弥生賞 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210307タイトルホルダー牡3横山武史 56 4 01-01-014
200308サトノフラッグ牡3武豊 56 1 08-08-022
190303メイショウテンゲン牡3池添謙一 56 10 06-04-058
180304ダノンプレミアム牡3川田将雅 56 9 02-02-021
170305カデナ牡3福永祐一 56 11 08-07-051
160306マカヒキ牡3ルメール 56 11 09-09-082
150308サトノクラウン牡3福永祐一 56 4 06-05-042
140309トゥザワールド牡3川田将雅 56 10 07-06-041
130303カミノタサハラ牡3内田博幸 56 8 07-04-046
120304コスモオオゾラ牡3柴田大知 56 5 05-05-059
集計期間:2012. 3. 4 ~ 2021. 3. 7

主に皐月賞を目指す3歳牡馬のトライアルレース。

本番と同じ中山2000メートルのコースで行われ、多くの名馬がここを通過点にクラシックへと挑戦した。

1986年以降で、9頭の馬が弥生賞から皐月賞馬に輝いてる。なにげにその先にあるダービーとのつながりも深い。

近年は間隔をあけるローテが主流のため、年末のホープフルSや共同通信杯に押され気味。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 3- 2- 1- 4/ 1030.0%50.0%60.0%6771
2番人気 3- 2- 2- 3/ 1030.0%50.0%70.0%117100
3番人気 0- 1- 2- 7/ 100.0%10.0%30.0%049
4番人気 1- 2- 2- 5/ 1010.0%30.0%50.0%179111
5番人気 0- 0- 2- 8/ 100.0%0.0%20.0%057
6番人気 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%198103
7番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
8番人気 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%391127
9番人気 1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%10.0%29154
10~人気 0- 1- 1- 24/ 260.0%3.8%7.7%086

1・2番人気がともに3勝2着2回ずつと互角の数字。単勝回収値では2番人気が2倍ほど高くなっている。

G1馬を多数輩出するハイレベルのG2戦のわりに、勝ち馬の人気は意外と分散しており、中位以下の人気の馬でも好勝負が可能。

これは過去10年のうち4回がやや重・重と、馬場状況が悪かったのも影響しており、良馬場で行われた6回に限れば1番人気は【3-1-1-1】となっている。

三連単の平均配当は13万円ほどになっている。

上位人気(想定)・・・ドウデュース、マテンロウレオ、ジャスティンロック、ラーグルフ、インダストリア

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
若駒S 2- 1- 0- 0/ 366.7%100.0%100.0%140543
フューチG1 1- 2- 3- 2/ 812.5%37.5%75.0%22203
ホープフG1 1- 1- 4- 3/ 911.1%22.2%66.7%198101
東京スポG3 1- 1- 0- 0/ 250.0%100.0%100.0%315165
きさらぎG3 1- 0- 1- 3/ 520.0%20.0%40.0%782210
500万下* 1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%11.1%22047
共同通信G3 1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%582108
京都2歳G3 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%16580
1勝クラス* 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%14055
ラジオNIG3 0- 2- 0- 4/ 60.0%33.3%33.3%080
新馬 0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%075
ひいらぎ・1勝 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0140
こぶし賞500* 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0490
京成杯G3 0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%047
未勝利 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00

2歳G1の朝日杯とホープフルS組がそれぞれ1勝ずつで、思ったほど勝てていない。

むしろ若駒Sが2勝2着1回で連対率100%になっている。

以下、1800メートル以上のG3が並んでいる。

若駒S・・・リューベック

レース検索

前入線順位別集計

前入線順位 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1着 7- 6- 1- 41/ 5512.7%23.6%25.5%6955
前走2着 0- 0- 3- 6/ 90.0%0.0%33.3%043
前走3着 0- 1- 2- 8/ 110.0%9.1%27.3%050
前走4着 1- 2- 1- 6/ 1010.0%30.0%40.0%179215
前走5着 2- 0- 2- 1/ 540.0%40.0%80.0%1364338
前走6~9着 0- 1- 1- 16/ 180.0%5.6%11.1%064
前走10着~ 0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%00

前走1着の馬が7勝2着6回。

5着から巻き返した2頭は、馬場が重・やや重だった。残りの1頭は前走がホープフルS・G1のタイトルホルダー。

もし当日が良馬場であるなら前走1着の馬を軸に選びたい。

6着以下だった馬は割引。

前走1着・・・ドウデュース、リューベック、マテンロウレオ、ジャスティンロック、インダストリア、アスクビクターモア

6着以下・・・アケルナルスター、ジャスパージェット

レース検索

前走人気別集計

前走人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1人気 5- 3- 3- 15/ 2619.2%30.8%42.3%11066
前走2人気 0- 5- 1- 16/ 220.0%22.7%27.3%086
前走3人気 1- 1- 0- 7/ 911.1%22.2%22.2%36174
前走4人気 1- 0- 5- 10/ 166.3%6.3%37.5%3975
前走5人気 1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%10.0%39178
前走6~9人 2- 1- 1- 22/ 267.7%11.5%15.4%18068
前走10人~ 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00

前走で1番人気だった馬は5勝2着3回と好走率が高い。過去には20・サトノフラッグ、13・カミノタサハラが1勝クラス1番人気から勝利した。

前走1番人気・・・アスクビクターモア

レース検索

種牡馬別集計

種牡馬 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ディープインパクト 6- 1- 2-12/2128.6%33.3%42.9%330108
キングカメハメハ 1- 1- 2- 8/128.3%16.7%33.3%1339
ドゥラメンテ 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%89590
ロージズインメイ 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%2910540
Marju 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%630220
ハーツクライ 0- 4- 0- 4/ 80.0%50.0%50.0%0177
ネオユニヴァース 0- 2- 0- 2/ 40.0%50.0%50.0%0432
クロフネ 0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%052
Kingman 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0140
ルーラーシップ 0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%090

弥生賞ディープインパクト記念という名称だけあって、ディープインパクト産駒が6勝をあげている。

ハーツクライ産駒は2着止まりなので、ドウデュースにとっては嫌なデータ。

ディープインパクト産駒・・・アスクビクターモア

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%17967
平地・先行 5- 5- 5- 24/ 3912.8%25.6%38.5%8293
平地・中団 4- 2- 4- 22/ 3212.5%18.8%31.3%231108
平地・後方 0- 2- 1- 31/ 340.0%5.9%8.8%034
平地・マクリ 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

先行・差しがほぼ互角の数字。唯一の逃げ切りは21・タイトルホルダーで、同馬は菊花賞を勝利した。よほどの実力馬でなければ厳しいだろう。

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%2811
2番 0- 1- 2- 7/100.0%10.0%30.0%0121
3番 0- 0- 3- 7/100.0%0.0%30.0%045
4番 2- 1- 3- 4/1020.0%30.0%60.0%242249
5番 1- 2- 0- 7/1010.0%30.0%30.0%291146
6番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
7番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
8番 1- 2- 1- 6/1010.0%30.0%40.0%19890
9番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%1811
10番 2- 3- 1- 4/1020.0%50.0%60.0%407175
11番 2- 1- 0- 4/ 728.6%42.9%42.9%8470
12番 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
13番 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
14番 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
15番 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

中山・2000メートルは、直線入り口からスタートして内回りをぐるっと1周回ってくるコース。

1コーナーまで距離があるため枠順の有利不利はないはずだが、実際には12番より外から馬券になった馬はいない。この中には13・エピファネイアや12・アダムスピークといった1番人気に支持されていた馬もいた。

まとめ

朝日杯FSの勝ち馬・ドウデュースをどう扱うかが今年の問題。

3戦3勝とケチのつけようのない戦績だが、朝日杯FSから勝ったのがダノンプレミアムだけというのと、ハーツクライ産駒というのがどうしても引っかかる。

人気はないが若駒S1着のリューベックを推奨馬に抜擢したい。同レースから勝利した2頭はいずれもノーザンファーム生産馬だった。同馬に勝利する資格は十分ある。

穴はディープインパクト産駒のアスクビクターモアをあげる。同馬は出走馬中唯一の前走1番人気という加点ポイントがあり、2走前のアイビーSの内容からも逆転する可能性まである。

推奨リューベック
減点ありドウデュース
アスクビクターモア

コメント

タイトルとURLをコピーしました