日経新春杯 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210117ショウリュウイクゾ牡5団野大成 53 14 03-03-037
200119モズベッロ牡4池添謙一 52 6 05-07-062
190113グローリーヴェイズ牡4M.デム 55 2 09-10-061
180114パフォーマプロミス牡6M.デム 54 7 03-04-031
170117ミッキーロケット牡4和田竜二 55 5 04-03-021
160117レーヴミストラル牡4川田将雅 56 1 12-12-112
150118アドマイヤデウス牡4岩田康誠 55 4 07-07-086
140119サトノノブレス牡4ルメール 55 1 01-01-012
130113カポーティスター牡4高倉稜 52 2 04-04-0510
120115トゥザグローリー牡5福永祐一58.53 07-08-071
集計期間:2012. 1.15 ~ 2021. 1.17

1月の京都で行われるG2のハンデ戦。有馬記念が終了して間がないためG1馬の参戦はほぼないが、年によっては消化不良だった馬たちが参戦してくる。01年のステイゴールドは日経新春杯を足掛かりにドバイ・シーマクラシック(当時G2)、年末の香港ヴァーズを勝利した。

昨年に引き続き、京都競馬場が改修工事中のため中京・2200(芝)で開催される。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 4- 3- 0- 3/ 1040.0%70.0%70.0%10999
2番人気 3- 1- 0- 6/ 1030.0%40.0%40.0%12865
3番人気 0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%036
4番人気 0- 1- 5- 4/ 100.0%10.0%60.0%0146
5番人気 0- 2- 0- 8/ 100.0%20.0%20.0%048
6番人気 1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%10.0%12148
7番人気 1- 0- 2- 7/ 1010.0%10.0%30.0%196136
8番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%041
9番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
10~人気 1- 2- 1- 52/ 561.8%5.4%7.1%4068

1番人気が4勝、2番人気が3勝でほぼ拮抗している。1番人気の連対率は70%と安定感がある。

三連単の平均配当は14万円。これは昨年、7人気のショウリュウイクゾが勝利して、2着に13人気のミスマンマミーアが入り96万円と大荒れになった影響が大きい。それを除けばハンデ戦のわりに平穏なイメージ。

上位人気(想定)・・・ステラヴェローチェ、フライライクバード、ヨーホーレイク、クラヴェル、マイネルウィルトス

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
4歳 7- 3- 0- 20/ 3023.3%33.3%33.3%17776
5歳 2- 4- 5- 25/ 365.6%16.7%30.6%5882
6歳 1- 3- 5- 29/ 382.6%10.5%23.7%9125
7歳 0- 0- 0- 24/ 240.0%0.0%0.0%00
8歳 0- 0- 0- 11/ 110.0%0.0%0.0%00

昨年、4歳馬の成績がダントツ! と取り上げたところ、5歳のショウリュウイクゾが勝って思いっきりデータをクラッシュされた。今年こそは4歳馬が勝つと信じたいが・・・。7歳以上は相変わらず消しでいい。

牝馬は全体で【0-2-1-9】と苦戦の傾向にあるが、これも昨年はミスマンマミーアが2着に入ってデータクラッシュをした。

4歳馬・・・ステラヴェローチェ、ヨーホーレイク

7歳以上・・・アフリカンゴールド、プレシャスブルー、トラストケンシン、ダノンマジェスティ

レース検索

斤量別集計

斤量 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
~49kg 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
49.5~51kg 0- 0- 1- 8/ 90.0%0.0%11.1%0104
51.5~53kg 3- 2- 2- 25/ 329.4%15.6%21.9%147122
53.5~55kg 5- 4- 1- 46/ 568.9%16.1%17.9%4340
55.5~57kg 1- 4- 5- 26/ 362.8%13.9%27.8%1371
57.5~59kg 1- 0- 1- 8/ 1010.0%10.0%20.0%1632

最近のハンデ重賞は、重い斤量を背負わされた馬ほど複勝率が高い傾向があるが、このレースにおいては52~56キロの斤量を背負った馬が活躍している。

余談だが、G2勝ちがあり有馬記念4着のステラヴェローチェと、G3を勝ったばかりのショウナンバルディが同じ57キロを背負わされているのは、素人目に見てもおかしい。本来、公平であるべきハンデキャッパーがわざとショウナンバルディにいじわるをしているとしか思えない。

57キロ以上・・・ステラヴェローチェ、ショウナンバルディ

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
菊花賞G1 3- 0- 0- 8/1127.3%27.3%27.3%8036
グレイH1600 1- 1- 0- 1/ 333.3%66.7%66.7%123123
金鯱賞G2 1- 0- 2- 4/ 714.3%14.3%42.9%6792
有馬記念G1 1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%3222
グレイH・3勝 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%245105
北野特別1000 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%2280610
東京優駿G1 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%1210480
関ケ原S・3勝 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%1960500
オリオH1600 0- 2- 1- 5/ 80.0%25.0%37.5%055
中日新聞HG3 0- 2- 0- 6/ 80.0%25.0%25.0%052
愛知杯HG3 0- 1- 1- 2/ 40.0%25.0%50.0%0165
アルゼンHG2 0- 1- 0-10/110.0%9.1%9.1%018

今年はいないが、菊花賞から臨戦した馬が3勝と活躍している。有馬記念組は12年のトゥザグローリーが1着になっているが、他の馬は掲示板にさえ載っていない。それよりも前走で条件クラスを走っていた馬の好走が目立つ。

前走条件クラス・・・なし

レース検索

調教師分類別集計

調教師分類 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
美浦 1- 0- 2- 20/ 234.3%4.3%13.0%1121
栗東 9- 10- 8- 96/1237.3%15.4%22.0%6177

美浦所属で勝利したのは19年のグローリーヴェイズのみ。同馬は後に天皇賞(春)2着・京都大賞典を勝利するなど、京都コースを得意としていた。次週には同じG2のAJCC(中山・2200メートル)が控えており、特段の理由がなければ関東馬は出走する必要がない。

美浦所属・・・ヤシャマル、エフェクトオン、プレシャスブルー、トラストケンシン

レース一覧・前走クラス:重賞

前走重賞  着差別集計

前走着差 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
勝0.1~0.2 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0230
勝0.0 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
負0.0 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0170
負0.1~0.2 1- 1- 2- 7/119.1%18.2%36.4%1473
負0.3~0.5 3- 2- 1- 8/1421.4%35.7%42.9%139115
負0.6~0.9 2- 0- 0-14/1612.5%12.5%12.5%3816
負1.0~1.9 0- 0- 0-30/300.0%0.0%0.0%00
負2.0~2.9 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
負3.0~3.9 0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%080
負4.0~ 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00

前走が重賞だった馬の着差別成績。0.6以上負けて勝った2頭はともに前走が菊花賞だった。菊花賞は長距離戦で着差が開きやすいので例外扱いが可能となるが、そうでないレースは減点となる。

0.6以上負け・・・ヨーホーレイク、モズナガレボシ、マイネルウィルトス、ロードマイウェイ、マイネルフラップ、エフェクトオン、他

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 1- 1- 1- 7/ 1010.0%20.0%30.0%32133
平地・先行 3- 1- 4- 27/ 358.6%11.4%22.9%7459
平地・中団 5- 7- 4- 44/ 608.3%20.0%26.7%7370
平地・後方 1- 1- 1- 37/ 402.5%5.0%7.5%1160
平地・マクリ 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

先週までの傾向だと先行有利と見て間違いなさそう。後方の馬は馬群を捌く必要が出てくる。

先行・・・ショウナンバルディ、アフリカンゴールド、トップウィナー、他

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 4- 2- 5- 53/ 646.3%9.4%17.2%2137
2番 9- 4- 5- 45/ 6314.3%20.6%28.6%12361
3番 5- 5- 6- 48/ 647.8%15.6%25.0%4254
4番 7- 8- 3- 46/ 6410.9%23.4%28.1%6182
5番 7- 8- 8- 41/ 6410.9%23.4%35.9%59114
6番 5- 8- 5- 46/ 647.8%20.3%28.1%10376
7番 2- 6- 7- 48/ 633.2%12.7%23.8%3658
8番 5- 4- 4- 48/ 618.2%14.8%21.3%4335
9番 3- 5- 5- 42/ 555.5%14.5%23.6%24104
10番 1- 4- 3- 42/ 502.0%10.0%16.0%864
11番 7- 2- 4- 27/ 4017.5%22.5%32.5%517127
12番 2- 3- 4- 23/ 326.3%15.6%28.1%10880
13番 1- 4- 2- 19/ 263.8%19.2%26.9%671
14番 2- 0- 1- 18/ 219.5%9.5%14.3%10943
15番 2- 0- 1- 15/ 1811.1%11.1%16.7%4453
16番 1- 0- 0- 15/ 166.3%6.3%6.3%5420
17番 1- 0- 0- 10/ 119.1%9.1%9.1%2112
18番 0- 1- 1- 4/ 60.0%16.7%33.3%0220

中京競馬場・芝2200メートルの過去3年の馬番データ。スタートして最初のコーナーまで距離があり外枠でも馬券になっているが、やや内枠が有利の印象。

まとめ

昨年データクラッシュをした4歳馬だが、とりあえずステラヴェローチェは57キロというハンデ以外は減点材料はない。その斤量も、過去にはトゥザグローリーが有馬記念3着で58.5キロを背負わされて快勝しており、むしろ同馬の57キロは恵まれた印象。同コースの神戸新聞杯勝利もあり、コース適正も問題ない。

中日新聞杯を逃げて勝利したショウナンバルディは斤量が気がかり。データから57キロの2頭で決まるとはちょっと思えない。

フライライクバードは5歳という点以外はとくに減点材料はなかった。しいていうなら、前走アルゼンチン共和国杯からの好走馬がいない点だが、有馬記念も似たようなものなので問題ないだろう。

穴には中京コースで開催された昨年、牝馬のミスマンマミーアが2着になったことからエリザベス女王杯・3着のクラヴェルをあげる。

ダービー以来のヨーホーレイクは、過去にアドマイヤデウスが同じくダービー7着から勝利した例があり、まったくダメというわけではないが、当時は有馬記念11着のサトノノブレスが1番人気になるなど比較的手薄なメンバー構成だった。

推奨ステラヴェローチェ
減点ありフライライクバード
クラヴェル

コメント

タイトルとURLをコピーしました