ニューイヤーカップ 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210107 トランセンデンス 牡3 森泰斗 56 5 6-6-2-2 2
200115 グリーンロード 牡3 森泰斗 56 2 1-1-1-1 1
190109 トーセンガーネット 牝3 五十嵐冬 54 6 5-5-3-1 3
180110 ヤマノファイト 牡3 本橋孝太 56 2 稍重 4-3-1-1 3
170118 ヒガシウィルウィン 牡3 森泰斗 56 9 稍重 8-9-6-3 1
160107 モリデンルンバ 牡3 矢野貴之 56 1 6-6-5-4 3
150108 ラッキープリンス 牡3 吉原寛人 56 1 1-1-1-1 4
140115 ファイヤープリンス 牡3 見沢譲治 56 2 10-9-6-2 8
130116 ソルテ 牡3 金子正彦 56 5 不良 3-3-1-1 3
120201 ゴールドメダル 牡3 戸崎圭太 56 8 稍重 3-3-3-2 1

年明けの浦和競馬場で開催される3歳重賞レース。南関東クラシックの開幕戦で、17年の勝ち馬・ヒガシウィルウィンは東京ダービーとジャパンダートダービーを勝利した。

1600メートルのコースで行われていたが、今年から1500メートルのコースに変更される。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値
1番人気 3- 3- 2- 2/ 1030.0%60.0%80.0%61
2番人気 1- 3- 1- 5/ 1010.0%40.0%50.0%27
3番人気 4- 1- 1- 4/ 1040.0%50.0%60.0%207
4番人気 1- 2- 2- 4/ 911.1%33.3%55.6%62
5番人気 0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%0
6番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%0
7番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%0
8番人気 1- 0- 1- 8/ 1010.0%10.0%20.0%661
9番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%0
10~人気 0- 0- 0- 16/ 160.0%0.0%0.0%0

1番人気は3勝2着3回で、複勝率は80%と及第点。2番人気は1勝のみ。かわりに3番人気が4勝と活躍している。連対馬の20頭中18頭は4人気以内で、ここが一応のラインとなっている。今年からフルゲートが12頭となるが、9人気以下で馬券になった馬はいない。

牝馬は【1-0-1-14】で、単勝回収値は29円となっている。

配当別集計

単勝 枠連枠単馬複馬単三連複三連単
21 270円380円550円340円650円720 円2,570 円
20 150円910円1,140円900円1,070円820 円3,570 円
19 470円380円930円520円1,430円2,480 円9,920 円
18 720円440円1,350円2,720円4,880円7,900 円41,680 円
17 260円480円950円480円870円980 円3,510 円
16 450円1,120円2,210円1,100円2,370円6,070 円21,760 円
15 560円2,690円4,470円3,000円5,670円2,590 円20,170 円
14 6,610円3,280円10,220円3,660円15,150円6,360 円103,000 円
13 430円760円1,300円850円1,830円710 円4,310 円
12 200円440円720円570円890円1,660 円4,590 円
平均 1,012 円1,088 円2,384 円1,414 円3,481 円3,029 円21,508 円

14年に8人気のファイヤープリンスが勝利して単勝6610円と荒れたが、それ以外は単勝は1000円以下と落ち着いている。三連単も14年を除けば比較的安い。

騎手別集計

騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値
森泰斗 3- 1- 0- 3/742.9%57.1%57.1%97
吉原寛人 1- 1- 3- 2/714.3%28.6%71.4%80
本橋孝太 1- 1- 0- 2/425.0%50.0%50.0%180
戸崎圭太 1- 0- 1- 0/250.0%50.0%100.0%100
金子正彦 1- 0- 0- 0/1100.0%100.0%100.0%430
五十嵐冬 1- 0- 0- 0/1100.0%100.0%100.0%470
見沢譲治 1- 0- 0- 0/1100.0%100.0%100.0%6610
矢野貴之 1- 0- 0- 1/250.0%50.0%50.0%225
左海誠二 0- 1- 2- 5/80.0%12.5%37.5%0
御神本訓 0- 1- 0- 1/20.0%50.0%50.0%0

森泰斗が3勝と活躍しているが、吉原寛人も7回騎乗して複勝率71%と高い。

1・2着馬の前走レースと着順

1着2着
21全日本2歳優駿(7人気)6着浦和ジュニアチャンピオン(1人気)1着
20川崎ジュニアOP(1人気)1着ハイセイコー記念(5人気)10着
19兵庫ジュニアGP(7人気)4着全日本2歳優駿(10人気)7着
18北海道2歳優駿(4人気)5着若潮特別(2人気)2着
17全日本2歳優駿(8人気)4着川崎ジュニアOP(1人気)1着
16リバーサイドジュニア(1人気)1着北海道2歳優駿(4人気)10着
15全日本2歳優駿(5人気)12着若武者(1人気)1着
14ひいらぎ賞(14人気)15着フロンティアジュベナ(1人気)1着
13全日本2歳優駿(9人気)7着全日本2歳優駿(10人気)中止
12全日本2歳優駿(9人気)4着ゆきやなぎ特別(5人気)1着

ステップレースでは、全日本2歳優駿に出走していた馬の好走が目立つ。全日本2歳優駿であれば、そこでの着順は気にしなくていい。ついで北海道2歳優駿・川崎ジュニアOPなどで、交流重賞以外の場合は1着であることが望ましい。

脚質別集計

脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値
逃げ 2- 1- 1- 5/922.2%33.3%44.4%78
先行 4- 7- 4- 27/429.5%26.2%35.7%43
差し 3- 2- 2- 23/3010.0%16.7%23.3%32
追込 1- 0- 3- 20/244.2%4.2%16.7%275

浦和は直線距離が200メートルと地方競馬場の中でも短い。今年からコースが変わるのでデータがそのまま通用するかわからないが、とりあえずハナを切った馬の勝率は高い。

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値
1番 2- 1- 1- 6/1020.0%30.0%40.0%101
2番 3- 2- 0- 5/1030.0%50.0%50.0%748
3番 0- 3- 2- 5/100.0%30.0%50.0%0
4番 0- 1- 1- 7/90.0%11.1%22.2%0
5番 2- 0- 0- 8/1020.0%20.0%20.0%70
6番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%47
7番 0- 0- 1- 8/90.0%0.0%11.1%0
8番 1- 1- 2- 6/1010.0%20.0%40.0%20
9番 1- 0- 0- 8/911.1%11.1%11.1%28
10番 0- 2- 2- 6/100.0%20.0%40.0%0
11番 0- 0- 0- 8/80.0%0.0%0.0%0
大外 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%0

浦和1500メートルは、4コーナー奥のポケットからスタートする。スタートして緩いカーブがあり、内枠が有利なのは間違いないが、1コーナーまで300メートルほど距離があり、場合によっては先行争いが激しくなることもある。

まとめ

  • 今年からコースが浦和1500メートルに変わる
  • 1~4人気馬の争い
  • 比較的平穏
  • 穴を狙うなら三連単で3着に人気薄を入れる
  • 騎手では森騎手と吉原騎手
  • ハナを切りそうな馬はとりあえず買い
  • 内枠有利
  • 前走、全日本2歳優駿組が活躍
  • 前走が交流重賞以外の場合は1着が望ましい

コメント

タイトルとURLをコピーしました