アルゼンチン共和国杯 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
191103 ムイトオブリガード牡5横山典弘 56 7 03-03-032
181104 パフォーマプロミス牡6オドノヒ 56 6 06-06-053
171105 スワーヴリチャード牡3M.デム 56 4 06-07-071
161106 シュヴァルグラン牡4福永祐一 58 11 07-06-052
151108 ゴールドアクター牡4吉田隼人 56 15 03-03-031
141109 フェイムゲーム牡4北村宏司 57 3 11-08-072
131103 アスカクリチャン牡6戸崎圭太 56 12 09-07-087
121104 ルルーシュ牡4横山典弘 56 4 03-02-022
111106 トレイルブレイザー牡4安藤勝己 55 11 06-06-043
101107 トーセンジョーダン牡4三浦皇成 57 2 08-08-081
集計期間:2010.11. 7 ~ 2019.11. 3

6月の目黒記念と対になるレースで、G1レースの狭間にある。2500メートルという距離もありジャパンカップや有馬記念を目指す馬たちが数多く出走してくる。

過去には、アドマイヤジュピタ・スクリーンヒーロー・ゴールドアクター・シュヴァルグラン・スワーヴリチャードらが、このレースを勝利した後にG1を制覇した。

96年の勝ち馬のエルウェーウィンは、2歳時に朝日杯を勝利して以来ほぼ4年ぶりに勝利をあげるという、平場重賞勝利の最大スパンの記録を達成した。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 3- 2- 1- 4/ 1030.0%50.0%60.0%7291
2番人気 4- 1- 0- 5/ 1040.0%50.0%50.0%17484
3番人気 2- 1- 5- 2/ 1020.0%30.0%80.0%111167
4番人気 0- 4- 0- 6/ 100.0%40.0%40.0%094
5番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%026
6番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%037
7番人気 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%12768
8番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%043
9番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%066
10~人気 0- 0- 1- 70/ 710.0%0.0%1.4%010

ハンデ重賞で荒れそうなイメージだが勝ち馬の10頭中9頭は1~3人気の馬から出ている。三連単の平均配当も29,000円台と、春の目黒記念が14万円という数字から見ても、思ったよりも荒れないということがわかる。

目黒記念よりも荒れない理由は、目黒記念がG1では厳しい馬ばかり出走してくるのに対して、アルゼンチン共和国杯は年によってジャパンカップや有馬記念を狙うような馬が出走してくるためだと考えられる。

1番人気は3勝のみだが、2番人気が4勝をあげている。複勝率では3番人気が80%と高い。

連対馬20頭中20頭が7番人気以内で、ここが一応のラインになるだろう。

10番人気以下で馬券になったのは18年のマコトガラハッドのみでバッサリ消してかまわない。

1~3人気(netkeiba)・・・ユーキャンスマイル、オーソリティ、サンレイポケット

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳 1- 0- 3- 0/ 425.0%25.0%100.0%50325
4歳 6- 4- 3- 22/ 3517.1%28.6%37.1%6878
5歳 1- 4- 4- 40/ 492.0%10.2%18.4%950
6歳 2- 2- 0- 30/ 345.9%11.8%11.8%5129
7歳 0- 0- 0- 17/ 170.0%0.0%0.0%00
8歳 0- 0- 0- 13/ 130.0%0.0%0.0%00

4歳馬が6勝と他世代を圧倒している。連対率も28%と抜けているので、馬券の中心は4歳馬で間違いない。

3歳馬は4頭出走して4頭とも3着以内に入っているので、こちらも要注意。買ったのは17年のスワーヴリチャードでダービー2着の実績があり1番人気に支持されていた。

7歳以上は30頭出走して馬券になった馬はいないので厳しいと見ていいだろう。

4歳・・・アドマイヤジャスタ、オセアグレイト、サトノルークス、サンアップルトン、トーセンカンビーナ、ヒュミドール、メイショウテンゲン、ラストドラフト

3歳・・・オーソリティ

7歳以上・・・オーシャンビュー、ミュゼエイリアン

レース検索

斤量別集計

斤量 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
~49kg 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
49.5~51kg 0- 0- 2- 11/ 130.0%0.0%15.4%0109
51.5~53kg 0- 1- 1- 21/ 230.0%4.3%8.7%030
53.5~55kg 1- 4- 6- 48/ 591.7%8.5%18.6%1043
55.5~57kg 8- 3- 0- 36/ 4717.0%23.4%23.4%8143
57.5~59kg 1- 2- 1- 13/ 175.9%17.6%23.5%2245

まず目に付くのが55.5キロから~57キロの斤量を背負った馬の好走率が高いこと。勝ち馬の10頭中8頭がここから出ている。とくに1~4人気以内だと連対率が50%を超えている。

あとは通常のハンデ戦と変わらないが、49.5キロ~51キロの軽ハンデの馬が2頭3着に入ってるのを一応頭の隅に入れておきたい。

55.5~57キロ・・・アールスター、アドマイヤジャスタ、エアウィンザー、サトノルークス、ベストアプローチ、メイショウテンゲン、ラストドラフト

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
2勝 0- 0- 2- 1/ 30.0%0.0%66.7%0343
3勝 2- 3- 3- 19/ 277.4%18.5%29.6%3177
OPEN非L 2- 1- 2- 36/ 414.9%7.3%12.2%3835
OPEN(L) 0- 0- 0- 0/ 0     
G3 0- 0- 1- 12/ 130.0%0.0%7.7%019
G2 3- 5- 1- 56/ 654.6%12.3%13.8%2028
G1 3- 1- 1- 7/ 1225.0%33.3%41.7%8975

前走G1レースを走っていた馬の勝率が25%と高い。宝塚記念・ダービー・天皇賞春の3つで、前走が宝塚記念の場合は一桁着順であれば問題ない。危ないのは前走がG3組で、3着に入った馬が1頭しかない。

前走G1・・・ユーキャンスマイル、メイショウテンゲン

前走G3・・・アールスター、エアウィンザー、オセアグレイト、ゴールドギア、サトノルークス、ベストアプローチ

レース検索

生産者別集計

生産者 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ノーザンファーム 6- 6- 2-25/3915.4%30.8%35.9%6066
社台ファーム 1- 0- 2-15/185.6%5.6%16.7%2132
ノースヒルズマネジメント 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%15750
北勝ファーム 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%210120
つつみ牧場 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%1270350
社台コーポレーション白老ファーム 0- 1- 1- 5/ 70.0%14.3%28.6%082
千代田牧場 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%076
三嶋牧場 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%0140
福田牧場 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0190
ビッグレッドファーム 0- 0- 1- 4/ 50.0%0.0%20.0%074

ノーザンファーム生産馬の活躍が目立つ。16・17・18・19年と4連勝中で、15年は出走馬が1頭だけできっちり3着に入った。とくに上がりの早いレースに強い傾向があるので、今年も良馬場であればノーザンファーム生産馬を必ず押えておきたい。

ノーザンファーム生産馬・・・アイスバブル、アドマイヤジャスタ、オーソリティ、サトノルークス、タイセイトレイル、ユーキャンスマイル

レース検索

レース検索  脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
平地・先行 4- 3- 4- 25/ 3611.1%19.4%30.6%4786
平地・中団 6- 6- 4- 50/ 669.1%18.2%24.2%4756
平地・後方 0- 1- 2- 46/ 490.0%2.0%6.1%014

過去10年で逃げて馬券圏内に残った馬はいない。東京2500は2度の坂越があり、目黒記念同様不思議とペースが上がりやすく逃げ馬は不利になっている。馬券の中心は先行と中団から差すタイプで、良馬場であれば33秒台前半から32秒台の瞬発力が必要になる。

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%040
2番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%3142
3番 1- 0- 2- 7/1010.0%10.0%30.0%4973
4番 2- 0- 0- 8/1020.0%20.0%20.0%5830
5番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%094
6番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%4818
7番 1- 3- 2- 4/1010.0%40.0%60.0%48192
8番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
9番 0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%042
10番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
11番 2- 0- 1- 7/1020.0%20.0%30.0%10259
12番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%12754
13番 0- 0- 1- 8/ 90.0%0.0%11.1%018
14番 0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%035
15番 1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%2615
16番 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%041
17番 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
18番 0- 0- 1- 4/ 50.0%0.0%20.0%052

東京2500メートルは目黒記念と同じ、2400メートルのスタート地点を100メートル後ろにずらしただけのコース。ダービーなどと同じく最短距離を走れる内枠が有利なのは事実だが、最初のコーナーまで距離があり、先行脚質であればわりとすんなりポジションが取れる。

まとめ

本来であれば、4歳・56~57.5キロの中から選ぶべきだが、ノーザンファーム生産馬で対象となる馬(アドマイヤジャスタ・サトノルークス・アイスバブルら)は前走がG3だったり着順が二桁だったり、当日下位人気が濃厚などデータからは推しにくい。そこでノーザンファーム生産馬で当日上位人気が予想されるオーソリティが浮上する。4歳ではないが3歳は4頭出走して4頭ともが3着以内なので、これが推奨馬でいいだろう。

当日1番人気が予想されるユーキャンスマイルは5歳と58キロがやや気になるので次点候補に。

4歳では非ノーザンファーム生産馬・追い込み脚質という点が減点だが、前走が宝塚記念5着のメイショウテンゲンがデータの多くをクリアしている。

穴では同じく4歳かつ前走オールカマー組が【2-3-0-16】とそこそこ走っているデータからサンアップルトンを挙げる。当日ギリギリでラインの7番人気以内に入りそうなのもプラス。

推奨オーソリティ
減点ありユーキャンスマイル・メイショウテンゲン
サンアップルトン

コメント

タイトルとURLをコピーしました