アイルランド府中牝馬ステークス 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
201017サラキア牝5北村友一 54 4 04-05-037
191014スカーレットカラー牝4岩田康誠 54 8 14-14-144
181013ディアドラ牝4ルメール 56 4 11-09-091
171014クロコスミア牝4岩田康誠 54 11 01-01-015
161015クイーンズリング牝4M.デム 54 13 03-04-043
151017ノボリディアーナ牝5ルメール 54 15 11-12-0911
141018ディアデラマドレ牝4藤岡康太 54 5 09-12-124
131014ホエールキャプチャ牝5蛯名正義 55 11 03-03-024
121013マイネイサベル牝4松岡正海 54 14 08-09-0710
111016イタリアンレッド牝5中舘英二 55 13 12-11-115
集計期間:2011.10.16 ~ 2020.10.17

エリザベス女王杯へ向かう古馬牝馬のステップレース。初期は1600メートルの距離だったが、96年から1800メートルに伸ばされた。これは1週前に行われる毎日王冠と同じコースになる。古馬牝馬のG2戦はここと阪神牝馬ステークスしかない。

昨年の勝ち馬サラキアはその後、エリザベス女王杯・有馬記念で2着になった。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 1- 3- 2- 4/ 1010.0%40.0%60.0%2389
2番人気 0- 2- 3- 5/ 100.0%20.0%50.0%073
3番人気 1- 0- 1- 8/ 1010.0%10.0%20.0%6544
4番人気 3- 1- 0- 6/ 1030.0%40.0%40.0%21695
5番人気 2- 2- 1- 5/ 1020.0%40.0%50.0%200149
6番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%042
7番人気 1- 0- 2- 7/ 1010.0%10.0%30.0%202104
8番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%046
9番人気 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%046
10~人気 2- 0- 0- 46/ 484.2%4.2%4.2%13229

まず目に付くのが上位人気馬の不振で、別定戦でありながら1番人気が1勝、2番人気にいたっては0勝と、1~3人気で2勝しかあげられていない。2着まで広げても1~3人気で7頭なので、上位人気馬の信頼度はハンデ戦並に低いといえる。

逆に頑張ってるのが4番人気と5番人気の馬で5勝をあげている。狙い目はズバリ4・5番人気となる。10番人気以下の馬も2勝あげていて5年に1度の割合で激走が見られる。

3連単の平均は7万円で、上位人気が不振のわりに低く思えるが多頭数の場合はかなりの確率で高配当が出る。10年は2着に14人気のセラフィックロンプが入って42万円の高配当が出た。

1~3人気(想定)・・・マジックキャッスル、デゼル、ドナアトラエンテ

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%0200
4歳 6- 5- 4- 43/ 5810.3%19.0%25.9%11363
5歳 4- 4- 3- 46/ 577.0%14.0%19.3%12061
6歳 0- 1- 2- 13/ 160.0%6.3%18.8%044
7歳 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00

同じ週に秋華賞が組まれているため3歳馬出走してくることはほとんどない。4歳馬が勝率10%・連対率19%と他世代を圧倒している。勝ち馬の10頭は4・5歳で、この2世代が中心。6歳は2着が1回で、7歳以上で馬券になった馬はいない。

ただし、今年は出走馬がすべて4・5歳なので、年齢はあまり気にしなくていいだろう。

4歳・・・マジックキャッスル、マルターズディオサ、デゼル、アカイイト、スマートリアン、リアアメリア、ミスニューヨーク、アブレイズ、サンクテュエール

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
2勝 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
3勝 1- 0- 1- 21/ 234.3%4.3%8.7%4528
OPEN非L 3- 1- 0- 6/ 1030.0%40.0%40.0%587156
OPEN(L) 0- 0- 0- 0/ 0     
G3 5- 7- 6- 52/ 707.1%17.1%25.7%8372
G2 1- 0- 1- 10/ 128.3%8.3%16.7%5634
G1 0- 1- 2- 15/ 180.0%5.6%16.7%023

前走G3組が5勝とトップ。連対馬の20頭中12頭が前走でG3を使われていた。

逆に不振なのが前走G1組で、これが人気馬の不振につながっている。この中には1番人気に推されていたスマートレイアーやアパパネや、G1・4勝をあげたラッキーライラックも含まれている。

前走OP特別組も勝率30%と優秀で、昨年のサラキアも小倉日経オープンから参戦して勝利した。

前走G3・・・マジックキャッスル、マルターズディオサ、シャドウディーヴァ、スマートリアン、ローザノワール、アンドラステ、シゲルピンクダイヤ、リアアメリア、ドナアトラエンテ、他

前走G1・・・デゼル

レース検索

前走平地距離別集計

前走平地距離 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1400m 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
1600m 1- 4- 5- 35/ 452.2%11.1%22.2%1446
1700m 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
1800m 5- 5- 3- 28/ 4112.2%24.4%31.7%16996
2000m 4- 1- 2- 33/ 4010.0%12.5%17.5%14655
2200m 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00

勝ち馬の10頭中8頭が、前走で1800メートルor2000メートルのレースを使われていた。前走1600メートルのレースの中には安田記念やヴィクトリアマイルのG1が含まれているので減点と見ていいだろう。近5年に限ると前走で1800メートルの馬が3勝している

前走1800・・・マジックキャッスル、ミスニューヨーク、シゲルピンクダイヤ、ドナアトラエンテ、ローザノワール、フィリアプーラ、アカイイト

レース検索

調教師分類別集計

調教師分類 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
美浦 2- 4- 4- 44/ 543.7%11.1%18.5%7159
栗東 8- 6- 6- 63/ 839.6%16.9%24.1%11560

栗東所属馬が8勝と優位になっている。美浦所属馬は13・ホエールキャプチャ以降勝てていない。

栗東・・・デゼル、アカイイト、アブレイズ、リアアメリア、ミスニューヨーク、アンドラステ、ローザノワール、スマートリアン、他

レース検索

種牡馬別集計

種牡馬 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ディープインパクト 1- 4- 2-17/244.2%20.8%29.2%8461
マンハッタンカフェ 1- 0- 1- 6/ 812.5%12.5%25.0%8155
ステイゴールド 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%10439
クロフネ 1- 0- 1- 1/ 333.3%33.3%66.7%226136
ヴィクトワールピサ 1- 0- 1- 0/ 250.0%50.0%100.0%340335
テレグノシス 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%1590320
キングカメハメハ 1- 0- 0-12/137.7%7.7%7.7%6117
ネオユニヴァース 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%480175
フレンチデピュティ 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%3200770
ハービンジャー 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%230110
ハーツクライ 0- 3- 0- 6/ 90.0%33.3%33.3%074

昨年はディープインパクト産駒のサラキアが勝利したが、それまで同産駒は21頭出走して未勝利だった。この中にはヴィヴロスやスマートレイアー、昨年のラヴズオンリーユーなど、1番人気だった馬が7頭含まれている。2着が4回あるのでまったくダメというわけではないが、1着では買いづらいデータ。

ディープインパクト産駒・・・デゼル、マジックキャッスル、サンクテュエール、レッドベルディエス、サトノダムゼル、リアアメリア

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%10.0%10425
平地・先行 3- 3- 3- 24/ 339.1%18.2%27.3%10170
平地・中団 2- 5- 3- 45/ 553.6%12.7%18.2%11658
平地・後方 4- 2- 4- 29/ 3910.3%15.4%25.6%6862

追い込み馬が4勝あげている。開幕2週目で基本的には前に行ける馬が有利だが、脚質についてはそこまで気にする必要はないだろう。

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%028
2番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%024
3番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%055
4番 2- 1- 0- 7/1020.0%30.0%30.0%22571
5番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%8048
6番 0- 2- 1- 7/100.0%20.0%30.0%097
7番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%014
8番 1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%6898
9番 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
10番 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%013
11番 2- 0- 1- 6/ 922.2%22.2%33.3%19172
12番 0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%020
13番 2- 1- 0- 5/ 825.0%37.5%37.5%201103
14番 1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%636128
15番 1- 1- 1- 1/ 425.0%50.0%75.0%800302
16番 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
17番 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%0145
18番 0- 0- 0- 0/ 0     

今年はフルゲートの18頭で行われる。二桁馬番の馬が6勝しているように外枠がやや有利の傾向が出ているが、さすがに16番より外は割り引いたほうがいいかもしれない。

まとめ

今年は18頭とフルゲート行われるため、傾向からすると三連単は10万円を超える確率が高い。上位人気の一角に支持されそうなデゼルだが、前走が不振のG1組のうえ外枠に入った。データからは買える要素はない。1番人気になりそうなマジックキャッスルはディープインパクト産駒ということもあり、2~3着になりそう。それに雨予報で馬場状態が気がかり。昨年は重馬場でサラキアが勝利したが、1番人気に支持されていたラヴズオンリーユーが5着に敗れた。

14年以降の1着馬は年内に勝利をあげていたデータがあり、昨年のサラキアと同じく小倉日経オープンからの参戦となるミスニューヨークを推奨馬に抜擢したい。キングズベスト産駒で雨が降るのも問題なさそう。

穴にはややこじつけになるが、荒れることを前提として年内1800メートルの重賞勝ちがある、アンドラステをあげる。

推奨ミスニューヨーク
減点ありマジックキャッスル
アンドラステ

コメント

タイトルとURLをコピーしました