピードが要求されるために若い馬が有利と見ていい。

今年の出走馬にはいないが、牝馬は全体で【2-1-0-2】。次週に同じ東京・1800の府中牝馬Sが組まれているため、わざわざこちらに回ってきた馬は警戒が必要。

3歳・・・シュネルマイスター

7歳以上・・・カデナ、ダイワキャグニー

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
エプソムG3 3- 1- 2- 7/1323.1%30.8%46.2%78169
東京優駿G1 2- 2- 0- 4/ 825.0%50.0%50.0%36196
安田記念G1 1- 3- 2-19/254.0%16.0%24.0%941
札幌記念G2 1- 1- 0- 7/ 911.1%22.2%22.2%14564
中山記念G2 1- 0- 1- 0/ 250.0%50.0%100.0%290260
NHKマG1 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%8747
QE2G1 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%395135
関屋記念G3 0- 2- 0- 3/ 50.0%40.0%40.0%0214
宝塚記念G1 0- 1- 1- 7/ 90.0%11.1%22.2%060
新潟記念HG3 0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%079
朝日チャG3 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0230
メイSH 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0270

前走重賞が必須条件で、中でも日本ダービー組が連対率50%と高い

出走馬の多い安田記念組だが、勝ったのは18年のアエロリットのみと不振になっている。13年のショウナンマイティ(1人気・6着)のように人気を裏切るケースが散見される。

エプソムC組も数字的には悪くないが、勝った3頭は4歳・エプソムC・1着で、毎日王冠でも1番人気に推されていた。

重賞以外・・・カイザーミノル

レース検索

生産者別集計

生産者 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ノーザンファーム 5- 4- 3-27/3912.8%23.1%30.8%4180
社台ファーム 3- 1- 2-26/329.4%12.5%18.8%7156
木田牧場 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%490220
三嶋牧場 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%160110
社台コーポレーション白老ファーム 0- 2- 1- 3/ 60.0%33.3%50.0%0291
ダーレー・ジャパン・ファーム 0- 1- 0- 3/ 40.0%25.0%25.0%055
辻牧場 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%060
岡野牧場 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0810
下河辺牧場 0- 0- 2- 5/ 70.0%0.0%28.6%081
ノースヒルズマネジメント 0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%090

ノーザンファームと社台ファームの成績が良い。ノーザンファーム生産馬で、当日に1番人気に支持されていた馬にかぎると【4-0-0-1】の高成績になっている。

ノーザンファーム・・・シュネルマイスター、ポタジェ、ヴェロックス、ケイデンスコール

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 2- 2- 1- 5/ 1020.0%40.0%50.0%72155
平地・先行 3- 2- 2- 26/ 339.1%15.2%21.2%3843
平地・中団 2- 5- 5- 33/ 454.4%15.6%26.7%4294
平地・後方 3- 1- 2- 30/ 368.3%11.1%16.7%1956

開幕週ということもあり、逃げた馬は勝率20%・連対率40%・複勝率50%と高い。

差し・追い込み馬がまったくダメというわけでもなく、19・ダノンキングリーように後方から直線で外に出して勝利する馬もチラホラといる。

逃げ・・・トーラスジェミニ、ダイワキャグニー

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%0161
2番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%13136
3番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%012
4番 1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%3554
5番 0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%036
6番 1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%79140
7番 0- 3- 3- 4/100.0%30.0%60.0%0219
8番 2- 0- 2- 6/1020.0%20.0%40.0%78121
9番 3- 0- 0- 7/1030.0%30.0%30.0%5235
10番 1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%3365
11番 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
12番 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%043
13番 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%12255
14番 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
15番 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
16番 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

今年は13頭立てなので、枠順についてはそれほど気にする必要はないだろう。しいて言うなら内枠より8~10の中程の枠から勝ち馬が出ている。

8~10番・・・ダイワキャグニー、ヴェロックス、ケイデンスコール

まとめ

3歳馬で当日1番人気なりそうなシュネルマイスターはとくに減点材料がない。ノーザンファーム生産馬という加点ポイントもありこれを推奨馬に。1番枠も問題ないだろう。

今年の安田記念の勝ち馬のダノンキングリーだが、2番人気が不振のデータが気になる。安田記念組がパッとしないデータもあり、あまり積極的には買いたくない。それよりはディープインパクト産駒で唯一の4歳馬のポタジェが良さそう。

穴には逃げる可能性のあるトーラスジェミニをあげる。

推奨シュネルマイスター
減点ありポタジェ
トーラスジェミニ

コメント

タイトルとURLをコピーしました