黒船賞 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210316 テイエムサウスダン 牡4 岩田康誠 56 11 2-2-2-1 2
200310 ラプタス セ4 幸英明 56 4 不良 1-1-1-1 5
190321 サクセスエナジー 牡5 松山弘平 58 3 不良 3-2-2-1 1
180320 エイシンヴァラー 牡7 下原理 56 1 不良 4-3-3-3 9
170314 ブラゾンドゥリス 牡5 内田博幸 56 12 3-3-3-3 2
160315 ダノンレジェンド 牡6 M.デム 58 6 不良 2-2-1-1 1
150317 ダノンレジェンド 牡5 丸田恭介 57 4 3-3-2-1 2
140318 セイクリムズン 牡8 岩田康誠 58 5 3-2-1-1 2
130319 セイクリムズン 牡7 岩田康誠 58 3 不良 6-6-5-4 1
120320 セイクリムズン 牡6 岩田康誠 57 9 不良 1-1-1-1 3

高知競馬場で開催される、唯一の交流重賞レース(JpnⅢ)。

四国には競馬場は一つだけで、短距離馬にとっては貴重なレースになっている。

水はけが悪く、毎年のように重・不良になっているという特異な馬場。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 3- 3- 0- 4/ 1030.0%60.0%60.0%5064
2番人気 4- 3- 2- 1/ 1040.0%70.0%90.0%145117
3番人気 1- 3- 1- 5/ 1010.0%40.0%50.0%4771
4番人気 0- 1- 5- 4/ 100.0%10.0%60.0%094
5番人気 1- 0- 2- 7/ 1010.0%10.0%30.0%5787
6番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
7番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
8番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
9番人気 1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%10.0%2343102
10~人気 0- 0- 0- 28/ 280.0%0.0%0.0%00

1番人気は3勝2着3回。これは堅い決着が多い地方交流重賞ではかなり低い数値。

2番人気は4勝で、1番人気を上回る成績をあげている。

連対馬の20頭中17頭が3人気以内。3着まで広げても29頭が5番人気以内になっており、ここがラインになっている。

18年にはエイシンヴァーラーが9人気で勝利したが、当時は雨で不良馬場だった。特殊な状況による例外と考えていい。

配当別集計

単勝 枠連枠単馬複馬単三連複三連単
21 350円290円発売なし460円970円790円3,430円
20 570円1,130円発売なし1,090円2,000円2,040円8,990円
19 170円370円発売なし380円550円570円1,670円
18 23,430円29,480円発売なし29,650円105,040円14,200円290,640円
17 460円720円発売なし1,180円2,250円3,370円13,830円
16 180円190円発売なし190円330円220円700円
15 310円610円発売なし620円1,260円5,540円16,990円
14 330円150円発売なし140円460円360円1,500円
13 150円160円発売なし630円880円360円1,930円
12 470円発売なし発売なし580円1,230円2,030円7,390円
平均 2,642 円3,310 円発売なし3,492 円11,497 円2,948 円34,707 円

エイシンヴァーラーの勝った年が飛び抜けているが、それ以外は平穏におさまっている。

18年を除くと、馬複で1000円を超えたのは2回だけで、16年には1・2・3人気で決着して三連単は700円とガチガチになった。

調教師分類別集計

調教師分類 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
美浦 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%23090
栗東 8- 10- 7- 22/ 4717.0%38.3%53.2%5374
地方 1- 0- 3- 65/ 691.4%1.4%5.8%33923

中央馬が圧倒してはいるが、地方馬も4頭が馬券圏内になっており、まったくダメというわけではない。

地方馬で馬券になった4頭中3頭は交流重賞で3着内経験があり、例外のエイシンヴァーラーも中央ダートのOPレースで勝ち鞍があった。

年齢別集計(中央馬)

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
4歳 2- 1- 0- 1/ 450.0%75.0%75.0%230105
5歳 3- 4- 0- 2/ 933.3%77.8%77.8%104103
6歳 2- 1- 1- 6/ 1020.0%30.0%40.0%6557
7歳 1- 2- 2- 4/ 911.1%33.3%55.6%1684
8歳以上 1- 2- 4- 10/ 175.9%17.6%41.2%1960
牝馬 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0120

中央馬にかぎった年齢別成績。

短距離戦でスピードが求められるせいか、年齢が若いほど勝率が高い傾向にある。

騎手別集計

騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
岩田康誠 4- 2- 1- 2/944.4%66.7%77.8%14498
松山弘平 1- 0- 1- 1/333.3%33.3%66.7%5676
M.デム 1- 0- 0- 0/1100.0%100.0%100.0%180100
丸田恭介 1- 0- 0- 0/1100.0%100.0%100.0%310160
内田博幸 1- 0- 0- 1/250.0%50.0%50.0%23090
幸英明 1- 0- 0- 1/250.0%50.0%50.0%28585
下原理 1- 0- 0- 2/333.3%33.3%33.3%7810340
藤岡佑介 0- 2- 1- 0/30.0%66.7%100.0%0150
柴山雄一 0- 1- 2- 0/30.0%33.3%100.0%0176
福永祐一 0- 1- 1- 3/50.0%20.0%40.0%046

岩田騎手が4勝とダントツの成績。

高知が故郷(父・洋一騎手が高知出身)の福永騎手は意外と勝てていない。

1・2着馬の前走成績

1着2着
21根岸S(4人気)13着バレンタインS(4人気)1着
20バレンタインS(1人気)8着大和S(1人気)4着
19フェブラリーS(11人気)8着大和S(3人気)1着
18黒潮スプリンターC(2人気)6着フェブラリーS(12人気)6着
17バレンタインS(2人気)1着フェブラリーS(13人気)11着
16JBCスプリント(1人気)2着すばるS(2人気)1着
15カペラS(12人気)1着JBCスプリント(2人気)1着
14根岸S(9人気)12着フェブラリーS(13人気)9着
13フェブラリーS(16人気)4着根岸S(15人気)12着
12フェブラリーS(15人気)15着フェブラリーS(9人気)13着

前走で中央のダート・OPもしくは重賞に出走していた馬が多い。

セイクリムズン(12~14)、ダノンレジェンド(15・16)など、リピーターが多い。

脚質別集計(中央馬)

脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 2- 0- 0- 6/825.0%25.0%25.0%13040
先行 6- 3- 4- 12/2524.0%36.0%52.0%7272
差し 1- 6- 2- 4/137.7%53.8%69.2%1198
追込 0- 1- 1- 1/30.0%33.3%66.7%096

小回りコースながら逃げ馬は2勝のみでそれ以外は馬券になれていない。高知競馬場はラチ沿いの砂が深く、2~3頭分内を開けて走るためラチを頼って逃げられないのが原因かもしれない。

馬券の中心は先行馬で、差しタイプだと2・3着が多くなっている。

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%2343114
2番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%026
3番 2- 1- 1- 6/1020.0%30.0%40.0%3248
4番 2- 0- 0- 8/1020.0%20.0%20.0%8833
5番 1- 0- 4- 5/1010.0%10.0%50.0%3373
6番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%1843
7番 0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%022
8番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%026
9番 1- 1- 2- 6/1010.0%20.0%40.0%4782
10番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%015
11番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%3525
12番 1- 1- 0- 6/812.5%25.0%25.0%5735
大外 1- 1- 0- 7/911.1%22.2%22.2%5131

高知・1400メートルは直線奥のポケットからスタートして、最初のコーナーまで300メートルほどあるため、枠順の有利不利はほとんどない。データからも勝率・連対率が綺麗にバラけている。

まとめ

  • 1番人気の信頼度は、地方交流重賞にしては低め
  • 連対馬の20頭中17頭が3人気以内
  • 基本的には中央馬の争いだが、地方馬もたまに3着に入る
  • 4・5歳が強い
  • 前走は中央のダート、OPor重賞レース
  • リピーターが多い
  • 岩田騎手が活躍。福永騎手が意外と勝てていない
  • 先行有利。逃げ馬は勝つか馬券外
  • 馬番の有利不利はない

コメント

タイトルとURLをコピーしました