アーリントンカップ 過去4年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210417ホウオウアマゾン牡3川田将雅 56 9   02-021
200418タイセイビジョン牡3石橋脩 56 6   11-091
190413イベリス牝3浜中俊 54 9   01-0112
180414タワーオブロンドン牡3ルメール 56 6   09-091
集計期間:2018. 4.14 ~ 2021. 4.17

ペガサスSを前身として、1992年から現在のレース名に改称。

2018年よりNHKマイルCのステップレースとして4月に移動した。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 3- 0- 0- 1/ 475.0%75.0%75.0%237117
2番人気 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
3番人気 0- 1- 0- 3/ 40.0%25.0%25.0%042
4番人気 0- 1- 1- 2/ 40.0%25.0%50.0%097
5番人気 0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%042
6番人気 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
7番人気 0- 1- 1- 2/ 40.0%25.0%50.0%0330
8番人気 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
9番人気 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
10~人気 1- 1- 1-22/254.0%8.0%12.0%14394

まだ4年分のデータしかないが1番人気が3勝。

19年には12番人気のイベリスが勝利した。

上位人気(想定)・・・ダノンスコーピオン、キングエルメス、ジュンブロッサム、トゥードジボン、ディオ

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
未勝利 0- 1- 1- 5/ 70.0%14.3%28.6%0131
1勝 0- 2- 2-24/280.0%7.1%14.3%058
OPEN非L 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
OPEN(L) 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
G3 0- 1- 1- 9/110.0%9.1%18.2%084
G2 1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%448117
G1 3- 0- 0- 0/ 3100.0%100.0%100.0%316156

勝ち馬の4頭はいずれも前走で重賞レースを使われていた。

前走重賞・・・キングエルメス、タイセイディバイン、ダノンスコーピオン、ディオ、デュガ

レース検索

前走平地距離別集計

前走平地距離 着別度数 勝率連対率複勝率
1200m 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%
1400m 1- 1- 2-13/175.9%11.8%23.5%
1600m 3- 2- 1-20/2611.5%19.2%23.1%
1800m 0- 0- 1-12/130.0%0.0%7.7%
2000m 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%

前走1400メートルから勝利したのは19@イベリスで、フィリーズR(G2)で4着だった。馬券の軸は前走1600メートルの馬から選びたい。

前走1600メートル・・・カワキタレブリー、アスクコンナモンダ、セルバーグ、トゥードジボン、ニシノスーベニア、ヒルノショパン、ムーンリットナイト

レース検索

前入線順位別集計

前入線順位 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1着 0- 3- 3-18/240.0%12.5%25.0%0106
前走2着 1- 0- 1- 3/ 520.0%20.0%40.0%6062
前走3着 1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%3818
前走4着 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%897235
前走5着 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
前走6~9着 1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%11.1%3720
前走10着~ 0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%095

今後必ず出てくるだろうが、前走1着の馬で勝利した馬はまだいない。この中にはシンザン記念1着だった2頭も含まれている。

前走6着以下から巻き返したのは21@ホウオウアマゾンで、朝日杯FS・9着だった。

前走1着・・・キングエルメス、カワキタレブリー、ジャスパークローネ、デュガ、トゥードジボン、ドンフランキー、ムーンリットナイト

レース検索

前走場所別集計

前走場所 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
東京 0- 0- 2- 3/ 50.0%0.0%40.0%0256
中山 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%084
中京 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
京都 0- 1- 1- 3/ 50.0%20.0%40.0%068
阪神 4- 2- 1-22/2913.8%20.7%24.1%15686
小倉 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00

過去4年の勝ち馬は前走で阪神のレースを走っていた。キャリアの浅い3歳戦だけにコース経験という意味でも重視したい。

前走阪神・・・ジュンブロッサム、ウナギノボリ、ストロングウィル、トォードジボン、ドンフランキー、ムーンリットナイト、ヒルノショパン、メイケイバートン

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%897235
平地・先行 1- 1- 2-14/185.6%11.1%22.2%1860
平地・中団 0- 2- 1-18/210.0%9.5%14.3%076
平地・後方 2- 1- 1-14/1811.1%16.7%22.2%3370

追い込みが2勝をあげているが、今週も桜花賞のように前残りの馬場の可能性がある。先行タイプの馬から選ぶのが無難だろう。

先行タイプ・・・多数

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%017
2番 0- 1- 2- 7/100.0%10.0%30.0%050
3番 0- 1- 2- 7/100.0%10.0%30.0%074
4番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%027
5番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
6番 4- 1- 0- 5/1040.0%50.0%50.0%15190
7番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
8番 2- 0- 0- 7/ 922.2%22.2%22.2%40788
9番 2- 0- 1- 7/1020.0%20.0%30.0%393129
10番 1- 3- 0- 6/1010.0%40.0%40.0%14176
11番 0- 0- 3- 5/ 80.0%0.0%37.5%0158
12番 0- 2- 1- 5/ 80.0%25.0%37.5%0165
13番 1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%8234
14番 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
15番 0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%0156
16番 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
17番 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
18番 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00

2月に行われいたデータも含めた過去10年の成績。先週の桜花賞同様、内枠有利になる可能性がある。一桁馬番の馬に注目したい。

1~9・・・キングエルメス、トゥードジボン、ジャスパークローネ、アスクコンナモンダ、ニシノスーベニア、メイケイバートン、デュガ、ウナギノボリ、ディオ

まとめ

まだデータが4年分であてにならないが、前走・阪神競馬場のデータを重視したい。該当馬8頭のうち1600メートルだったのは、トゥードジボン、ヒルノショパン、ムーンリットナイトの3頭。

前走1着から勝った馬はいないが、キャリア5戦のトゥードジボンを推奨馬にしたい。同馬は朝日杯で先行して9着であり、新馬戦の1着馬はセリフォス、2着馬はベルクレスタだった。重賞でも格負けする心配はない。

ダノンスコーピオンは共同通信杯の内容が気がかり。朝日杯で3着馬で楽勝しても不思議はないが、信頼度はそこまで高くないかもしれない。

それよりは前走が阪神で共同通信杯で4着だったジュンブロッサムが良さそう。前走の勝ち馬ピースオブエイトは毎日杯を勝利した。

あとは多頭数のレースになりそうなので馬番が重要。当日の馬場がどうなるかわからないが、先週の桜花賞同様であれば内枠の先行馬を優先したい。

推奨馬トゥードジボン
減点ありジュンブロッサム
ダノンスコーピオン

コメント

タイトルとURLをコピーしました