オーシャンステークス 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210306コントラチェック牝5丸山元気 54 8   02-0211
200307ダノンスマッシュ牡5川田将雅 56 2   04-041
190302モズスーパーフレア牝4ルメール 54 14   01-011
180303キングハート牡5北村宏司 56 7   04-0410
170304メラグラーナ牝5戸崎圭太 54 9   09-091
160305エイシンブルズアイ牡5石橋脩 56 11   11-105
150307サクラゴスペル牡7戸崎圭太 56 12   08-107
140308スマートオリオン牡4横山典弘 56 1   03-033
130302サクラゴスペル牡5横山典弘 56 8   03-032
120303ワンカラット牝6藤岡佑介 54 2   08-069
集計期間:2012. 3. 3 ~ 2021. 3. 6

高松宮記念へ向かう関東圏でのステップレース。

スプリンターズSと同じコースで行われる。

過去にオーシャンSを経由して高松宮記念を勝利した馬はキンシャサノキセキ(10・11)、カレンチャン(12)の2頭しかいない。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 3- 3- 1- 3/ 1030.0%60.0%70.0%74105
2番人気 1- 2- 1- 6/ 1010.0%30.0%40.0%4357
3番人気 1- 2- 0- 7/ 1010.0%30.0%30.0%8562
4番人気 0- 1- 2- 7/ 100.0%10.0%30.0%078
5番人気 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%11076
6番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%042
7番人気 1- 0- 2- 7/ 1010.0%10.0%30.0%133105
8番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%055
9番人気 1- 0- 1- 8/ 1010.0%10.0%20.0%269137
10~人気 2- 1- 1- 66/ 702.9%4.3%5.7%9290

1番人気は3勝2着が3回と平均的な数字。

2・3人気は1勝ずつで、5人気以下の馬が5勝と穴馬の激走がちょくちょくみられる。

12年には9番人気のワンカラットが勝利して三連単は266万円の大波乱となった。

その影響で三連単の平均配当は37万円と高いのだが、良馬場で行われた7年に限ると平均は12万円台でガクッと落ちる。

上位人気(想定)・・・スマートクラージュ、ナランフレグ、マリアズハート、ビアンフェ、ファストフォース、ジャンダルム

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
4歳 2- 1- 2- 24/ 296.9%10.3%17.2%4044
5歳 6- 2- 4- 32/ 4413.6%18.2%27.3%19173
6歳 1- 5- 1- 26/ 333.0%18.2%21.2%8176
7歳 1- 2- 0- 18/ 214.8%14.3%14.3%6337
8歳 0- 0- 3- 18/ 210.0%0.0%14.3%0270

5歳が6勝と他世代を圧倒。連対率だと6歳が18%で並んでいる。

4歳は人気に推されていても二桁着順に沈む馬が散見されるので、過度の信頼は禁物。

牝馬は【4-6-1-42】。単勝回収値は120円と活躍している。当日、3人気以内に支持されている場合は好走率が高い。

5歳・・・スマートクラージュ、デトロイトテソーロ、ビアンフェ、ビオグラフィー、ボンボヤージ、ロードベイリーフ

牝馬・・・マリアズハート、サヴォワールエメ、デトロイトテソーロ、ビオグラフィー、ボンボヤージ

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3勝 1- 0- 1- 13/ 156.7%6.7%13.3%5634
OPEN非L 6- 2- 3- 35/ 4613.0%17.4%23.9%132148
OPEN(L) 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
G3 2- 6- 3- 54/ 653.1%12.3%16.9%9968
G2 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%020
G1 0- 1- 2- 5/ 80.0%12.5%37.5%0106

前走OP組が6勝をあげてトップ。そこで1・2着だった馬の好走率が高い。

前走G1組は複勝率は高いものの勝ちきれない傾向がある。

OPで1・2着・・・スマートクラージュ、ビオグラフィー、デトロイトテソーロ、マリアズハート

レース検索

前走騎手別集計

前走騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
◆乗替り 8- 6- 6- 84/1047.7%13.5%19.2%124101
◆同騎手 2- 4- 4- 46/ 563.6%10.7%17.9%1153

理由は不明だが乗り替わりの馬の好走率が高い。

乗り替わり・・・サヴォワールエメ、スマートクラージュ、ダイメイフジ、ビオグラフィー、ファストフォース、ボンボヤージ、マイネルジェロディ、ロードベイリーフ

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 1- 2- 1- 6/ 1010.0%30.0%40.0%31108
平地・先行 5- 4- 1- 25/ 3514.3%25.7%28.6%22788
平地・中団 4- 4- 4- 53/ 656.2%12.3%18.5%8259
平地・後方 0- 0- 4- 46/ 500.0%0.0%8.0%0109

逃げ切ったのは19・モズスーパーフレアのみ。先行激化になりやすく、よほどの実力馬でないと逃げ切るのは至難の業。

馬券の中心は先行タイプ。

開幕2週目で芝の状態が良いこともあり、追い込みタイプは厳しい。

先行・・・スマートクラージュ、マイネルジェロディ、サヴォワールエメ、キルロード、ロードベイリーフ、他

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%8540
2番 2- 2- 0- 6/1020.0%40.0%40.0%289122
3番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%012
4番 0- 1- 2- 7/100.0%10.0%30.0%084
5番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%012
6番 0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%0469
7番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%313120
8番 2- 0- 0- 8/1020.0%20.0%20.0%37769
9番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%2357
10番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%035
11番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%11032
12番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%13347
13番 0- 1- 2- 7/100.0%10.0%30.0%077
14番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%3114
15番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%084
16番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%079

連対馬が分散しており、枠順の有利不利はほぼない。

まとめ

当日、1番人気に支持されそうなスマートクラージュは、5歳・前走OP特別・乗り替わり・先行脚質など、減点材料が見当たらない。

次点には牝馬で上位人気になりそうなマリアズハートでもいいのだが、1番枠に入ったのがどうか。

クラス別を成績を見てわかる通り、2着には前走重賞組が8回と最多になっている。前走重賞組の中から着差1秒以内、先行脚質のファストフォースをあげる。同馬は昨年のCBC賞でピクシーナイトを退けていて、高速馬場でのスピード決着なら勝ち負けをしても何ら不思議はない。

穴には、社台ファーム生産馬の牝馬が【1-5-0-7】というデータがあり、サヴォワールエメをあげる。

推奨スマートクラージュ
減点ありファストフォース
サヴォワールエメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました