スプリングステークス 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210321ヴィクティファルス牡3池添謙一 56 14 08-09-093
200322ガロアクリーク牡3ヒューイ 56 7 06-07-046
190317エメラルファイト牡3石川裕紀 56 9 07-07-0410
180318ステルヴィオ牡3ルメール 56 8 08-07-061
170319ウインブライト牡3松岡正海 56 10 08-08-065
160320マウントロブソン牡3シュタル 56 1 04-05-054
150322キタサンブラック牡3北村宏司 56 1 02-02-015
140323ロサギガンティア牡3M.デム 56 2 09-05-033
130317ロゴタイプ牡3C.デム 56 5 04-04-021
120318グランデッツァ牡3M.デム 56 14 06-04-033
集計期間:2012. 3.18 ~ 2021. 3.21

3週間後に行われる皐月賞トライアル。賞金的に出走権のない牡馬が本番を目指して参戦してくる。

近年は間隔をあけるステップが主流となり、レースレベルが低下している。

過去にはミホノブルボンやナリタブライアン・オルフェーヴルといった名馬たちが、ここを勝って皐月賞を制した。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 2- 5- 2- 1/ 1020.0%70.0%90.0%57125
2番人気 0- 1- 2- 7/ 100.0%10.0%30.0%044
3番人気 3- 2- 0- 5/ 1030.0%50.0%50.0%18797
4番人気 1- 0- 1- 8/ 1010.0%10.0%20.0%8036
5番人気 2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%30.0%20469
6番人気 1- 0- 2- 7/ 1010.0%10.0%30.0%166108
7番人気 0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%074
8番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
9番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
10~人気 1- 0- 2- 40/ 432.3%2.3%7.0%6347

1番人気は2勝のみだが2着が5回に3着が2回と、複勝率は90%になっている。唯一、馬券圏外になった17・サトノアレスにしても4着なので、三連系の軸としての信頼度は高いといえる。

2番人気は2着が1回と不振。3~6人気で7勝をあげているようにちょい穴の伏兵に妙味がある。

三連単の平均配当は48000円と低い。

上位人気(想定)・・・アサヒ、ソリタリオ、アライバル、ビーアストニシッド、アルナシーム

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
新馬 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
未勝利 0- 0- 1- 8/ 90.0%0.0%11.1%015
1勝 6- 4- 3- 39/ 5211.5%19.2%25.0%14974
OPEN非L 0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%091
OPEN(L) 0- 0- 2- 1/ 30.0%0.0%66.7%0183
G3 2- 3- 1- 32/ 385.3%13.2%15.8%3433
G2 0- 0- 1- 4/ 50.0%0.0%20.0%022
G1 2- 3- 1- 6/ 1216.7%41.7%50.0%4775

馬券の中心は前走1勝クラスの馬で6勝をあげている。

前走G1組で馬券になったのは1・2番人気のみ。もっというと1番人気に支持されていないと2着に入れていない。次いでG3組になっている。

新馬・未勝利戦組は基本的には消しでいい。

前走1勝クラス・・・アルナシーム、オウケンボルト、ニシノスーベニア

前走G1・・・ドーブネ、グランドライン、サトノヘリオス

未勝利戦・・・エンギダルマ、サノラキ、ディオ

レース検索

前入線順位別集計

前入線順位 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1着 6- 6- 5- 44/ 619.8%19.7%27.9%10568
前走2着 2- 2- 4- 13/ 219.5%19.0%38.1%4486
前走3着 1- 0- 0- 6/ 714.3%14.3%14.3%8527
前走4着 1- 2- 1- 8/ 128.3%25.0%33.3%138115
前走5着 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
前走6~9着 0- 0- 0- 13/ 130.0%0.0%0.0%00
前走10着~ 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00

馬券になった馬のすべてが前走で4着以内に入っていた。理想は1・2着。

前走の条件にかかわらず5着以下の馬は消しとなる。

前走1・2着・・・エンギダルマ、サノラキ、ディオ、アルナシーム、オウケンボルト、ソリタリス

5着以下・・・アサヒ、グランドライン、サトノヘリオス、トーセンヴァンノ、ドーブネ、ニシノスーベニア、リューベック

レース検索

前走騎手別集計

前走騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
◆乗替り 8- 2- 5-49/6412.5%15.6%23.4%11859
◆同騎手 2- 8- 5-54/692.9%14.5%21.7%2954

皐月賞の出走権がかかっていることもあり、どの陣営も勝負気配が強い。そのため腕の立つジョッキーへの乗り替わりが結果を残しているデータがある。

乗り替わり(想定)・・・ソリタリオ、エンギダルマ、ディオ、ドーブネ

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 0- 1- 0- 11/ 120.0%8.3%8.3%018
平地・先行 5- 4- 4- 23/ 3613.9%25.0%36.1%15192
平地・中団 4- 5- 4- 31/ 449.1%20.5%29.5%5776
平地・後方 0- 0- 1- 36/ 370.0%0.0%2.7%02
平地・マクリ 1- 0- 1- 2/ 425.0%25.0%50.0%415130

トライアルで積極的な競馬をする馬が多く先行激化になりやすい。そのため逃げ馬は2着1回のみと不振。かといって追い込みはほとんど決まっていない。馬券の中心は先行・差しタイプになっている。

逃げ・・・リューベック、ビーアストニシッド

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 2- 1- 0- 7/1020.0%30.0%30.0%20364
2番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%5640
3番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%011
4番 0- 2- 1- 7/100.0%20.0%30.0%0108
5番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%3434
6番 0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%044
7番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%16682
8番 1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%2342
9番 1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%27186
10番 1- 0- 4- 5/1010.0%10.0%50.0%81108
11番 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
12番 0- 0- 1- 6/ 70.0%0.0%14.3%037
13番 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
14番 2- 0- 0- 3/ 540.0%40.0%40.0%26278
15番 0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%0182
16番 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00

中山1800メートルといえば中山記念と同じコースになる。スタートして200メートルほどで最初のコーナーとなり、内枠の馬がポジションを取りやすい。データからも連対馬の20頭中17頭が一桁馬番になっている。

内枠・・・ビーアストニッシド、エンギダルマ、サトノヘリオス、グランドライン、サノラキ、ドーブネ、ディオ、アサヒ、ソリタリオ

まとめ

1番人気に支持されそうなアサヒは、前走で共同通信杯5着と敗れた点が減点材料。出遅れが原因とはいえ、データはデータなので次点になる。なお、同馬が未勝利戦(中山・1800)で接戦を演じたアスクビクターモアは弥生賞を勝利した。

ソリタリオは前走G3で2着かつ唯一の乗り替わり。今年のメンバーを見てみると前走で1勝クラスを勝ち上がった馬が不在で、G1組で上位人気になる馬もいない。消去法で同馬が推奨馬となる。

アライバルは京成杯組が過去36年で【0-1-0ー21】となっており手を出しづらい。前走4着というのもどうか。

水仙賞組は、昨年アサマノイタズラが4→2着、20・ガロアクリークが4→1着と、負けている馬の好走例が2年続いている。大外枠に入ってしまったがオウケンボルトは穴としてあり。

推奨ソリタリオ
減点ありアサヒ
オウケンボルト

コメント

タイトルとURLをコピーしました