阪神大賞典 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210321ディープボンド牡4和田竜二 56 6 04-04-033
200322ユーキャンスマイル牡5岩田康誠 56 10 09-08-042
190317シャケトラ牡6戸崎圭太 57 10 09-02-021
180318レインボーライン牡5岩田康誠 56 7 09-08-043
170319サトノダイヤモンド牡4ルメール 57 9 08-08-041
160320シュヴァルグラン牡4福永祐一 55 11 07-07-041
150322ゴールドシップ牡6岩田康誠 58 8 05-03-021
140323ゴールドシップ牡5岩田康誠 58 1 02-02-021
130317ゴールドシップ牡4内田博幸 57 7 07-04-031
120318ギュスターヴクライ牡4福永祐一 55 1 06-05-043
集計期間:2012. 3.18 ~ 2021. 3.21

阪神3000メートルのコースで開催される、長距離戦。

古馬・王道路線の第1戦である天皇賞(春)へ向かうステイヤーがこぞって出走してくる。

メジロマックイーンやテイエムオペラオー・ディープインパクトなど、名だたる名馬がここをステップに天皇賞(春)を制した。

13~15年にかけてゴールドシップが3連覇を達成した。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 6- 1- 1- 2/ 1060.0%70.0%80.0%10789
2番人気 1- 2- 1- 6/ 1010.0%30.0%40.0%59121
3番人気 3- 1- 2- 4/ 1030.0%40.0%60.0%293158
4番人気 0- 2- 1- 7/ 100.0%20.0%30.0%061
5番人気 0- 2- 3- 5/ 100.0%20.0%50.0%0159
6番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%039
7番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%025
8番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
9番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%0259
10~人気 0- 0- 1- 15/ 160.0%0.0%6.3%051

長距離戦でごまかしがきかないため昔から堅い決着が多いレースとして有名。

1番人気は6勝で、単勝回収値は100円を超えている。

勝ち馬は1~3人気で固まってる一方で、2着は中穴からも出ている。

過去10年で1・2番人気で決着したのは17年のサトノダイヤモンドーシュヴァルグランの1度のみ。8人気以下で連対した馬はいない。

三連単の平均配当は29000円となっている。

上位人気(想定)・・・ディープボンド、マカオンドール、アイアンバローズ

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
4歳 5- 4- 3- 9/ 2123.8%42.9%57.1%137129
5歳 3- 3- 3- 19/ 2810.7%21.4%32.1%4752
6歳 2- 3- 2- 19/ 267.7%19.2%26.9%14191
7歳 0- 0- 2- 16/ 180.0%0.0%11.1%042
8歳 0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%00

4歳馬が5勝、連対率42%と活躍。単勝・複勝回収値ともに100円を超えている。

5・6歳は差はないが、7歳以上だと割引が必要。

牝馬は【0-1-0-3】。15・デニムアンドルビーが2着になったのみ。

4歳・・・マカオンドール

7歳以上・・・アドマイヤアルバ、シロニイ、ダンビュライト、ユーキャンスマイル

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
有馬記念G1 4- 6- 1- 5/1625.0%62.5%68.8%59133
アメリカG2 2- 0- 0- 5/ 728.6%28.6%28.6%5435
ダイヤモHG3 1- 1- 3-20/254.0%8.0%20.0%53146
日経新春HG2 1- 0- 2- 6/ 911.1%11.1%33.3%33140
JCG1 1- 0- 1- 2/ 425.0%25.0%50.0%147107
中山金杯HG3 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%1030830
万葉SH 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%026
松籟SH・3勝 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%0143
尼崎S1600 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%0195
京都記念G2 0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%024
御堂筋S1600 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0150
小倉大賞HG3 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00

トップホースが始動戦として選ぶことも多く、王道路線の最終戦である有馬記念組が連対率62%とずば抜けている。

以下、ジャパンカップを含む2000メートル以上の重賞が並んでいる。

最近は長距離戦のレベル低下もあり、3勝クラスを走っていた馬が2着に入るケースが出てきている。

有馬記念・・・ディープボンド、ユーキャンスマイル

レース検索

前走人気別集計

前走人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1人気 5- 4- 1- 6/ 1631.3%56.3%62.5%12698
前走2人気 2- 0- 0- 3/ 540.0%40.0%40.0%240188
前走3人気 0- 1- 1- 4/ 60.0%16.7%33.3%086
前走4人気 1- 1- 2- 6/ 1010.0%20.0%40.0%5987
前走5人気 0- 1- 1- 9/ 110.0%9.1%18.2%039
前走6~9人 2- 0- 3- 20/ 258.0%8.0%20.0%31138
前走10人~ 0- 3- 2- 26/ 310.0%9.7%16.1%069

前走1番人気に支持されていた馬は連対率56%と高い。これはクラスにかかわらず、3勝クラスでも【0-1-1-1】と複勝率は66%になっている。

前走1番人気・・・マカオンドール

レース検索

種牡馬別集計

種牡馬 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ステイゴールド 4- 1- 0- 3/ 850.0%62.5%62.5%12571
ハーツクライ 2- 4- 0-10/1612.5%37.5%37.5%10270
ディープインパクト 1- 2- 2- 5/1010.0%30.0%50.0%11124
キングカメハメハ 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%5997
マンハッタンカフェ 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%5535
キズナ 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%1030830
ゼンノロブロイ 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%070
ネオユニヴァース 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0160
アドマイヤドン 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%065
ディープスカイ 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%055
ダンスインザダーク 0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%0146
ハービンジャー 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%095

ステイゴールド産駒が4勝をあげているが、このうち3勝はゴールドシップによるもの。今年は産駒はいないが、息子のオルフェーヴル産駒がいる。

長距離血統といわれるハーツクライ産駒が連対率37%と結果を残している。

オルフェーヴル産駒・・・アイアンバローズ、シルヴァーソニック

ハーツクライ産駒・・・アドマイヤアルバ、キングオブドラゴン、ゴースト

レース検索

騎手別集計

騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
岩田康誠 4- 0- 1- 3/ 850.0%50.0%62.5%18591
福永祐一 2- 1- 0- 5/ 825.0%37.5%37.5%20547
和田竜二 1- 0- 1- 4/ 616.7%16.7%33.3%171193
内田博幸 1- 0- 1- 0/ 250.0%50.0%100.0%551345
ルメール 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%5550
戸崎圭太 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%220140
武豊 0- 1- 1- 4/ 60.0%16.7%33.3%045
四位洋文 0- 1- 1- 2/ 40.0%25.0%50.0%097
浜中俊 0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%050
藤岡佑介 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%0121
池添謙一 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%055
川田将雅 0- 1- 0- 3/ 40.0%25.0%25.0%037

岩田騎手が4勝と活躍。福永騎手も連対率が37%になっている。

川田騎手は長距離戦を苦手としていて、過去10年・3000メートル以上のレースで【1-2-3-24】となっている。

川田騎手・・・シルヴァーソニック

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 0- 0- 3- 7/ 100.0%0.0%30.0%0130
平地・先行 5- 4- 3- 25/ 3713.5%24.3%32.4%8178
平地・中団 0- 4- 0- 17/ 210.0%19.0%19.0%059
平地・後方 0- 1- 4- 27/ 320.0%3.1%15.6%0114
平地・マクリ 5- 1- 0- 0/ 683.3%100.0%100.0%265136

先行とマクリがともに5勝ずつと極端な数字になっている。

レースではどれがまくるかわからないので、馬券の軸は先行馬から選ぶのが無難。

先行・・・ディープボンド、ダンビュライト、シロニイ、ゴースト、他

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 2- 0- 2- 6/1020.0%20.0%40.0%151124
2番 0- 1- 2- 7/100.0%10.0%30.0%053
3番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%054
4番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%062
5番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%0259
6番 1- 3- 2- 4/1010.0%40.0%60.0%103193
7番 2- 1- 0- 7/1020.0%30.0%30.0%6763
8番 1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%1642
9番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%1110
10番 2- 1- 0- 5/ 825.0%37.5%37.5%101138
11番 1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%6022
12番 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%055
13番 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

阪神3000メートルのコースは、向かい正面からスタートして内回りコースを2周する。勝ち馬は6~10の中ほどの馬番から出ている傾向がある。

6~10番・・・キングオブドラゴン、アイアンバローズ、ユーキャンスマイル、マカオンドール、マンオブスピリット

まとめ

昨年の勝ち馬のディープボンドは有馬記念2着でもあり、とくに逆らう要素がない。1番人気が6勝のデータからも素直に推奨馬となる。

4歳のマカオンドールは前走が万葉Sというのが微妙に引っかかる。過去をさかのぼってみても同レースから1着になった馬はいない。2着は何度かあるのでダメというわけではないが、2番人気がイマイチなデータからも危ないとすればこちらだろう。

穴は昨年のレースでディープボンドの2着だったユーキャンスマイルをあげる。過去36年で、有馬記念で6~9着だった馬は【2-3-1-2】のデータがあり十分買える。

推奨ディープボンド
減点ありマカオンドール
ユーキャンスマイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました