富士ステークス 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
191019 ノームコア牝4ルメール 5616   13-122
181020 ロジクライ牡5ルメール 568   02-022
171021 エアスピネル牡4武豊 576   03-011
161022 ヤングマンパワー牡4戸崎圭太 573   03-033
151024 ダノンプラチナ牡3蛯名正義 543   14-134
141025 ステファノス牡3戸崎圭太 5416   10-102
131019 ダノンシャーク牡5内田博幸 579   04-041
121020 クラレント牡3岩田康誠 5418   07-075
111022$エイシンアポロン牡4田辺裕信 5613   11-111
101023 ダノンヨーヨー牡4北村友一 569   13-122
集計期間:2010.10.23 ~ 2019.10.19

安田記念と同じ東京競馬場・芝コースの1600メートルで行われる重賞レースで、ここをステップに多くの馬がマイルチャンピオンシップに向かう。

過去には4頭の馬がここから秋のマイル王に輝いた。11年のエイシンアポロンは、富士S→マイルCSと唯一の連勝馬となっている。

今年からG2に昇格した。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 3- 1- 0- 6/ 1030.0%40.0%40.0%10463
2番人気 4- 0- 1- 5/ 1040.0%40.0%50.0%205100
3番人気 1- 3- 1- 5/ 1010.0%40.0%50.0%56131
4番人気 1- 2- 1- 6/ 1010.0%30.0%40.0%9998
5番人気 1- 0- 3- 6/ 1010.0%10.0%40.0%110127
6番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%034
7番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
8番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
9番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%075
10~人気 0- 2- 4- 65/ 710.0%2.8%8.5%0103

ここが秋の始動戦となる馬も多く、1番人気の勝率は30%と低い。エアスピネルやダノンシャークのように前年の勝ち馬が翌年に人気を裏切るケースもあるので、東京のマイル重賞で実績があるからといって飛びつかないほうが身のため。昨年のアドマイヤマーズもNHKマイルCの1着馬で人気を裏切った。

2番人気は4勝と1番人気を上回る成績をあげている。

勝ち馬の10頭が5番人気以内から出ており、1着馬あまり変な馬はこない

2・3着馬になると10番人気以下の馬が6頭馬券になっていて、穴を狙うなら3連単がいい。10年には2着に14番人気のライブコンサート、3着に13番人気のガルボが入って、3連単で171万超の大波乱が起きた。3連単の平均配当は28万円と大荒れになっている

5番人気以内(netkeiba)・・・スマイルカナ、サトノアーサー、ラウダシオン、タイセイビジョン、ペルシアンナイト

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳 3- 1- 3- 28/ 358.6%11.4%20.0%77127
4歳 5- 4- 2- 15/ 2619.2%34.6%42.3%90116
5歳 2- 3- 5- 33/ 434.7%11.6%23.3%1694
6歳 0- 2- 0- 35/ 370.0%5.4%5.4%057
7歳 0- 0- 0- 15/ 150.0%0.0%0.0%00
8歳 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00

勝ち馬の半数が4歳馬で占められており、勝率・連対率共に高い。馬券の軸は4歳馬から選ぶと良い。次いで3歳馬・5歳馬と続く。6歳以上で馬券になったのはわずかに2頭だけで、高齢馬は苦戦の傾向が出ている。

牝馬は全体で【1-2-2-4】。勝ったのは昨年のノームコアのみだが、複勝率は55%と高いため要注意。

4歳・・・ヴァンドギャルド

6歳以上・・・サトノアーサー、ペルシアンナイト、レインボーフラッグ、ブラックバゴ

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
オータムHG3 2- 3- 1-26/326.3%15.6%18.8%2155
ポートア 2- 0- 0-20/229.1%9.1%9.1%7328
ヴィクトG1 1- 0- 2- 0/ 333.3%33.3%100.0%160213
毎日王冠G2 1- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%16.7%6830
関屋記念G3 1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%11.1%6221
札幌記念G2 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%13056
セントラG2 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%305125
皐月賞G1 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%990290
安田記念G1 0- 3- 0- 8/110.0%27.3%27.3%0214
ラジオNIHG3 0- 1- 1- 0/ 20.0%50.0%100.0%0960
エプソムG3 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%021

京成杯AH組が5頭の連対馬を出してトップ。今年は変則開催もありポートアイランドSからの臨戦はいない。ヴィクトリアマイル組がいれば狙い目だが、そちらも今年はいない。その他6月以降のG3・G2レースが並ぶがこれといって目立つレースはない。

安田記念組は11頭走って勝ち馬が0だが2着が3頭となんとも微妙な数字だが、複勝回収値は210円と悪くないので穴候補には入れるべきだろう。

京成杯AH・・・スマイルカナ

レース検索

騎手別集計

騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ルメール 2- 3- 0- 0/ 540.0%100.0%100.0%186186
戸崎圭太 2- 1- 0- 4/ 728.6%42.9%42.9%167170
内田博幸 1- 0- 1- 5/ 714.3%14.3%28.6%34132
蛯名正義 1- 0- 1- 6/ 812.5%12.5%25.0%12358
北村友一 1- 0- 1- 0/ 250.0%50.0%100.0%255200
田辺裕信 1- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%16.7%6830
武豊 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%9742
岩田康誠 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%366140
福永祐一 0- 1- 1- 6/ 80.0%12.5%25.0%072
柴田大知 0- 1- 0- 6/ 70.0%14.3%14.3%0108

ルメール騎手が騎乗機会5回で連対率100%と圧倒的な成績をあげている。ルメール騎手は、毎年秋の東京開催で成績を伸ばす傾向があるので、今年は3歳馬のワーケアに騎乗予定になっている。

レース検索

種牡馬別集計

種牡馬 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ディープインパクト 3- 4- 3- 8/1816.7%38.9%55.6%102151
ダンスインザダーク 2- 0- 0- 5/ 728.6%28.6%28.6%23090
キングカメハメハ 1- 1- 1- 9/128.3%16.7%25.0%32105
ハービンジャー 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%12050
ハーツクライ 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%15053
スニッツェル 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%18663
Giant’s Causeway 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%20590
フジキセキ 0- 2- 1- 2/ 50.0%40.0%60.0%0298
キングヘイロー 0- 1- 1- 1/ 30.0%33.3%66.7%0673
Singspiel 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%0960

毎年のようにディープインパクト産駒が好走している。単勝・複勝ともに回収値は100円を超えている。牝馬は3頭出走して【0-1-2-0】と、勝ち切れていないが複勝率は100%になっている。

ディープインパクト産駒・・・スマイルカナ、サトノアーサー、ヴァンドギャルド、ケイアイノーテック

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
平地・先行 4- 3- 5- 27/ 3910.3%17.9%30.8%42187
平地・中団 5- 4- 3- 55/ 677.5%13.4%17.9%4663
平地・後方 1- 3- 2- 39/ 452.2%8.9%13.3%2245

まず目に付くのが逃げ馬の成績で、逃げて馬券になった馬はいない。この中には安田記念3着で1番人気に推されたコスモセンサーもいた。瞬発力自慢のマイル強豪馬が多数出走してくるだけに逃げ馬は目標にされる不利が大きい。

先行馬が勝率・連対率ともやや高い。

先行・・・シーズンズギフト、ラウダシオン

逃げ・・・スマイルカナ

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
2番 0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%043
3番 2- 1- 0- 7/1020.0%30.0%30.0%155240
4番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%0150
5番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%031
6番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%3917
7番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%076
8番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%4550
9番 2- 1- 0- 7/1020.0%30.0%30.0%7567
10番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%033
11番 0- 2- 2- 6/100.0%20.0%40.0%0173
12番 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%083
13番 1- 0- 1- 7/ 911.1%11.1%22.2%45106
14番 0- 0- 3- 6/ 90.0%0.0%33.3%0228
15番 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%022
16番 2- 0- 0- 5/ 728.6%28.6%28.6%15564
17番 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
18番 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%366140

安田記念など数多くのG1レースが行われる東京・芝1600メートルはワンターンのコースで、スタートして最初のコーナーまで500メートルの直線距離がある。そのため枠順の有利不利はほとんどないのだが、近年では馬場の良い外目を走れる外枠の馬がやや優位になってきている。もし外枠を理由に人気を落としているようであれば狙い目となる。

まとめ

上位5番人気以内が想定されている5頭のうち、サトノアーサーとペルシアンナイトは年齢で減点。とくにペルシアンナイトは3歳・4歳と同レースで5着だったので狙いづらい。スマイルカナは逃げ脚質が大幅な減点。ラウダシオンとタイセイビジョンは先行脚質は良いのだが、昨年人気を裏切ったアドマイヤマーズと同じNHKマイルC以来というのが気にかかる。

ということで、唯一の4歳馬でディープインパクト産駒・安田記念以来、スタート次第によっては先行も可能のヴァンドギャルドを選びたい。福永騎手に乗り代わり予定で、当日に5番人気以内に入るのに期待。

次点で年齢のみが減点材料のサトノアーサーを、穴候補はルメール騎手の連対率が100%という成績からワーケアを取り上げる。プラス牝馬の成績が良いデータがあるので先行タイプのシーズンズギフトが良い。

推奨ヴァンドギャルド
減点ありサトノアーサー
ワーケア・シーズンズギフト

コメント

タイトルとURLをコピーしました