ステイヤーズステークス 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
201205オセアグレイト牡4横山典弘 56 11 03-03-037
191130モンドインテロ牡7ビュイッ 56 12 05-04-036
181201リッジマン牡5蛯名正義 56 11 05-04-041
171202アルバート牡6ムーア 57 9 07-06-051
161203アルバート牡5ムーア 57 3 08-08-031
151205アルバート牡4ムーア 56 2 10-09-071
141206デスペラード牡6横山典弘 57 8 03-04-033
131130デスペラード牡5横山典弘 56 4 05-05-051
121201トウカイトリック牡10北村宏司 56 15 07-07-058
111203マイネルキッツ牡8三浦皇成 58 9 10-02-014
集計期間:2011.12. 3 ~ 2020.12. 5

中央競馬における最長距離重賞。中山競馬場の内回りコースを2周する。まさにマラソンレースで、瞬発力がもてはやされる近年になってもスタミナの有無が勝敗をわける。

15~17年にアルバートが三連覇を達成した。これは平地重賞(サラ系)ではかなり珍しい記録で、データが残っているのだと金鯱賞@タップダンスシチー(03~05)、函館記念@エリモハリアー(05~07)、オールカマー@マツリダゴッホ(07~09)、阪神大賞典@ゴールドシップ(13~15)の5頭のみになっている。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 5- 1- 2- 2/ 1050.0%60.0%80.0%127117
2番人気 0- 2- 2- 6/ 100.0%20.0%40.0%061
3番人気 1- 1- 1- 7/ 1010.0%20.0%30.0%5251
4番人気 1- 3- 2- 4/ 1010.0%40.0%60.0%82145
5番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
6番人気 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%12568
7番人気 1- 1- 1- 7/ 1010.0%20.0%30.0%138115
8番人気 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%280105
9番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
10~人気 0- 0- 2- 47/ 490.0%0.0%4.1%043

1番人気は5勝2着1回で、単勝・複勝回収値とも100円を超えていて信頼度は高い! といいたいところだが、このうち3つはアルバートによるもので、それ以外だと微妙ともいえる。2~5人気で2勝のみと、人気ほど勝てていない。連対馬の20頭が8番人気以内となっており、ここがラインとなる。

三連単の平均配当は11万円で中波乱といったところ。11年には12人気のトウカイトリックが3着に入って、41万円の高配当が出た。

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%0136
4歳 2- 2- 3- 14/ 219.5%19.0%33.3%8093
5歳 3- 2- 3- 32/ 407.5%12.5%20.0%2058
6歳 2- 2- 2- 28/ 345.9%11.8%17.6%1932
7歳 1- 1- 0- 15/ 175.9%11.8%11.8%7322
8歳 1- 2- 0- 9/ 128.3%25.0%25.0%6856

勝ち馬は4~8歳とばらけている。年齢による差はほとんどないといえる。

牝馬は【0-0-1-5】で、出走自体少ない。

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
アルゼンHG2 6- 0- 5-36/4712.8%12.8%23.4%11168
丹頂SH 2- 0- 0- 7/ 922.2%22.2%22.2%18246
京都大賞G2 1- 3- 1- 8/137.7%30.8%38.5%6373
比叡S1600 1- 1- 1- 5/ 812.5%25.0%37.5%40101
アンドロH 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%086
古都S1600 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%070
ノベンH1600 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%0165
ダイヤモHG3 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%0260
アイルラ 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%0105
オクトH1600 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0270
札幌記念G2 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%090

アルゼンチン共和国杯を使われていた馬が6勝をあげている。丹頂S組も2勝でマークが必要。

前走3勝クラスで4人気以内に支持されていた馬は【1-4-2-3】と馬券に絡む率が高い。

アルゼンチン・・・アイアンバローズ、トーセンカンビーナ、アドマイヤアルバ、ゴースト、ボスジラ

丹頂S・・・カウディーリョ

前走3勝クラス・・・ディバインフォース

レース検索

前走斤量別集計

前走斤量 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
~49kg 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
49.5~51kg 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
51.5~53kg 1- 0- 0- 14/ 156.7%6.7%6.7%2610
53.5~55kg 1- 3- 2- 29/ 352.9%11.4%17.1%3957
55.5~57kg 5- 7- 6- 54/ 726.9%16.7%25.0%6667
57.5~59kg 3- 0- 2- 6/ 1127.3%27.3%45.5%133159

勝ち馬の10頭中8頭が前走で56キロ以上の斤量を背負っていた。スタミナを求められるマラソン競争でもあり斤量を背負い慣れている馬が有利。例外は20・オセアグレイトと18・リッジマンで、前者は同年のダイヤモンドH(G3)で3着の実績があり、後者はダイヤモンドH(G3)2着の実績があった。

前走56キロ以上・・・オセアグレイト、ボスジラ、ヴァルコス、シルヴァーソニック、ディバインフォース、バレリオ、マンオブスピリット

レース検索

騎手別集計

騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
横山典弘 3- 1- 0- 1/ 560.0%80.0%80.0%440218
ムーア 3- 0- 0- 1/ 475.0%75.0%75.0%14592
蛯名正義 1- 1- 0- 3/ 520.0%40.0%40.0%7868
三浦皇成 1- 0- 1- 4/ 616.7%16.7%33.3%13691
北村宏司 1- 0- 1- 3/ 520.0%20.0%40.0%560184
ビュイッ 1- 0- 1- 0/ 250.0%50.0%100.0%625215
田辺裕信 0- 2- 0- 5/ 70.0%28.6%28.6%057
津村明秀 0- 1- 1- 4/ 60.0%16.7%33.3%0288
吉田豊 0- 1- 1- 5/ 70.0%14.3%28.6%078
戸崎圭太 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%035

長距離戦ということもあり騎手の腕が重要になる。アルバートで三連覇したムーア騎手は別格として、横山典弘騎手をはじめ関東のベテラン騎手が並ぶ。若手ジョッキーは苦戦している。

横山典弘・・・オセアグレイト

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 0- 2- 1- 11/ 140.0%14.3%21.4%0138
平地・先行 6- 5- 2- 15/ 2821.4%39.3%46.4%160104
平地・中団 4- 3- 3- 43/ 537.5%13.2%18.9%6659
平地・後方 0- 0- 3- 39/ 420.0%0.0%7.1%011
平地・マクリ 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0230

先行馬が6勝で馬券の中心を占めている。逃げ馬は勝ててはいないが2着が2回と頑張っている。長距離戦でペースがかなり落ち着くため、前走では追い込みだった馬が先行のポジションを楽に取れるケースもあるため展開を読むのがかなり難しい。

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 0- 1- 8/ 90.0%0.0%11.1%026
2番 1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%3242
3番 1- 1- 2- 6/1010.0%20.0%40.0%1386
4番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%30136
5番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%039
6番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
7番 0- 2- 1- 7/100.0%20.0%30.0%066
8番 1- 0- 2- 7/1010.0%10.0%30.0%5253
9番 2- 0- 0- 8/1020.0%20.0%20.0%9541
10番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
11番 2- 2- 0- 5/ 922.2%44.4%44.4%196114
12番 1- 2- 0- 6/ 911.1%33.3%33.3%13868
13番 0- 2- 1- 6/ 90.0%22.2%33.3%0190
14番 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
15番 1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%560106
16番 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00

中山3600(芝)は正面スタンド前からスタートして、内回りコースを2周する。焦ってポジションを取りに行くとバテるため、どの騎手もはじめは馬の気に任せるケースが多い。しいていうなら8~12のやや外の馬番がいいが、目立った有利不利はない。

まとめ

昨年の勝ち馬オセアグレイトが出走。アルバート以外にもリピーターの多いレースだけに逆らう必要もないだろう。素直にオセアグレイトを推奨馬にしたい。次点には前走3勝クラスの3000メートルを走っていたディバインフォースを。

穴はアルゼンチン共和国杯組が活躍しているデータから、55キロを背負っていたトーセンカンビーナと56キロのボスジラが良さそう。

注意点としては、昨年・オルフェーヴル産駒がワンツーを決めていて今年も4頭登録しているが、昨年は雨が降ってやや重の馬場で勝ちタイムが3.52.0と例年より5秒近い遅い、かなり特殊な馬場状況だった。もし良馬場だとそれなりに早い上がりを求められることになり、去年とは別の競馬になる可能性がある。その時には人気のオセアグレイトはやや危険性が出てくる。

推奨オセアグレイト
減点ありディバインフォース
トーセンカンビーナ、ボスジラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました