エルムステークス 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
190811 モズアトラクション牡5藤岡康太 564 10-08-052
180812 ハイランドピーク牡4横山和生 568 03-02-022
170813 ロンドンタウン牡4岩田康誠 572 04-03-034
160814 リッカルドセ5黛弘人 564 06-06-027
150816 ジェベルムーサ牡5岩田康誠 564 11-02-012
140727 ローマンレジェンド牡6岩田康誠 588 04-02-023
130824 フリートストリート牡4内田博幸 5612 02-02-023
120825 ローマンレジェンド牡4岩田康誠 565 06-04-021
110919 ランフォルセ牡5横山典弘 565 12-08-041
100920 クリールパッション牡5津村明秀 561 07-06-042
集計期間:2010. 9.20 ~ 2019. 8.11

例年、札幌競馬場のダート1700メートルのコースで行われるが、2013年は函館競馬場で施行された。

2003年の勝ち馬のアドマイヤドンは、その後、南部杯・JBCクラシック・フェブラリーS・帝王賞など、ダート主要G1を制覇した。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 2- 1- 4- 3/ 1020.0%30.0%70.0%3183
2番人気 4- 1- 0- 5/ 1040.0%50.0%50.0%18079
3番人気 2- 1- 1- 6/ 1020.0%30.0%40.0%13271
4番人気 1- 2- 1- 6/ 1010.0%30.0%40.0%122103
5番人気 0- 3- 0- 7/ 100.0%30.0%30.0%088
6番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%038
7番人気 1- 0- 1- 8/ 1010.0%10.0%20.0%285131
8番人気 0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%0109
9番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
10~人気 0- 1- 1- 38/ 400.0%2.5%5.0%037

古馬のダート重賞らしく堅い決着が多い。

5番人気以下で勝ったのは1頭のみで、連対馬20頭中17頭が5番人気以内になっている。

10番人気以下で馬券になったのは2頭のみと穴党にはかなり厳しいデータになっている。素直に人気上位の馬の中から馬券を選ぶのが無難といえる。

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳 0- 0- 0- 0/ 0     
4歳 4- 1- 3- 11/ 1921.1%26.3%42.1%135114
5歳 5- 3- 4- 21/ 3315.2%24.2%36.4%13399
6歳 1- 3- 2- 32/ 382.6%10.5%15.8%1342
7歳 0- 3- 0- 22/ 250.0%12.0%12.0%024
8歳 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00

3歳以上のレースだが、例年3歳馬の出走はない。

勝ち馬の10頭のうち9頭が4・5歳馬になっていて、とくに4歳馬の複勝率は42%と高い。

6歳で勝ったローマンレジェンドは、4歳時にこのレースを勝っていた。他にも東京大賞典を勝利するなどダート重賞での実績が十分あった。

今年は4歳馬の出走がないので、5歳馬の中から軸を選ぶのが良さそう。

5歳馬・・・タイムフライヤー、ヒラボクラターシュ、ロードゴラッソ、アルクトス

レース検索

前走平地距離別集計

前走平地距離 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1200m 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
1400m 0- 2- 0- 8/ 100.0%20.0%20.0%043
1600m 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
1700m 7- 3- 4- 48/ 6211.3%16.1%22.6%9052
1800m 1- 0- 1- 13/ 156.7%6.7%13.3%1064
1900m 1- 2- 2- 3/ 812.5%37.5%62.5%152258
2000m 1- 3- 3- 15/ 224.5%18.2%31.8%2383
2100m 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
2200m 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
2500m 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
2600m 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

前走距離別成績だが、勝ち馬の7頭が前走でダート・1700メートルのレースを使われていた。この中には有力なステップレースであるマリーンSや福島の安達太良Sが含まれている。

距離延長組は総じて不振なので、疑ってかかったほうが良いだろう。

前走・1600以下・・・エアスピネル、ワンダーリーデル、アルクトス

レース一覧・前走平地距離:1700m

前走距離:1700m  前走人気別集計

前走人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1人気 3- 1- 4- 4/1225.0%33.3%66.7%285114
前走2人気 3- 0- 0- 9/1225.0%25.0%25.0%15143
前走3人気 1- 1- 0- 4/ 616.7%33.3%33.3%61133
前走4人気 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
前走5人気 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
前走6~9人 0- 1- 0-15/160.0%6.3%6.3%033
前走10人~ 0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%00

こちらは前走・ダート1700のレースでの人気別成績だが、前走で1~3人気までに推されていた馬の好走率が高い。

前走・1700メートル・1~3人気・・・タイムフライヤー、リアンヴェリテ

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 0- 2- 5- 3/ 100.0%20.0%70.0%0220
平地・先行 7- 8- 2- 13/ 3023.3%50.0%56.7%210165
平地・中団 1- 0- 2- 45/ 482.1%2.1%6.3%1214
平地・後方 0- 0- 1- 39/ 400.0%0.0%2.5%09
平地・マクリ 2- 0- 0- 0/ 2100.0%100.0%100.0%285145

昨年はドリームキラリとリアンヴェリテが飛ばしたこともあり、めずらしく差し決着となったが、基本的には前に行ける馬が有利。

逃げた馬の複勝率は70%と高いものの、勝ち馬は出ていないのも特徴。

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%3714
2番 1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%12251
3番 0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%068
4番 3- 1- 1- 5/1030.0%40.0%50.0%387105
5番 2- 2- 0- 6/1020.0%40.0%40.0%3172
6番 0- 2- 1- 7/100.0%20.0%30.0%0112
7番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
8番 2- 0- 2- 6/1020.0%20.0%40.0%93162
9番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%016
10番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%039
11番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%026
12番 1- 1- 1- 6/ 911.1%22.2%33.3%88135
13番 0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%082
14番 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00

札幌・ダート1700メートルはスタートして240メートルほどで1コーナーがあり内枠が有利になっている。

9番より外で勝ったのは2013年のフリーとストリートのみだが、同馬はスタートを決めて2番手のポジションを取っていた。

先行脚質でなければ内目の馬番が欲しいところ。

まとめ

マリーンSの勝ち馬のタイムフライヤーは、13番枠と外枠に入ったのが気がかりだが、それ以外には目立った減点材料がない。4・5歳馬が活躍しているデータからも同馬を最有力となる。

6歳のリアンヴェリテは、前走が1700ダートで1番人気に推されていたという強調材料がある。逃げる可能性もあるので必ず押えておきたい1頭。

人気の一角になりそうなウェスタールンドだが8歳という年齢が気がかり。それよりは当日に上位人気に推されそうかつ、前走が1700だったハイランドピークが浮上する。

推奨タイムフライヤー
減点ありハイランドピーク
リアンヴェリテ

コメント

タイトルとURLをコピーしました