クイーンカップ 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210213アカイトリノムスメ牝3戸崎圭太 54 6   06-052
200215ミヤマザクラ牝3福永祐一 54 1   02-022
190211クロノジェネシス牝3北村友一 55 9   06-061
180212テトラドラクマ牝3田辺裕信 54 6   02-013
170211アドマイヤミヤビ牝3ルメール 54 15   08-061
160213メジャーエンブレム牝3ルメール 55 6   01-011
150214キャットコイン牝3柴田善臣 54 6   08-072
140218フォーエバーモア牝3蛯名正義 54 6   02-021
130209ウキヨノカゼ牝3ビュイッ 54 15   04-044
120211ヴィルシーナ牝3岩田康誠 54 9   02-022
集計期間:2012. 2.11 ~ 2021. 2.13

2月の東京競馬場で開催される3歳牝馬限定の重賞。1600メートルの距離だが桜花賞よりも、同じ東京競馬場で施工されるオークスやNHKマイルC・ヴィクトリアマイルとの結びつきが強い。

99・ウメノファイバー、04・ダイワエルシエーロは、桜花賞で敗退後、オークス馬に輝いた。

※13年は3着同着

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 4- 1- 2- 3/ 1040.0%50.0%70.0%8189
2番人気 4- 1- 2- 3/ 1040.0%50.0%70.0%178105
3番人気 1- 3- 0- 6/ 1010.0%40.0%40.0%5678
4番人気 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%8337
5番人気 0- 3- 1- 6/ 100.0%30.0%40.0%0107
6番人気 0- 0- 2- 8/ 100.0%0.0%20.0%086
7番人気 0- 1- 2- 7/ 100.0%10.0%30.0%0113
8番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%041
9番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
10~人気 0- 0- 1- 58/ 590.0%0.0%1.7%044

1番人気と2番人気で4勝ずつと、連対率・複勝率ともに互角の数字になっている。

勝ち馬は1~4人気までの馬で、連対馬の20頭中19頭は5番人気以内になっている。

三連単の平均配当は28000円と低い。三歳牝馬・多頭数で荒れそうなイメージとは逆に堅い決着が多い。

上位人気(想定)・・・スターズオンアース、ベルクレスタ、プレサージュリフト、モカフラワー、ラリュエル

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
新馬 0- 2- 2-13/170.0%11.8%23.5%088
未勝利 0- 1- 1-20/220.0%4.5%9.1%030
1勝 4- 1- 1-40/468.7%10.9%13.0%3630
OPEN非L 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
OPEN(L) 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
G3 3- 3- 5-19/3010.0%20.0%36.7%59143
G2 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
G1 3- 3- 2-13/2114.3%28.6%38.1%2460

前走クラス別だと、1勝クラス・G3・G1が、それぞれ4勝・3勝・3勝をあげているが、連対率でみると前走G1組がやや高い。新馬・未勝利戦組は2着までになっている。

前走G1・・・ベルクレスタ、スタティスティクス

レース検索

前入線順位別集計

前入線順位 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1着 5- 3- 3- 45/ 568.9%14.3%19.6%3252
前走2着 3- 3- 2- 9/ 1717.6%35.3%47.1%8390
前走3着 1- 1- 1- 13/ 166.3%12.5%18.8%1140
前走4着 0- 1- 2- 7/ 100.0%10.0%30.0%041
前走5着 0- 1- 0- 6/ 70.0%14.3%14.3%021
前走6~9着 1- 1- 2- 22/ 263.8%7.7%15.4%21121
前走10着~ 0- 0- 1- 16/ 170.0%0.0%5.9%020

勝ち馬の9頭は前走で3着以内に入っていた。唯一の例外は18・テトラドラクマでフェアリーS・6着から巻き返した。阪神JFで掲示板を外したベルクレスタとスタティスティクスにとっては嫌なデータ。

前走3着以内・・・ショショローザ、ラリュエル、ウインエクレール、ハピネスアゲン、スターズオンアース、アオイモエ、プレサージュリフト、アメリカンスター

レース検索

前走平地距離別集計

前走平地距離 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1200m 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
1400m 0- 1- 0- 12/ 130.0%7.7%7.7%014
1500m 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
1600m 7- 9- 10- 86/1126.3%14.3%23.2%2572
1800m 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%038
2000m 3- 0- 0- 5/ 837.5%37.5%37.5%14258

前走が芝のレースであるのは当然だが、1600と2000メートルの距離だった馬がほとんどを占めている。今年は該当馬がいないが、前走2000メートルで1・2着だった馬は注目したい。

前走1500以下・・・コントディヴェール、スマイルアップ

レース検索

キャリア別集計

キャリア 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1戦 0- 2- 2- 13/ 170.0%11.8%23.5%088
2戦 2- 1- 3- 23/ 296.9%10.3%20.7%4345
3戦 6- 5- 1- 20/ 3218.8%34.4%37.5%6354
4戦 2- 1- 3- 28/ 345.9%8.8%17.6%20107
5戦 0- 1- 2- 10/ 130.0%7.7%23.1%073
6戦 0- 0- 0- 12/ 120.0%0.0%0.0%00

最近は、どの陣営もレースをあまり使わない傾向のためキャリア数の少ない馬が多いが、勝ち馬はキャリアが2~4戦の馬になっている。とくにキャリア3戦の馬は連対率が34%と高い。

キャリアが5戦以上の馬は割り引いて考えたい。

キャリア3戦・・・ロムネヤ、アメリカンスター

キャリア5戦以上・・・ショウナンアメリア、スマイルアップ

レース検索

調教師分類別集計

調教師分類 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
美浦 6- 6- 8- 89/1095.5%11.0%18.3%2463
栗東 4- 4- 3- 23/ 3411.8%23.5%32.4%3966

この時期に栗東所属馬がわざわざ遠征してくるのは、オークスなどを考えて東京コースを経験させておきたいという陣営の考えがある。それだけ厩舎の期待馬であり、実際に美浦所属馬よりも勝率・連対率ともに高い。

栗東所属馬・・・ベルクレスタ、ショショローザ、ラリュエル、モズゴールドバレル、コントディヴェール、アメリカンスター、スタティスティクス

レース検索

生産者別集計

生産者 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ノーザンファーム 7- 6- 6-22/4117.1%31.7%46.3%6197
白老ファーム 1- 0- 1- 3/ 520.0%20.0%40.0%8860
追分ファーム 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%9055
ファニーフレンズファーム 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%830180
社台ファーム 0- 2- 1-22/250.0%8.0%12.0%032
シンボリ牧場 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%075
林孝輝 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0360
大柳ファーム 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%01305
天羽牧場 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0410
高昭牧場 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0250

ノーザンファームを筆頭に、社台系の生産牧場がズラリと並んでいる。気になるのは本家の社台ファームが25頭出走して未勝利なこと。

ノーザンファーム・・・ベルクレスタ、ショショローザ、ロムネヤ、プレサージュリフト

社台ファーム・・・ラリュエル、スターズオンアース、アオイモエ、スタティスティクス

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 1- 0- 3- 6/ 1010.0%10.0%40.0%13129
平地・先行 5- 1- 0- 31/ 3713.5%16.2%16.2%6527
平地・中団 4- 6- 6- 37/ 537.5%18.9%30.2%26110
平地・後方 0- 3- 2- 44/ 490.0%6.1%10.2%019

馬券の中心は先行・差し馬だが、3歳戦ということもあり、陣営の指示で折り合いに専念する馬が多く、逃げた穴馬が残るケースがチラホラある。確実に逃げる馬がわかっているのなら狙ってみるのはありだろう。

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%3816
2番 0- 3- 2- 5/100.0%30.0%50.0%0114
3番 0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%086
4番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%049
5番 0- 0- 1- 8/ 90.0%0.0%11.1%0290
6番 5- 1- 1- 3/1050.0%60.0%70.0%180101
7番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
8番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
9番 2- 2- 1- 5/1020.0%40.0%50.0%68121
10番 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
11番 0- 1- 1- 7/ 90.0%11.1%22.2%036
12番 0- 1- 1- 7/ 90.0%11.1%22.2%062
13番 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
14番 0- 1- 1- 7/ 90.0%11.1%22.2%055
15番 2- 0- 0- 6/ 825.0%25.0%25.0%14037
16番 0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%00

6番が5勝をあげているが、これは人気馬がたまたま固まったレアケース。Dコース使用で、基本的には内枠有利だが、先々重賞で活躍できるような馬なら馬群で揉まれるより伸び伸びと走れる外枠のほうが能力を発揮できる。

まとめ

上位人気が想定される馬うちスターズオンアースは社台ファーム生産というのが気になる。高柳厩舎は開業13年目で昨年ようやく初重賞をあげたばかりで、ここも信頼できるかというと微妙。

ベルクレスタは前走・阪神JFで6着というのが引っかかるが、もしかすると右回りが敗因の可能性がある。重賞どころかG1も勝ちまくっている須貝厩舎でもあり、こちらを上に見たい。

穴は3戦というキャリアを重視して、ルメール騎手のロムネヤをあげる。

推奨ベルクレスタ
減点ありスターズオンアース
ロムネヤ

コメント

タイトルとURLをコピーしました