アイルランド府中牝馬ステークス 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
191014 スカーレットカラー牝4岩田康誠 548 14-14-144
181013 ディアドラ牝4ルメール 564 11-09-091
171014 クロコスミア牝4岩田康誠 5411 01-01-015
161015 クイーンズリング牝4M.デム 5413 03-04-043
151017 ノボリディアーナ牝5ルメール 5415 11-12-0911
141018 ディアデラマドレ牝4藤岡康太 545 09-12-124
131014 ホエールキャプチャ牝5蛯名正義 5511 03-03-024
121013 マイネイサベル牝4松岡正海 5414 08-09-0710
111016 イタリアンレッド牝5中舘英二 5513 12-11-115
101017 テイエムオーロラ牝4国分恭介 5513 01-01-014
集計期間:2010.10.17 ~ 2019.10.14

エリザベス女王杯へ向かう古馬牝馬のためのステップレース。初期は1600メートルの距離だったが、96年から1800メートルに伸ばされた。これは1週前に行われる毎日王冠と同じコースになる。

昨年、一昨年と2年続けて、ここを勝った馬がエリザベス女王杯を制している。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 1- 3- 2- 4/ 1010.0%40.0%60.0%2389
2番人気 0- 2- 4- 4/ 100.0%20.0%60.0%0101
3番人気 1- 0- 1- 8/ 1010.0%10.0%20.0%6544
4番人気 4- 1- 0- 5/ 1040.0%50.0%50.0%282120
5番人気 2- 2- 1- 5/ 1020.0%40.0%50.0%200149
6番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
7番人気 0- 0- 2- 8/ 100.0%0.0%20.0%064
8番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
9番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%042
10~人気 2- 1- 0- 53/ 563.6%5.4%5.4%11350

まず目に付くのが上位人気馬の不振で、別定戦なのに1番人気が1勝、2番人気にいたっては0勝と、1~3人気で2勝しかあげられていない。2着まで広げても1~3人気で7頭なので、上位人気馬の信頼度はハンデ戦並に低いといえる。

逆に頑張ってるのが4番人気と5番人気の馬で6勝をあげている。狙い目はズバリ4・5番人気となる。

10番人気以下の馬も2勝あげていて5年に1度の割合で激走が見られる。

3連単で10万超えの配当は3回出ており、10年は2着に14人気のセラフィックロンプが入って42万円の高配当が出た。

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳 0- 0- 2- 1/ 30.0%0.0%66.7%0226
4歳 7- 4- 3- 41/ 5512.7%20.0%25.5%13155
5歳 3- 4- 3- 53/ 634.8%11.1%15.9%7648
6歳 0- 2- 2- 15/ 190.0%10.5%21.1%0110
7歳 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
8歳 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

4歳馬が勝率12%・連対率20%と他世代を圧倒している。

勝ち馬の10頭は4・5歳で、この2世代が中心。6歳は2着が2回あるだけで、7歳以上で馬券になった馬はいない。

3歳馬は同じ週に秋華賞があり出走数自体が少ない。

4歳・・・ラヴズオンリーユー、ダノンファンタジー、シゲルピンクダイヤ、他

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
2勝 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%0140
3勝 2- 0- 1- 25/ 287.1%7.1%10.7%6032
OPEN非L 2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%30.0%385116
OPEN(L) 0- 0- 0- 0/ 0     
G3 5- 7- 5- 56/ 736.8%16.4%23.3%8076
G2 1- 0- 1- 10/ 128.3%8.3%16.7%5634
G1 0- 1- 2- 15/ 180.0%5.6%16.7%023

前走G3組が5勝とトップ。じつに連対馬の20頭中12頭が前走でG3を使われていた。

意外なのは前走G1組が0勝と勝てていないことで、この中には1番人気に推されていたスマートレイアーやアパパネが含まれている。

前走OP特別組も勝率20%と優秀で、前走が3勝クラスだった馬は4歳・前走1着・栗東所属という共通項があった。

前走G3・・・ラヴズオンリーユー、トロワゼトワル、シゲルピンクダイヤ、シャドウディーヴァ、他

前走G1・・・ダノンファンタジー

レース検索

前走平地距離別集計

前走平地距離 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1400m 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
1600m 2- 4- 5- 35/ 464.3%13.0%23.9%2850
1700m 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
1800m 4- 4- 3- 30/ 419.8%19.5%26.8%11972
2000m 4- 2- 2- 39/ 478.5%12.8%17.0%12476
2200m 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
2500m 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

勝ち馬の10頭中8頭が、前走で1800メートルor2000メートルのレースを使われていた。

前走1600メートルのレースの中には安田記念やヴィクトリアマイルのG1が含まれているので減点と見ていいだろう。近5年に限ると前走で1800メートルの馬が3勝している

前走1800・・・サラキア、シャドウディーヴァ、フェアリーポルカ、サムシングジャスト

レース検索

種牡馬別集計

種牡馬 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
マンハッタンカフェ 2- 1- 1- 6/1020.0%30.0%40.0%131208
ステイゴールド 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%10439
クロフネ 1- 0- 1- 2/ 425.0%25.0%50.0%170102
テレグノシス 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%1590320
キングカメハメハ 1- 0- 0-12/137.7%7.7%7.7%6117
ネオユニヴァース 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%480175
フレンチデピュティ 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%3200770
ハービンジャー 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%230110
ヴィクトワールピサ 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%680210
ディープインパクト 0- 4- 2-15/210.0%19.0%28.6%050

ディープインパクト産駒が最多の21頭出走して未勝利になっている。この中にはヴィヴロスやスマートレイアーなどの1番人気だった馬が6頭含まれている。2着が4回あるのでまったくダメというわけではないが、1着では買いづらいデータ。

ディープインパクト産駒・・・ラヴズオンリーユー、サラキア、ダノンファンタジー、レッドアステル、レッドベルローズ

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%20.0%17050
平地・先行 2- 4- 4- 23/ 336.1%18.2%30.3%40108
平地・中団 2- 4- 3- 53/ 623.2%9.7%14.5%10245
平地・後方 4- 2- 3- 32/ 419.8%14.6%22.0%6548

逃げ馬が2勝をあげている一方で、追い込み馬も4勝あげている。開幕2週目で前に行ける馬が有利だが、脚質についてはそこまで気にする必要はないだろう。

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%028
2番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%0163
3番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%055
4番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%2331
5番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%8048
6番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%055
7番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%014
8番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%6852
9番 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
10番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%012
11番 2- 0- 1- 7/1020.0%20.0%30.0%17265
12番 0- 0- 1- 8/ 90.0%0.0%11.1%017
13番 3- 1- 0- 5/ 933.3%44.4%44.4%252120
14番 1- 0- 1- 4/ 616.7%16.7%33.3%530153
15番 1- 1- 1- 2/ 520.0%40.0%60.0%640242
16番 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
17番 0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%096

今年は登録段階で10頭なので、枠順についてはそこまで気にする必要はないが、勝ち馬の10頭中8頭が11番より外の馬番から出ている。

まとめ

今年の登録馬は4歳と5歳しかいない。上位人気が予想されるラヴズオンリーユー・ダノンファンタジーはディープインパクト産駒。上位人気が信頼できないデータからも積極的には買えない。とくにダノンファンタジーは前走がG1で人気を裏切るパターンにあてはまる。

トロワゼトワルは逃げ脚質なのは良いが5歳という年齢が引っかかる。

4~5人気が予想されるのは、サラキア・シャドウディーヴァ・フェアリーポルカで、このうちサラキアは5歳・ディープインパクト産駒で減点。過去10年の勝ち馬で9頭は年内に勝利をあげいた(例外は13年のホエールキャプチャ)データからフェアリーポルカが推奨馬となる。

次点は前走が1800メートルのOP特別で1着だったサラキア

人気薄で好走した馬は美浦所属の馬が多いデータからシャドウディーヴァを挙げる。

推奨フェアリーポルカ
減点ありサラキア
シャドウディーヴァ

コメント

タイトルとURLをコピーしました