ダイオライト記念 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210317 ダノンファラオ 牡4 川田将雅 55 10 3-3-3-3 2
200311 アナザートゥルース セ6 C.ルメ 56 14 1-1-1-1 1
190313 チュウワウィザード 牡4 川田将雅 55 1 2-2-2-2 1
180314 ケイティブレイブ 牡5 福永祐一 56 1 稍重 1-1-1-1 1
170315 クリソライト 牡7 武豊 56 3 2-2-2-1 1
160309 クリソライト 牡6 武豊 56 3 不良 1-1-1-1 1
150311 クリソライト 牡5 武豊 56 4 不良 2-2-1-1 2
140319 ニホンピロアワーズ 牡7 酒井学 56 3 稍重 4-4-5-3 2
130313 オースミイチバン 牡4 川島信二 55 5 1-1-1-1 6
120314 ランフォルセ 牡6 横山典弘 56 10 2-2-2-2 3

船橋2400メートルで行われるJpnⅡの地方交流重賞。

同時期にドバイがあるためチャンピオンホースはそちらへ遠征して、2~3番手の実績馬が多数参戦してくる。

15~17年にかけてクリソライトが三連覇を達成した。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 5- 1- 0- 4/ 1050.0%60.0%60.0%8563
2番人気 3- 2- 1- 4/ 1030.0%50.0%60.0%7670
3番人気 1- 2- 5- 2/ 1010.0%30.0%80.0%39115
4番人気 0- 2- 0- 8/ 100.0%20.0%20.0%032
5番人気 0- 3- 1- 6/ 100.0%30.0%40.0%0123
6番人気 1- 0- 1- 8/ 1010.0%10.0%20.0%45989
7番人気 0- 0- 2- 8/ 100.0%0.0%20.0%0166
8番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
9番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
10~人気 0- 0- 0- 35/ 350.0%0.0%0.0%00

1番人気は5勝2着1回で微妙な数字。3着が0なので勝つか馬券外ともいえる。

勝ち馬の9頭は3人気以内で、2着が5人気以内になっている。

データからは1着に上位人気の馬から選んで、2着に2~5人気の中から選ぶと良い。

長距離戦でまぎれが少ないので、8番人気以下はバッサリと消し。

配当別集計

単勝 枠連枠単馬複馬単三連複三連単
21 270円1,000円1,810円1,130円1,710円930円4,610円
20 240円320円660円330円650円410円1,550円
19 140円840円1,140円770円1,150円1,220円4,030円
18 180円120円210円120円220円140円350円
17 160円530円640円560円670円4,760円10,950円
16 130円370円440円370円490円1,280円3,290円
15 280円520円960円2,930円4,080円2,480円14,000円
14 210円780円1,280円710円1,110円14,170円32,420円
13 4,590円2,190円10,880円1,630円9,690円1,270円38,320円
12 390円6,700円9,330円6,080円7,630円25,890円135,060円
平均 659 円1,337 円2,735 円1,463 円2,740 円5,255 円24,458 円

13年に6人気のオースミイチバンが勝って単勝4590円と荒れた以外は、単勝は400円以下になっている。

18年にケイティブレイブが勝利して1・2・3の人気順に決着したが、この年は9頭立て(中央馬3頭・地方馬6頭)と少頭数だった。ガチガチで決まったのはそれだけで、三連単の配当は意外とついている。

調教師分類別集計

調教師分類 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
美浦 2- 0- 2- 5/ 922.2%22.2%44.4%7053
栗東 8- 9- 3- 10/ 3026.7%56.7%66.7%198109
地方 0- 1- 5- 80/ 860.0%1.2%7.0%032

中央馬の出走枠は4頭が上限となっている。

中央馬が圧倒しているが、地方所属馬も3着が5回と健闘している。

年齢別集計(中央馬)

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
4歳 3- 1- 1- 1/ 650.0%66.7%83.3%833120
5歳 2- 0- 1- 3/ 633.3%33.3%50.0%7655
6歳 3- 2- 1- 4/ 1030.0%50.0%60.0%7674
7歳 2- 5- 2- 5/ 1414.3%50.0%64.3%26133
8歳以上 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%036

中央馬にしぼった年齢別成績。

勝率・連対率ともに4歳の数字がいい。4歳馬で馬券圏外になったのは17・マイネルトゥランで、地方のダートが初だった。

今年は全馬が5歳なので、このデータは関係ない。

騎手別集計

騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
武豊 3- 1- 0- 0/475.0%100.0%100.0%142127
川田将雅 2- 2- 0- 0/450.0%100.0%100.0%102230
福永祐一 1- 0- 0- 0/1100.0%100.0%100.0%180100
酒井学 1- 0- 0- 0/1100.0%100.0%100.0%210130
C.ルメ 1- 0- 0- 0/1100.0%100.0%100.0%240100
横山典弘 1- 0- 0- 0/1100.0%100.0%100.0%390170
川島信二 1- 0- 0- 0/1100.0%100.0%100.0%4590230
戸崎圭太 0- 2- 0- 3/50.0%40.0%40.0%060
内田博幸 0- 1- 1- 0/20.0%50.0%100.0%0105
吉原寛人 0- 1- 1- 2/40.0%25.0%50.0%090

武騎手の3勝はクリソライトによるもの。川田騎手が連対率100%になっている。

戸崎騎手はフリオーソで08・09と連覇しているが、ここ10年に限ると勝てていない。

馬体重別集計(中央馬)

馬体重 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
440~459 0- 0- 1- 0/10.0%0.0%100.0%0110
460~479 1- 2- 0- 6/911.1%33.3%33.3%15111
480~499 3- 4- 3- 5/1520.0%46.7%66.7%6086
500~519 4- 0- 1- 4/944.4%44.4%55.6%56278
520~539 2- 1- 0- 0/366.7%100.0%100.0%160133
540~ 0- 2- 0- 0/20.0%100.0%100.0%0125

中央馬にしぼった馬体重別の成績。

500キロを超える大型馬の成績が安定している。

1・2着馬の前走成績

1着2着
21川崎記念(3人気)3着アルデバランS(8人気)5着
20川崎記念(4人気)5着チャンピオンズC(6人気)9着
19東海S(2人気)2着川崎記念(4人気)4着
18フェブラリーS(5人気)11着川崎記念(4人気)2着
17浦和記念(3人気)2着金盃(2人気)1着
16JBCクラシック(2人気)4着佐賀記念(2人気)3着
15東京大賞典(5人気)8着アルデバランS(11人気)5着
14フェブラリーS(4人気)8着川崎記念(2人気)3着
13佐賀記念(4人気)4着川崎記念(2人気)1着
12川崎記念(5人気)2着佐賀記念(6人気)1着

川崎記念から臨戦した馬が7頭連対と活躍している。

勝ち馬は前走で中央のダート重賞か地方交流重賞を使われていた。

中央or地方交流重賞以外のレースから連対したのは17・ユーロビートのみで、同馬にしても前年のダイオライト記念で3着に入るなど、地方交流重賞で実績があった。

脚質別集計(中央馬)

脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 4- 1- 2- 1/850.0%62.5%87.5%642122
先行 6- 7- 3- 7/2326.1%56.5%69.6%63116
差し 0- 1- 0- 6/70.0%14.3%14.3%015
追込 0- 0- 0- 1/10.0%0.0%0.0%00

中央馬にしぼった脚質別成績。

逃げた馬は高確率で馬券になっている。

差し・追い込みタイプは直線に向いた時点で手遅れといったケースも多く、実力馬でも苦戦が目立つ。

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 2- 0- 1- 7/1020.0%20.0%30.0%3232
2番 0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%068
3番 3- 1- 1- 5/1030.0%40.0%50.0%50112
4番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%2813
5番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%45954
6番 0- 1- 3- 6/100.0%10.0%40.0%0112
7番 0- 0- 1- 8/90.0%0.0%11.1%011
8番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%028
9番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%015
10番 2- 0- 2- 5/922.2%22.2%44.4%7365
11番 0- 2- 0- 6/80.0%25.0%25.0%031
12番 0- 1- 0- 7/80.0%12.5%12.5%021
13番 0- 0- 0- 6/60.0%0.0%0.0%00
14番 1- 0- 1- 3/520.0%20.0%40.0%48226
大外 2- 0- 1- 7/1020.0%20.0%30.0%51125

船橋競馬場2400メートルのコースはダイオライト記念のみで使用される特別なコースで、向かい上面からスタートして1周半してくる。

スタートして最初のコーナーまで距離が200メートルほどしかないため、前に行きたい馬であれば内枠がほしい。

データからも1~5番の内枠が7勝をあげていて偏りが見られる。

大外の14番から勝利したのは20・アナザートゥルースで、ルメール騎手の騎乗が光っていた。

内枠有利と見て間違いなさそう。

まとめ

  • 1番人気の勝率は50%・連対率は60%。3着は0回になっている
  • 勝ち馬の9頭は1~3人気。三連単の配当はソコソコついている
  • 中央馬が圧倒。とくに栗東所属馬が強い
  • 地方馬は3着が5回
  • 川田騎手の連対率は100%。戸崎騎手は最近は勝てていない
  • 500キロを超える大型馬の成績が安定している
  • 川崎記念組が主力。勝ち馬は前走でダート重賞を走っていた
  • 逃げ・先行がほとんど。差し・追い込みは苦戦
  • 内枠有利

コメント

タイトルとURLをコピーしました