阪急杯 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210228レシステンシア牝4北村友一 54 8   01-011
200301ベストアクターセ6浜中俊 56 14   10-106
190224スマートオーディン牡6藤岡佑介 56 17   18-1511
180225ダイアナヘイロー牝5武豊 54 13   01-017
170226トーキングドラム牡7幸英明 56 2   07-087
160228ミッキーアイル牡5松山弘平 57 13   01-011
150301ダイワマッジョーレ牡6M.デム 56 13   10-112
140302コパノリチャード牡4浜中俊 57 1   01-012
130224ロードカナロア牡5岩田康誠 58 3   05-051
120226マジンプロスパー牡5浜中俊 56 11   03-024
集計期間:2012. 2.26 ~ 2021. 2.28

阪神1400(芝)の短距離戦。3月の高松宮記念を目指す短距離馬が参戦してくる。

昨年はレシステンシアが1番人気に応えて重賞・4勝目をあげた。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 3- 1- 2- 4/ 1030.0%40.0%60.0%7885
2番人気 2- 2- 2- 4/ 1020.0%40.0%60.0%114120
3番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%026
4番人気 1- 4- 1- 4/ 1010.0%50.0%60.0%102202
5番人気 0- 0- 2- 8/ 100.0%0.0%20.0%064
6番人気 1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%10.0%22343
7番人気 2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%20.0%425146
8番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%037
9番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%089
10~人気 1- 1- 2- 71/ 751.3%2.7%5.3%4373

1番人気・2番人気ともに連対率は40%。単勝回収値では2番人気が上回っている。

毎年、多頭数で行われることもあり、人気馬の信頼度はソコソコといったところ。

19には11人気のスマートオーディンが勝利した。

三連単の平均配当は32万円で、17年には7番人気のトーキングドラムが1着、3着に12番人気のナガラオリオンが入って248万円と大きく荒れた。

上位人気(想定)・・・タイセイビジョン、ダイアトニック、グレイイングリーン、エイティーンガール

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
4歳 2- 2- 3- 21/ 287.1%14.3%25.0%2585
5歳 4- 3- 2- 34/ 439.3%16.3%20.9%7579
6歳 3- 3- 3- 38/ 476.4%12.8%19.1%13066
7歳 1- 1- 1- 27/ 303.3%6.7%10.0%8545
8歳 0- 1- 1- 12/ 140.0%7.1%14.3%0235

4~6歳がほぼ互角の数字。

7・8歳の高齢馬もまったくダメというわけではないが、近年は高速決着が進んで苦戦の傾向にある。

単勝回収値で見ると4歳は25円と低く、人気に応えられないケースが散見する。

牝馬は【2-2-2-18】。重賞を勝っている馬なら普通に通用する。

4歳・・・グレイイングリーン、モントライゼ、リンゴアメ、ヴィジュネル

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
阪神カッG2 2- 4- 3-21/306.7%20.0%30.0%3895
シルクロHG3 2- 2- 0-23/277.4%14.8%14.8%10058
香スプG1 2- 0- 0- 0/ 2100.0%100.0%100.0%270140
京都金杯HG3 1- 1- 1- 9/128.3%16.7%25.0%26995
マイルチG1 1- 0- 2- 5/ 812.5%12.5%37.5%3085
洛陽S 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%642245
雲雀SH・3勝 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%2230430
京都牝馬G3 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%086
ニューイ(L) 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0860
JBCスプG1 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0230
東京新聞G3 0- 0- 1-14/150.0%0.0%6.7%016
京阪杯G3 0- 0- 1- 4/ 50.0%0.0%20.0%0178
タンザナH 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%0125
大和SH 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%02930
淀短距離(L) 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00

阪神・1400メートルで行われる阪神カップ組が2勝、年明けのシルクロードS組も2勝をあげている。

前走3勝クラスやOPレースから勝利した例もあるにはあるが、主力は前走で関西圏の重賞レースを使われていた組になる。

該当馬・・・タイセイビジョン、ダイアトニック、クリノガウディ―、エイティーンガール、ヴィジュネル

レース検索

前走着差別集計

前走着差 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
勝0.3~0.5 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%5336
勝0.1~0.2 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
勝0.0 1- 1- 1- 10/ 137.7%15.4%23.1%171110
負0.0 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%330115
負0.1~0.2 0- 1- 1- 10/ 120.0%8.3%16.7%028
負0.3~0.5 3- 4- 4- 38/ 496.1%14.3%22.4%139146
負0.6~0.9 3- 3- 3- 32/ 417.3%14.6%22.0%2665
負1.0~1.9 1- 1- 1- 28/ 313.2%6.5%9.7%5452
負2.0~2.9 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00

前走で負けていたとしても1秒以内であることが条件。例外は18・ダイアナヘイローのみ。

1秒以上負け・・・クリノガウディ、モントライゼ、ミッキーブリランテ、ザイツィンガー

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 4- 0- 0- 6/ 1040.0%40.0%40.0%278102
平地・先行 1- 3- 4- 31/ 392.6%10.3%20.5%2686
平地・中団 3- 6- 3- 54/ 664.5%13.6%18.2%7569
平地・後方 2- 1- 3- 44/ 504.0%6.0%12.0%7792

逃げ馬が4勝をあげている。

先行タイプは1勝のみで、差し・追い込み馬も思いのほか馬券になっている。

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%4846
2番 1- 2- 0- 7/1010.0%30.0%30.0%257143
3番 1- 0- 3- 6/1010.0%10.0%40.0%1675
4番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%060
5番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%034
6番 0- 3- 3- 4/100.0%30.0%60.0%0334
7番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%039
8番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%2414
9番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
10番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
11番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%10251
12番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%0293
13番 3- 0- 1- 5/ 933.3%33.3%44.4%302135
14番 1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%11.1%24747
15番 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
16番 0- 0- 1- 8/ 90.0%0.0%11.1%016
17番 1- 1- 0- 3/ 520.0%40.0%40.0%646184
18番 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00

阪神・1400は、内枠・先行有利だが、このレースに限れば二桁馬番が6勝をあげており、外枠でも十分通用している。

あと、どういうわけか6番枠の複勝率が60%と高い。

6番・・・リンゴアメ

まとめ

今年はこれといった中心馬がおらず難解なメンバー構成になっているが、とりあえず5歳で阪神C4着のタイセイビジョンが一番減点が少ない。

次点には、11月の京阪杯を勝利したエイティーンガール。

穴は6番に入ったリンゴアメをあげる。

正直、データが分散していて絞り込むのがかなり難しい。

推奨タイセイビジョン
減点ありエイティーンガール
リンゴアメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました