京都記念 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210214ラヴズオンリーユー牝5川田将雅 54 4 04-04-031
200216クロノジェネシス牝4北村友一 54 7 03-03-031
190210ダンビュライト牡5松若風馬 56 8 02-03-036
180211クリンチャー牡4藤岡佑介 55 4 03-02-044
170212サトノクラウン牡5M.デム 58 6 03-03-033
160214サトノクラウン牡4M.デム 56 7 02-03-016
150215ラブリーデイ牡5戸崎圭太 56 6 02-02-023
140216デスペラード牡6横山典弘 57 11 01-01-026
130210トーセンラー牡5武豊 56 11 07-08-076
120212トレイルブレイザー牡5武豊 57 3 03-03-015
集計期間:2012. 2.12 ~ 2021. 2.14

秋の京都大賞典と並ぶ、冬の京都競馬場で開催される伝統のG2競走。

94・ビワハヤヒデ、00・テイエムオペラオー、07・アドマイヤムーン、10・ブエナビスタなど、数々の名馬たちがここを経てG1を制した。

昨年の勝ち馬ラヴズオンリユーは、その後、BCフィリー&メアターフ・香港Cなどを勝利して、日本馬としてはじめてアメリカのエクリプス賞で最優秀芝牝馬部門賞を受賞した。

京都競馬場が改修工事中のため、昨年に引き続き阪神2200メートルで開催される。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 2- 2- 2- 4/ 1020.0%40.0%60.0%4571
2番人気 0- 2- 3- 5/ 100.0%20.0%50.0%084
3番人気 2- 4- 2- 2/ 1020.0%60.0%80.0%129143
4番人気 1- 1- 2- 6/ 1010.0%20.0%40.0%105122
5番人気 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%14561
6番人気 4- 0- 1- 5/ 1040.0%40.0%50.0%612214
7番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
8番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
9番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
10~人気 0- 0- 0- 20/ 200.0%0.0%0.0%00

一昨年・昨年と1番人気が連勝しているが、それまで8連敗していた。連対率は40%で、依然として1番人気馬の信頼度は高いとはいえない。2番人気は0勝。3~6人気で合わせて8勝をあげているように狙い目は、この辺になっている。

面白いのは7人気以下は1頭も馬券になっていないこと。データからは人気薄の大穴狙いはやめといたほうが良い。

三連単の平均配当は25000円と、1・2番人気が不振のわりに小波乱といったところ。

上位人気(想定)・・・ユーバーレーベン、レッドジェネシス、マリアエレーナ、サンレイポケット、ジェラルディーナ、レッドガラン

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
4歳 3- 6- 2- 17/ 2810.7%32.1%39.3%8072
5歳 6- 1- 6- 18/ 3119.4%22.6%41.9%15185
6歳 1- 2- 1- 24/ 283.6%10.7%14.3%12260
7歳 0- 1- 1- 16/ 180.0%5.6%11.1%031
8歳 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00

5歳馬が6勝をあげてトップ。連対率だと4歳馬が32%をあげている。

6歳馬までが勝負圏内で、7歳以上になると厳しい。

牝馬は【2-3-0-12】。2年連続で牝馬が勝利している。

5歳・・・エヒト、ディアマンミノル

7歳以上・・・マカヒキ、レッドガラン、サンレイポケット、アフリカンゴールド

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3勝 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
OPEN非L 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%022
OPEN(L) 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
G3 2- 1- 0- 14/ 1711.8%17.6%17.6%10437
G2 1- 2- 2- 35/ 402.5%7.5%12.5%2126
G1 5- 5- 7- 18/ 3514.3%28.6%48.6%167118
 海外 2- 1- 1- 0/ 450.0%75.0%100.0%472225

前走G1組が5勝をあげてトップ。海外も含めると勝ち馬の7頭が前走でG1レースを走っていた。勢いよりも格が重視されるレースであり、OP・条件戦組は歯が立たないのが実情。

前走G1・・・ユーバーレーベン、レッドジェネシス、サンレイポケット、マカヒキ

前走OP・・・ディアマンミノル

レース検索

生産者別集計

生産者 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ノーザンファーム 6- 2- 4-26/3815.8%21.1%31.6%9257
社台ファーム 1- 6- 1- 6/147.1%50.0%57.1%6596
ノースヒル 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%36262
平山牧場 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%1050180
田中裕之 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%34301130
辻牧場 0- 1- 1- 1/ 30.0%33.3%66.7%0196
岡田スタツド 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%0120
ノースヒルズ 0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%050
矢野牧場 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0160
橋本牧場 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0150
S. F. Bloodstock LLC 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0450

ノーザンファームが3連勝中で、6勝をあげていてトップ。牝馬で勝利した2頭もノーザンファーム生産馬だった。

社台ファームは2着が目立つ。

ノーザンファーム生産馬・・・レッドジェネシス、マカヒキ、ジェラルディーナ、ラーゴム、ダノンマジェスティ

レース検索

馬体重別集計

馬体重 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
420~439kg 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
440~459kg 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
460~479kg 4- 6- 1- 15/ 2615.4%38.5%42.3%8882
480~499kg 6- 1- 4- 27/ 3815.8%18.4%28.9%21288
500~519kg 0- 2- 5- 14/ 210.0%9.5%33.3%060
520~539kg 0- 1- 0- 11/ 120.0%8.3%8.3%014
540~ 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

勝ち馬は460~500キロの中型に集中している。

460~500キロ・・・ユーバーレーベン、レッドジェネシス、サンレイポケット、ダノンマジェスティ、ディアマンミノル、タガノディアマンテ、エヒト、アフリカンゴールド

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%343148
平地・先行 8- 5- 7- 19/ 3920.5%33.3%51.3%154104
平地・中団 1- 3- 2- 22/ 283.6%14.3%21.4%3236
平地・後方 0- 1- 1- 29/ 310.0%3.2%6.5%011
平地・マクリ 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00

今年は阪神競馬場の2200メートルで開催のため、このままデータが当てはまるか微妙だが、開幕週でもあり先行馬が有利と考えていいだろう。追い込み馬は雨が降るなど特殊要因がなければ辛い。

先行・・・アフリカンゴールド、マリアエレーナ

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 5- 6- 24/ 350.0%14.3%31.4%071
2番 3- 5- 3- 23/ 348.8%23.5%32.4%162100
3番 4- 7- 2- 22/ 3511.4%31.4%37.1%4594
4番 7- 3- 0- 25/ 3520.0%28.6%28.6%7142
5番 2- 3- 0- 30/ 355.7%14.3%14.3%24074
6番 5- 1- 5- 24/ 3514.3%17.1%31.4%5944
7番 4- 1- 3- 25/ 3312.1%15.2%24.2%413163
8番 1- 4- 2- 26/ 333.0%15.2%21.2%455
9番 3- 0- 3- 23/ 2910.3%10.3%20.7%6539
10番 0- 2- 0- 22/ 240.0%8.3%8.3%043
11番 0- 1- 3- 19/ 230.0%4.3%17.4%040
12番 1- 0- 1- 17/ 195.3%5.3%10.5%2876
13番 0- 1- 4- 7/ 120.0%8.3%41.7%0143
14番 1- 2- 0- 6/ 911.1%33.3%33.3%170100
15番 0- 0- 1- 8/ 90.0%0.0%11.1%015
16番 2- 0- 2- 5/ 922.2%22.2%44.4%766310
17番 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
18番 2- 0- 0- 4/ 633.3%33.3%33.3%9845
集計期間:2019. 2.23 ~ 2021.12.12

阪神・2200(芝)の過去3年の馬番別成績。宝塚記念と同じコースになる。昨年のエリザベス女王杯は同コースで開催されて外枠の馬で決着したが、当時は連続開催で内側の馬場が荒れていた。どちらかというと芝の状態のいい大阪杯に近いと考えられる。

まとめ

過去10年の勝ち馬のうち9頭はすでに重賞勝ちがあった。唯一の例外は18・クリンチャー。同馬にしても同じ京都競馬場で行われた菊花賞で2着の実績があった。今年のメンバーで重賞勝ちがあるのは、ユーバーレーベン・レッドジェネシス・マカヒキ・ラーゴム・サンレイポケット・レッドガランの6頭。このうちレッドガラン・サンレイポケット・マカヒキは年齢で脱落。ノーザンファーム生産馬で、前走がG1の菊花賞・阪神コース勝ちのあるレッドジェネシスを推奨馬にしたい。

次点にはオークス馬のユーバーレーベン。同馬は非ノーザンファーム生産馬であることが減点なのと、阪神コースで未勝利というのもどうか。クロノジェネシスにしてもラヴズオンリユーにしても、開催競馬場での勝ち鞍があった。

穴はノーザンファーム生産馬かつ、阪神で行われたアンドロメダS(OP)勝利のあるラーゴムをあげる。もし当日6人気以内になるようなら単勝で狙ってみるのも面白いだろう。

推奨レッドジェネシス
減点ありユーバーレーベン
ラーゴム

コメント

タイトルとURLをコピーしました