プロキオンステークス 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付S馬名性齢騎手斤量馬番人気馬場状態通過順
2019.7.7 アルクトス牡4田辺裕信 56102   04-04
2018.7.8$マテラスカイ牡4武豊 56135   01-01
2017.7.9 キングズガード牡6藤岡佑介 56125   13-12
2016.7.10 ノボバカラ牡4M.デム 57141   02-02
2015.7.12$ベストウォーリア牡5福永祐一 5924   04-04
2014.7.13$ベストウォーリア牡4戸崎圭太 5661   10-09
2013.7.7 アドマイヤロイヤル牡6四位洋文 5652   07-07
2012.7.8 トシキャンディ牝6酒井学 54612   01-01
2011.7.10 シルクフォーチュン牡5藤岡康太 5669   16-14
2010.7.11 ケイアイガーベラ牝4岩田康誠 54164   01-01
集計期間:2010. 7.11 ~ 2019. 7. 7

2010年までは阪神で行われていたレースが、2011年は京都競馬場・2012年から中京競馬場で行われるようになった。

一貫してダート・1400・別定戦で行われており、過去にはブロードアピールやベストウォーリアなど、ダートの短距離路線で活躍した馬の名前が並ぶ。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 2- 2- 4- 2/ 1020.0%40.0%80.0%52110
2番人気 2- 3- 2- 3/ 1020.0%50.0%70.0%124121
3番人気 0- 3- 0- 7/ 100.0%30.0%30.0%051
4番人気 2- 1- 1- 6/ 1020.0%30.0%40.0%14481
5番人気 2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%30.0%14869
6番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%026
7番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
8番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%041
9番人気 1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%10.0%44866
10~人気 1- 0- 1- 63/ 651.5%1.5%3.1%18335

ダート重賞の別定戦で人気馬の信頼度が高いと思いきや、1番人気は2勝・2着2回と苦戦。ただし複勝率は80%と高い。

2番人気も同じような傾向の一方、3番人気は0勝2着が3回のみと低調。

連対馬の20頭中18頭までが5番人気の馬で占められている。

穴を開けたのは2011年に京都開催だったシルクフォーチュン(9人気)と、2012年のトシキャンディ(12人気)のみ。

荒れたとしても人気薄が1頭絡む程度で、上位人気馬が揃って馬群に沈んだ年はない。

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
4歳 5- 2- 1- 15/ 2321.7%30.4%34.8%11862
5歳 2- 5- 4- 34/ 454.4%15.6%24.4%11463
6歳 3- 1- 1- 25/ 3010.0%13.3%16.7%44075
7歳 0- 1- 3- 28/ 320.0%3.1%12.5%030
8歳 0- 1- 1- 13/ 150.0%6.7%13.3%027

勝ち馬の半数が4歳から出ている。連対率も30%と高いので、狙うとしたら4歳がいい

ダートだと高齢馬になっても活躍する例が多いが、7歳以上で1着になった馬はいない。

牝馬は全体で【2-1-1-7】。単勝回収値が1153円と高いのは、2012年にトシキャンディが1着で単勝万馬券となった影響が大きい。複勝率は36%と高いので普通に買える。

4歳・・・デュープロセス、トップウィナー、ハッピーアワー、ヒラソール、ブルベアイリーデ、ラプタス、レッドルゼル

7歳以上・・・エアスピネル、カフジテイク、サイタスリーレッド、サトノファンタシー、スマートアヴァロン、ダノンフェイス、ヒロブレイブ、ワンダーリーデル

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3勝 1- 1- 0- 14/ 166.3%12.5%12.5%4829
OPEN非L 6- 4- 10- 60/ 807.5%12.5%25.0%23175
OPEN(L) 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
G3 0- 0- 0- 12/ 120.0%0.0%0.0%00
G2 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
G1 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%028
 地方 3- 3- 0- 26/ 329.4%18.8%18.8%5535
 海外 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%070

面白いのは、前走が中央重賞組は勝ち馬がゼロという点。2着も1頭だけしかない。

前走3勝クラスの馬も馬券になっているが、基本は前走が中央のOPレースと、地方交流重賞を使ってきた馬たちだ。

前走が中央OPレースの場合は、そこで1・2番人気に推されていた馬が複勝率で50%を超えている。

地方重賞の場合は前走2番人気以内・4着以内が条件となっている。

前走・中央OP特別・・・サクセスエナジー、ミッキーワイルド、レッドルゼル

地方重賞・・・ラプタス

レース検索

前走騎手別集計

前走騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
◆同騎手 6- 8- 4-41/5910.2%23.7%30.5%6055
◆乗替り 4- 2- 6-84/964.2%6.3%12.5%18248

一見すると乗り代わりの単勝回収値が良いように見えるが、これは単勝万馬券のトシキャンディがあるため。勝率・連対率ともに継続騎乗が良い。さらに乗り代わりの中には、前走がすでに帰国した外国人騎手だったり地方騎手で継続したくても乗れないというパターンが含まれている。

前走が中央の騎手に限定すると【2-1-6-88】となる。まったくダメというわけではないが、乗り代わりはマイナスと見ていいだろう。

乗り代わり・・・サクセスエナジー、ミッキーワイルド、レッドルゼル、他

まとめ

ラプタスは、4歳・継続騎乗・前走が交流重賞で1着とほとんどの項目をクリアしている。不安点は逃げという脚質ぐらい。

その他では、サクセスエナジーとレッドルゼルは、以前に乗っていた騎手に戻るだけなので次点と考えて良さそう。

穴では、今年は阪神競馬場で開催されることを考慮してスマートダンディーが良さそう。同馬は阪神ダート1400を4勝しているだけでなく、6歳・前走OP・前走3人気・着差0.5秒以内・継続騎乗と多くの条件をクリアしていて、当日も5番人気以内になりそう。

推奨ラプタス
減点ありサクセスエナジー・レッドルゼル・ミッキーワイルド
スマートダンディー

コメント

タイトルとURLをコピーしました